本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
東日本大震災復興関連事業
米国ジャーナリズム専攻大学院生招へいプログラム
日米青年政治指導者交流
日系アメリカ人リーダー交流
日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワークプログラム
米国若手指導者ネットワークプログラム
米国有力シンクタンク支援
米国国際関係論専攻大学院生招へいプログラム 
米国アジア専門家招へい
その他の人物交流事業
日米知識人交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
CGPの人物交流事業

東日本大震災復興関連事業
JET青年記念プロジェクト
テイラー・アンダーソン記念プロジェクト

東日本大震災復興関連事業

JET青年記念プロジェクト

石巻の街をバックに笑顔を見せるアンダーソンさん 授業風景
石巻の街をバックに笑顔を見せるアンダーソンさん 授業風景

詳細
事業形態 助成
助成対象者
ランドルフ・メーコン・カレッジのロゴ画像
ランドルフ・メーコン・カレッジ
(米国バージニア州)
Randolph-Macon CollegeVirginia, USA
事業期間  2011年12月1日 〜 2016年8月31日

平成23年度 (1年目)
助成対象期間 2011年12月1日 〜 2012年8月31日
助成決定額 100,000米ドル
平成24年度 (2年目)
助成対象期間 2012年9月1日 〜 2013年8月31日
助成決定額 100,000米ドル
平成25年度 (3年目)
助成対象期間 2013年9月1日 〜 2014年8月31日
助成決定額 100,000米ドル

事業内容:
この記念プロジェクトは、外国人指導助手としてJETプログラムに参加し、宮城県石巻市で勤務していた際に東日本大震災で亡くなったテイラー・アンダーソン氏の遺志を継ぎ、同氏の出身大学であるRandolph-Macon Collegeにおいて学生の対日関心を高め、日本理解を深める機会を提供するものです。

1年目は、2012年3月の1周年追悼公開セミナー、教員雇用による日本関連講座の拡充、日本関係図書の記念文庫の設置、バージニア州の学校教員を対象としたワークショップ、学生向け日本語集中講座に参加するための奨学金の供与、教員の訪日研修、および日本社会・文化に関する講演会を実施しました。

2年目以降は、1年目に引き続き雇用された教員による日本関連講座や学生向け日本語集中講座の奨学金を継続したほか、同大学の日本理解を促進するための訪日研修を実施しています。

※4年目以降の事業内容は随時更新していきます。
平成26年度(4年目)2014年9月1日 〜 2015年8月31日 予定
平成27年度(5年目)2015年9月1日 〜 2016年8月31日 予定

※プレスリリースはこちら【PDF:182KB】

Adobe SystemsへPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左ボタンのAdobe SystemsWebサイトから無料でダウンロードすることができます。

TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344