本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
GEN-J
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

安倍ブラウン・バッグ・ランチのご案内 (2010年10月14日)
「進化する日本の安全保障政策」
ABE BROWN-BAG LUNCH
BOOK TALK: Japan’s Evolving Security Policy

ロゴ

ABE BROWN-BAG LUNCH
BOOK TALK: Japan’s Evolving Security Policy
「進化する日本の安全保障政策」

民主党政権が発足して一年が過ぎ、普天間基地、尖閣諸島等、日本の安全保障政策上の課題は日増しに内外の注目を集めています。オロス・辰巳共著の「グローバルセキュリティウォッチ:日本」(英文)は日本の安全保障政策を概観するもので、その出版を機会に著者お二人を今回の安倍ブラウンバッグランチにお招きします。過去5年の日本の軍事状況の大きな変化、また新防衛計画大綱によって何がさらにもたらされるのか。統合幕僚監部の創設等防衛省内の鍵となる改変や新しい軍事力の開発、日本の防衛が進化する原動力となる諸課題についてお話をうかがいます。

好評により申し込みを締め切りました

日時

2010年10月14日 木曜日 12時30分から14時

場所

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)2階 JFICスペース[けやき] Access

講師

アンドリュー・オロス Andrew L. Oros
ワシントン・カレッジ政治学 / 国際関係学准教授 (2009年安倍フェロー

辰巳 由紀 Yuki Tatsumi
スティムソン・センター東アジアプログラム上級研究員

【講師紹介】
オロス・辰巳両氏は日本の安全保障政策について幅広く執筆しており、2007年にも「日本の新防衛体制」(英文)を共著。オロス氏は現在慶應義塾大学の客員研究員として日米中安全保障協力の可能性についての研究をされています。辰巳氏は米下院国際関係委員会においてこの分野の専門家として証言の経験があり、CNN他大手メディアでもしばしば解説をされています。

問い合わせ先:
安倍フェローシップ・プログラム
米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
Tel: 03-5369-6085
Link


TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344