本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

JOI(Japan Outreach Initiative)プログラム
第3期(2004年度)コーディネーター活動報告

JOIのロゴ

Japan Outreach Initiative

JOIプログラム概要 / コーディネーターリスト  

JOI(Japan Outreach Initiative)プログラム
第3期(2004年度)コーディネーター活動報告


以下の活動報告は、日米センター発行NEWSLETTER」2004年11月号に掲載されたものです。

福原くみこ(2004年8月-2006年7月)

ケンタッキー州日米協会 (ケンタッキー州レキシントン)
 “Welcome to Kentucky!” この言葉は私がケンタッキー州に到着したと同時に多くの方々から幾度となく掛けられた言葉です。
 現在、ケンタッキー州日米協会に派遣されています。ケンタッキーダービー開催地として、サラブレッドなど名馬を育てる牧場が数多くあり、バーボンウィスキー、タバコ産業が盛んで美しく恵まれた環境に日米協会は位置しております。ケンタッキー州には自動車会社TOYOTAを始め、日系企業が数多く進出しており日米協会では主にビジネスを通して日米交流をしております。人々の日本に対する関心も高く、日本人補習校では保護者会を中心に毎年日本祭りを実行しており、姉妹都市交流などコミュニティー内においても日米交流が盛んに行われています。
 私の活動内容としましては、主に教育・文化関係を担当しており、小学校を訪問し、日本の紹介を行ったり、3カ月に一度、日米協会の会員を対象としたカルチャークラブの提供、姉妹都市交流のお手伝い、ケンタッキー州で生活される日本人の方々に向けたケンタッキー州情報冊子の作成等を手がけております。
 現在はセントラルケンタッキー内での活動が中心ですが、将来的にはさらに遠方に目を向け、一人でも多くの方に日本・日本文化を紹介し、日本に対しての関心を深めて頂きたいと思います。そしていつの日か彼らが日本を訪れた時に、今度は私達日本人が”Welcome to Japan!”と歓迎することが私の願望であり与えられた使命だと考えています。

>>活動報告

 

高橋祐子(2004年8月-2006年7月)

 
ジョージア日米協会 (ジョージア州アトランタ)  
 米国内の小学校での日本文化紹介活動、日本の非営利団体での仕事の経験が活かせる自分にぴったりのプログラムと友人達からも背中を押され応募し、あれよあれよという間に渡米、現在ジョージアで生活していることが信じられない気持ちです。
 一度は必ず訪ねたいと思っていたアトランタに派遣されて嬉しい!と思う暇もなく、気がつけば、南東部最大の日本文化イベント「ジャパンフェスト」の準備真っ只中。私にとっての初めての大仕事は、スタッフ用Tシャツを注文することでした。何か間違えをしでかさないかと心配でしたが、当日はそのTシャツを着たたくさんのボランティアスタッフが生き生きと働いてくれている様子を見て、2万人も集まる大イベントの準備にささやかながら自分も参加したのだという小さな満足感を味わっていました。日系企業数300超、在留日本人6500人超のジョージアで、また、これまでさまざまな活動を行ってきたジョージア日米協会で何ができるのだろうと不安を抱えていたことなど今ではすっかり忘れています。
 日米の相互理解、文化紹介のイベントやプログラムとともに、会員名簿管理など協会の運営自体にも深く関わらせていただいており、毎日が勉強でとても充実しています。今後は学校訪問プログラム、先生のための教材整備、事務局業務のマニュアル化、などJOIコーディネーターを受け入れてよかったと言っていただけるような活動を進めたいと思っています。

>>活動報告

 

横野由起子(2004年8月-2006年7月)

 
タルサ・グローバル・アライアンス/オクラホマ東アジア教育インスティテュート(オクラホマ州タルサ)  
 草の根交流活動をしていて嬉しい事は沢山の笑顔に出会う事です。例えば11月4日から7日にかけて開催された”KIDS` WORLD 2004”という国際交流フェスティバルが挙げられます。派遣先であるTulsa Global Alliance主催で2年に一度開催されるもので約30カ国60の展示場とボランティアを含めて約2万5千人が集まる大イベントですが、私は折り紙と日本の展示場を担当しました。来場者の中に私が以前プレゼンテーションをした学校の生徒達がいましたが、みんな私の顔と名前を覚えていてくれて「由起子〜!」と手を振ってくれた事には感激しました。彼らから貰った手紙は私の宝物になっています。また引率の先生方にもっと日本について授業に取り入れて頂ける様にインディアナ大学のNational Clearinghouse for U.S.- Japan Studiesの協力を得て「Teaching about Japan Information Packet」を用意しました。日本を授業に取り入れるノウハウを網羅した素晴らしい内容のものでフェスティバル開催前から話題になり多くの先生方に喜んで頂けました。他にもヒューストン在日本総領事館、日本大使館Japan Information and Culture Center、Southeast Origami他多くの方々の支援の下折り紙や日本展示場は勿論、全会場が大変盛り上がり、大成功した形で終了することができました。
 現在はもう一つの派遣先であるOklahoma Institute for Teaching East Asiaで仕事をしています。今後も各学校やコミュニティで日本についてのプレゼンテーション、日本語の授業やリサーチをしたりインタビューに応じたりするなど努力していきたいです。小さい積み重ねが日米交流の更なる発展に繋がればと期待しています。

>>活動報告
 

JOIプログラムの詳細については、ローラシアン協会ホームページをご覧ください。
 
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344