本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
GEN-J
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

 

日米センターNPOフェローシップ

日米草の根交流の担い手育成と、
日本の非営利セクターの基盤強化を目指す
日米センターNPOフェローシップ


NPOフェローリスト(平成10(1998)年度から平成19(2008)年度)
各フェローの報告書、出版物
NPOフェローは、いま」(フェローの現在の国内活動紹介)
NPOフェローをパネリストにしたシンポジウムのご案内


プログラムの趣旨

このプログラムは、米国において、米国のNPO活動に中長期間従事し、様々なプログラムやプロジェクトに参画することを通じて、米国の非営利組織の運営方法を学ぶ機会を提供するものです。

対象

日本の民間非営利セクターに従事し、将来も長く同セクターの基盤強化と日米交流の推進に尽力する意欲のある中堅層を対象とします。
ここでいう民間非営利セクターとは、特定非営利活動法人のほか財団法人・社団法人等も含みます。

プログラムの目的

・日米間の架け橋となり国際的に活躍できる次世代の人材の育成
・日米両国の非営利セクター間の相互理解の促進とネットワークの拡大強化
・国内の非営利セクターの人的基盤強化

「日米センターNPOフェローシップ」プログラムは、日本の非営利セクターの中堅スタッフに、米国のNPOでの中長期の現場経験を通じ、非営利組織のマネジメントに関する研修を行う機会を提供してきました。
NPOフェローシップは、1998年のパイロット事業からスタートして第8期まで延べ37名のフェローを米国に送り出してきました。フェローの多くは帰国後も日本の民間非営利セクターに従事し、日米間の掛け橋となり、国際的に活躍できる次世代の人材育成、日米両国の非営利セクター間の相互理解促進とネットワークの拡大強化、国内非営利セクターの人的基盤の強化などに尽力していらっしゃいます。

1998年のプログラム開始当初は、日本では95年の阪神・淡路大震災でのボランティア活動の高まりなどを契機に、社会全般がNPOの基盤強化に関心を寄せ、その後、それらの活動をサポートする特定非営利活動促進法(NPO法)が成立するなど、国内のNPOセクターを取り巻く環境が整備され、以前に比べて専門領域における公共サービスや事業の担い手としてNPOの役割が認められるようになりました。こうした環境の変化を受けて、本フェローシップ・プログラムも初期の目的を達成したものと判断し、10年目の節目となる今回の第8期をもって、本プログラムは終了することになりました。今後は、NPOフェローをパネリストとする日本各地でのシンポジウム開催等を通じて成果還元に努めていく予定です。

Top

TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344