本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

安倍フェローシッププログラム
CGP-SSRCセミナーシリーズ「フェローズ・リトリート」開催報告(2007)


【フロリダ州ココア・ビーチ】

今年のフェローズ・リトリートは、2007年1月12日から15日にかけて、フロリダ州のココア・ビーチで開催されました。ココア・ビーチはフロリダ州の中東部に位置し、温暖なフロリダの中でもビーチ・リゾート地として有名で、この時期でも海水浴が楽しめるほどの暖かさでした。リトリート期間中も好天に恵まれたので、氷点下のニューヨークなどからの参加者にとっては、快適な数日を過ごすことができました。アメリカの広さを実感することができました。

【参加者】

リトリート参加者集合写真

今回は2002年度から2005年度にわたるフェロー15名が参加しました。その他、在米大使館北野充公使、国際連合人道問題調整部田瀬和夫氏らをゲストに迎え、安倍フェローのプログラム・コミッティ、スタッフも合わせると総勢30名の大規模なイベントとなりました。

【リトリートとは?】

「リトリート」とは、フェローの研究活動の促進と、フェロー間及び外部専門家とのネットワーク形成を目的に、十数名のフェローと外部関係者が、合宿形式で研究内容の検討や情報・意見の交換を行なうものです。

フェローを5名づつ3つのグループに分け、そこにモデレーターとしてプログラム・コミッティ1名が加わり、このメンバーで2日間にわたって議論を行ないました。

1日目は、1人20分程度で、現在行なっている研究内容を発表します。続いて、他のメンバーやモデレーターがその内容について批評やコメント、疑問点を指摘します。グループ分けは、敢えて様々な分野の研究者が含まれるように編成するため、同じグループの中に、法律、環境、福祉、安全保障といった具合に、多様なバックグラウンドを持つ研究者が集まります。そのため、同じ分野の専門家同士の議論とは異なり、より一般的・客観的な論理構成が求められます。

ただしその場で議論を深めることはせず(反論したくても我慢します)、それぞれ夕方から夜(場合によっては朝まで)かけて補足説明や反論の準備をします。

そして2日目に、前日出されたコメントに対して各自が用意した意見を述べ、そこから議論が進められていきます。単に説明をして済むものもあれば、論点をより明確にし、研究手法や調査対象に改良を加えるなど、改善策を提示することもあります。場合によっては研究内容の大幅な修正を迫られることもあれば、関係者や先行研究など有益な情報が得られることもあります。

【貴重な機会としてのリトリート】

フェローズ・リトリートの写真

このように、研究活動の途中の段階で、第三者やシニアの研究者から客観的な指摘を受けることで、研究内容を再確認し、その後の方針を改善していくことができるため、フェローにとっては「試練の場」として大いに役立っています。またリトリート以外にはフェロー同士が集まる機会がないため、十数名のフェローが一同に会するというのは、フェロー間のネットワーク形成のための貴重な機会にもなっています。

他にも今回のリトリートでは、ゲストとしてご参加いただいた国連の田瀬氏に、「人間の安全保障」について講演いただき、参加者と議論を交わし、今、日本でも話題になっている「不都合な真実(An Inconvenient Truth)」の上映会を行ない、環境問題について、経済、外交、市民活動など様々な観点から意見交換が行なわれました。

【終わりに】

リゾート地であるココア・ビーチには、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやユニバーサル・オーランド・リゾートなど数々のテーマパークと共に、NASAのケネディ宇宙センターがあります。ここは、1969年に人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号の打ち上げを行なった所で、フェローの中には、当時子供ながら興奮してテレビ中継を見た思い出を持つ人もいて、「アメリカが最も輝いていた時代」と懐かしむ声もありました。そこは、人類の夢を乗せた宇宙への入り口であると共に、裏を返せばアメリカとソ連が激しく軍事力を競っていた冷戦を象徴する場所でもあったのです。ソ連の脅威は消え、冷戦は過去のものとなりましたが、今日でもイラクや北朝鮮など新たな課題を抱えていて、未だに平和な国際社会は訪れていません。真夏の日差しの下、そんなことに思いを馳せるリトリートとなりました。(ina)


2006年度リトリート参加者

◆グループ1(モデレーター:アラン・ミラー)

後藤 美香(05年度フェロー)
アリソン・ブリスク(05年度フェロー)
ヒロシ・フクライ(05年度フェロー)
アヤ・エザワ(04年度フェロー)
ジェームズ・マンディバーグ(03年度フェロー)

◆グループ2(モデレーター:添谷芳秀)

クリスタ・アルテンステッター(05年度フェロー)
ジェフリー・ブロードベント(05年度フェロー)
平尾 桂子(05年度フェロー)
ブルース・カミングス(03年度フェロー)
有賀 健(02年度フェロー)

◆グループ3(モデレーター:ナヤン・チャンダ)

大庭 三枝(05年度フェロー)
タカシ・ヨシダ(05年度フェロー)
カッチャ・バーンズ(03年度フェロー)
長谷川 公一(03年度フェロー)
マージョリー・フィールズ(02年度フェロー)


2007年2月


TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344