本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

安倍フェローシッププログラム
CGP-SSRCセミナーシリーズ「フェローズ・リトリート」開催報告(2006)


2006年1月13日から16日にかけて、フロリダ州アメリア・アイランドにて今年のフェローズ・リトリートが開催されました。

フロリダの暖かい日差しの元での集合写真の写真
フロリダの暖かい日差しの元での集合写真
「リトリート」という言葉は、あまり聞き慣れないかもしれませんが、これは、安倍フェローシップ・プログラムに付随して、フェローの研究活動の促進と、フェロー間および外部専門家とのネットワーク形成を目的に、毎回十数名のフェローが集まり、合宿形式で研究内容を検討し、情報・意見の交換を行なうものです。

今回は2001年度から2004年度にわたる15名のフェローが参加し、この時期でも比較的暖かいフロリダの天候のおかげでリラックスした雰囲気の中でリトリートが行なわれました。

フェローを5名ずつ3つのグループに分け、そこにモデレーターとしてシニアの研究者(現在あるいは以前 の安倍フェローシップのプログラム委員)1名が加わり、6名で一つのグループを作ります。このメンバーで2日間にわたり、合計8時間をかけて議論が行なわれました。
グループディスカッションの様子の写真1
グループディスカッションの様子
先ず1日目は、一人20分程度で、現在安倍フェローとして行なっている研究内容を発表します。続いて、他のメンバーやモデレーターが研究内容について批評やコメント、疑問点を指摘します。グループ分けは、敢えて様々な分野の研究者が含まれるように編成するため、同じグループの中に、教育、安全保障、福祉、海洋といった具合に、多様なバックグラウンドを持つ研究者が集まります。
そのため、同じ分野の専門家同士の議論とは異なり、仮説の立て方、研究手法、研究対象の適格性など、より一般的・客観的な観点から意見が出されます。

ただしその場で議論を深めることはせず(反論したくても我慢します)、議論は翌日に持ち越します。 そのため、会場は海辺に面したリゾートホテルなのですが、その雰囲気を楽しむ余裕もなく、夕食も早々に切り上げて、夜遅くまでかけて翌日のための準備をすることになります。
そして2日目には、前日出されたコメントに対して各自が用意した意見を述べ、そこから議論が進められていきます。単に説明をして済むものもあれば、論点をより明確にしたり、研究手法や調査対象に改良を加えるなど、改善策を提示することもあります。場合 によっては研究内容の大幅な修正を迫られることもあれば、時には思わぬ有益な情報が得られることもあります。

グループディスカッションの様子の写真2
グループディスカッションの様子
このように、研究活動の途中の段階で、第三者やシニアの研究者から客観的な指摘を受けることで、研究内容を再確認し、その後の方針を改善していくことができるため、フェローにとっては「試練の場」として大いに役立っています。またリトリート以外にはフェロー同士が集まる機会がないため、十数名のフェローが一同に会するというのは、フェロー間のネットワーク形成のための貴重な機会にもなっています。

その他にも、ペンペルカリフォルニア大学教授がモデレーター役になり、「Remapping East Asia: The construction of a Region」「When Natural Disasters have International Consequences: hurricane Katrina and the Kobe Earthquake」と題して、全員が参加して議論するセミナーや、共通の関心事項をもつフェローによって自発的に行なわれるミーティングなども行なわれました。
また今回は初の試みとして、在米の日本大使館から北野公使をゲストスピーカーに招き、「Perspective on Asian Regionalism」と題する講演も行なわれるなど、多彩な内容で今年のリトリートは開催されました。

2005年度リトリート参加者

グループ1(モデレーター:チャールズ・ハーシュマン ワシントン大学教授)

廣瀬 昌博(04年度フェロー)
キャスリン・イバタ・アレンズ(04年度フェロー)
古城 佳子(04年度フェロー)
アン・モンゴベン(03年度フェロー)
ジョン・ウォルシュ(01年度フェロー)

グループ2(モデレーター:マイク・モチヅキ ジョージ・ワシントン大学教授)

ジェニファー・チャン・ティバーゲン(04年度フェロー)
宮岡 勲(04年度フェロー)
中村 かれん(03年度フェロー)
中野 聡(03年度フェロー)
清水 さゆり(02年度フェロー)

グループ3(モデレーター:エドワード・リンカーン 外交問題評議会上級研究員)

ダグラス・ジョインズ(04年度フェロー)
チアキ・モリグチ(04年度フェロー)
ミレヤ・ソリス(04年度フェロー)
高原 明生(04年度フェロー)
竹中 歩(03年度フェロー)


TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344