本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの人物交流事業
米国ジャーナリズム専攻大学院生招へいプログラム
日米青年政治指導者交流
日系アメリカ人リーダー交流
日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワークプログラム
米国若手指導者ネットワークプログラム
米国有力シンクタンク支援
米国国際関係論専攻大学院生招へいプログラム 
米国アジア専門家招へい
その他の人物交流事業
日米知識人交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
CGPの人物交流事業
アンドリュー・オロス氏の写真
アンドリュー・オロス氏

English

【開催案内】
公開講演会 アンドリュー・オロス(Andrew L. Oros)教授
ワシントン・カレッジ 国際関係学部

「変わる東アジアの安全保障環境と日本の未来」

主催: 国際交流基金 日米センター(CGP

近年、東アジアの安全保障環境が激変し、米国・中国の動向や日本の対応が国際的にも注目されています。今後日本が進むべき針路はどのようなものでしょうか?この問いについて、安全保障分野の政策研究において米国で活躍するアンドリュー・オロス教授(ワシントン・カレッジ)と共に考えていきます。

オロス教授の近著「Japan’s Security Renaissance: New Policies and Politics for the Twenty-First Century」で展開される、日本を取り巻く安全保障環境の変動や安全保障をめぐる日本の政策が今後どのように形成されていくのかについて、神奈川大学佐橋亮准教授をモデレーターに迎え、講演およびディスカッションを行います。
安全保障政策、東アジア情勢、日米関係に関心のある方々のご来場をお待ちしています。

開催チラシ(Japan's Security Renaissance:New Directions in Regional and US-Japan Relations 変わる東アジアの安全保障環境と日本の未来)【PDF:604KB】

開催概要
日時 2017年6月28日(水曜日) 15時~16時30分(14時30分開場)
会場

国際交流基金 本部ビル 2階 ホール [さくら]
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1 アクセス
東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 1番出口から徒歩3分

実施言語

英語 (通訳なし)

プログラム
(予定)
15時

開会挨拶

15時5分

アンドリュー・オロス氏 講演 (ワシントン・カレッジ 国際関係学部教授)

15時40分

ディスカッション・質疑応答
モデレーター 佐橋亮氏(神奈川大学 法学部准教授)

定員

80名 (※入場無料)

お申込み方法

参加をご希望の方は、氏名、所属、電話番号を明記の上、以下にEメール、 もしくはファックスにてお申込み下さい。
申込先:Eメール:cgpc@jpf.go.jp / ファックス:03-5369-6042
申込締切:6月23日(金曜日)
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)
(※当日受付可能ですが、お席に限りがありますので、できるだけ事前申込をお願いします。)

登壇者略歴:

アンドリュー・オロス(ワシントン・カレッジ国際関係学部教授)

アンドリュー・オロス氏(ワシントン・カレッジ国際関係学部教授)の写真

南カリフォルニア大学卒業、ロンドン大学大学院修了、コロンビア大学大学院より博士号を取得(政治学)。南山大学、大阪外国語大学、東京大学等での留学経験を持つ。オロス氏は国際比較政治を専門としており、中でも日本政治、東アジアの安全保障問題に精通。現在、ワシントン・カレッジの教授として日米中安全保障協力の可能性についての研究を軸に、日本の安全保障政策について幅広く執筆。著書に、Normalizing Japan: Politics, Identity, and the Evolution of Security Practice (2008), Getting the Triangle Straight: Managing China-Japan-U.S. Relations (共著, 2010)など。

2009年安倍フェロー、モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団と国際交流基金日米センターによって運営される、日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワークの第2期メンバー。

佐橋 亮(神奈川大学法学部准教授)

佐橋 亮氏<br>(神奈川大学法学部准教授)の写真

国際基督教大学教養学部卒。東京大学大学院博士課程修了、博士(法学)。オーストラリア国立大学博士研究員、東京大学特任助教等を経て2010年から現職。スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員准教授、メキシコ自治工科大学吉田茂チェア、ジャーマン・マーシャル・ファンド研究員、参議院客員調査員などを歴任。専攻は国際政治学、とくに米中台関係、アジア太平洋の安全保障秩序と制度、現代日本外交。著書に『共存の模索 アメリカと「2つの中国」の冷戦史』(勁草書房)、編著書にLooking for Leadership: the Dilemma of Political Leadership in Japan (Japan Center for International Exchange)、訳書にアーロン・フリードバーグ『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』(日本評論社)、共著に『アジアの安全保障アーキテクチャ』(日本評論社)など。論文は日本語、英語、中国語にて多数。日本台湾学会賞、神奈川大学学術褒賞など受賞。

プレスリリース
6月28日 アンドリュー・オロス教授(ワシントン・カレッジ)公開講演会開催
「変わる東アジアの安全保障環境と日本の未来」
Japan’s Security Renaissance: New Directions in Regional and US-Japan Relations

【本事業に関するお問い合わせ】
国際交流基金日米センター (CGP) 
電話:03-5369-6072 Eメール : cgpinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)



Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344