本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

国際交流基金日米センター-茨城NPOセンター・コモンズ 共催
米国NPOの知見を地域に紹介するシンポジウム(茨城) パネリスト(NPOフェロー)

公開イベント

国際交流基金日米センター −茨城NPOセンター・コモンズ 共催
米国NPOの知見を地域に紹介するシンポジウム(茨城)

パネリスト(NPOフェロー)

槇 ひさ恵 特定非営利活動法人ニンジン(東京)常務理事

槇 ひさ恵氏の写真第4期(2003年)国際交流基金日米センターNPOフェロー
米国での研修先団体:MOSAICA: The Center for Nonprofit Development and Pluralism (Washington DC)
研修テーマ:NPOのキャパシティ・ビルディング

研修概要:

  1. NPOの組織強化、運営能力向上への支援の枠組み・手法をMOSAICAが実施するコンサルテーションのプロセスに参加しながら学ぶ。
  2. NPOのキャパシティ・ビルディングのためのトレーニングの手法を、MOSAICAが実施するものへのオブザーバー参加及び他団体が実施するものに参加して学ぶ。
  3. NPOが組織運営能力の向上をするためにコンサルテーションやトレーニングを受けることに資金を提供している財団、資金供給の枠組みについて調査する。
プロフィール:
1979年より(社)日本青年奉仕協会でボランティア活動推進に携わり、国内外の草の根の活動に出会う。1992年より(財)国際障害者年記念ナイスハート基金の業務で障害者問題の啓発活動、アジアの障害児・者への支援・交流を行う。市民活動のネットワーキング、市民セクターの基盤整備、NPOの組織強化などにかかわる活動をしつつ、モンゴルやタイの人々等と交流・協力をするNPO・ニンジンを立ち上げている。「ニンジン」は、モンゴル語で「人道的な」を意味する言葉。

井上 英之 特定非営利活動法人ETIC.(東京) プロデューサー

井上 英之氏の写真第5期(2004年)国際交流基金日米センターNPOフェロー
研修先団体:Social Venture Partners International (Seattle, WA)
研修テーマ:ベンチャーフィランソロピー(社会起業向け投資)の経営とパフォーマンスマネジメント

研修概要:
シアトルを拠点に北米で約25箇所に展開する「ソーシャル・ベンチャー・パートナーズ」(SVP)を束ねるネットワーク組織「SVPインターナショナル」(SVPI)にて、非営利活動向けにベンチャーキャピタルの手法を適用した投資・支援モデルとして知られる「ベンチャーフィランソロピー」の運営に参画した。同時に、活動のインパクト評価等の業務も行った。また、SVPモデルの東京での立ち上げへの参考となるノウハウを吸収しつつ、SVPIに対し、彼らの今後の戦略策定への貢献や、今後のSVPのアジア及び国際展開に関するフィードバックを行った。さらに、全米の社会起業関連のキーパーソンともネットワークし、知見を広めた。

プロフィール:
慶応義塾大学在学中より、奥尻島援助やルワンダ難民帰還プロジェクトに参画。公共セクターにおけるマネジメントの必要性を実感し、ジョージワシントン大学大学院に進学。その後、ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループを経て、NPO法人ETIC.に参画。ソーシャル・ベンチャーセンターを設立。2002年より日本初のソーシャル・ベンチャー向けビジネスコンテスト「STYLE」を開催するなど、社会企業家の育成、輩出に取り組む。2005年秋より、慶応義塾大学総合政策学部専任講師。若手ビジネスパーソンが集い、資金と自分の専門性を生かした時間を社会起業に提供しあうファンド「ソーシャル・ベンチャー・パートナーズ東京」を設立。著作「世界を変える人たち」(ダイヤモンド社、監訳)

黒田 かをり CSOネットワーク(東京)共同事業責任者
黒田 かをり氏の写真第6期(2005年)国際交流基金日米センターNPOフェロー
研修先団体:Social Accountability International (New York)
研修テーマ:途上国の地域社会の問題解決に向けたステークホルダー間のパートナーシップ

研修概要:
  1. SA8000
  2. SAIの活動について
  3. 社会監査
  4. マルチステークホルダー・アプローチ
  5. 企業の社会的責任(CSR)の動向(アメリカ、ヨーロッパ、アジア)

プロフィール:
企業勤務後、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所、米国非営利組織のアジア財団を経て、2003年から国際協力・開発の分野でのCSO(市民社会組織)のグローバルなネットワーク化を進めるCSO連絡会(現CSOネットワーク)に勤務。2004年貧困と闘うグローバルなキャンペーン「ほっとけない世界の貧しさ」(ホワイトバンド)の実行委員を務めた。2009年発効予定のISO2600/SRで、日本のNPO分野のエキスパートを務める。ISO/SRは企業を含む組織の社会的責任(労働、人権、環境、地域参画など)に関する国際規格。

モデレーター

斉藤 義則 茨城NPOセンター・コモンズ 代表理事
斉藤 義則氏の写真 1950.7 山形県生まれ
1982.3 早稲田大学大学院博士課程(都市計画専修)単位取得中退
1983.5 茨城大学人文学部社会科学科専任講師・行政計画論担当
1991.1 茨城大学人文学部教授・都市計画論担当、現在に至る

 

 

TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344