本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
安倍フェローシップ
日米パートナーシップ・プログラム
Japan Outreach Initiative
NPO フェローシップ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ

国際交流基金日米センター/えひめグローバルネットワーク 共催
米国NPOの知見を地域に紹介するシンポジウム
~地域NPOの未来をさぐる~ パネリスト(NPOフェロー)

公開イベント

国際交流基金日米センター/えひめグローバルネットワーク 共催
米国NPOの知見を地域に紹介するシンポジウム
〜地域NPOの未来をさぐる〜

パネリスト(NPOフェロー)

中村 絵乃   特定非営利活動法人開発教育協会 事務局長

中村 絵乃第6期(2005年)国際交流基金日米センターNPOフェロー

研修先団体: Educators for Social Responsibility Metropolitan Area (New York City)
研修期間: 2006年1月20日から2007年1月19日
研修テーマ: NPOの組織強化/国内の教育活動
研修概要:

  1. 学校や地域で、幼児から大人を対象に、対立を非暴力で解決する方法、差別、・偏見に立ち向かうこと、よりよいコミュニケーション、批判的思考、より公正かつ平和で民主的な社会を創るために協力することなどを学んだ。
  2. プログラムの企画・運営について
    (会議参加、研修参加、プログラム視察、高校生向けプログラム補助、研修補助など)
  3. 組織運営について
    (事務局会参加、理事会傍聴、助成金申請、イベントの助成チームに参加)
  4. 情報収集・共有
    (他団体の研修参加、学会参加、会議での情報共有、スタッフへの研修)
    ・プログラムの分析・評価
    (教員へのインタビュー、プログラム翻訳、資料整理)

プロフィール:
大学卒業後(財)横浜YMCA勤務を経て、渡英。英国ヨーク大学大学院(教育学)でグローバル教育の実践を学び1998年に卒業。2000年より(特活)開発教育協会・事業担当。2006年1月より1年間、国際交流基金日米センターのフェローとしてニューヨークのNPOで研修を受ける。地球的課題を扱う教育(グローバル教育・地球市民教育・開発教育)の実践・研究を行なう。2008年4月より、同会事務局長。現在は、研修会等を行ないながら、日本における「対立解決教育」の可能性を模索中。横浜市立大学非常勤講師も兼ねる。神奈川県横浜市出身。

 

鈴木 歩 シーズ=市民活動を支える制度をつくる会 コミュニケーション・ディレクター

鈴木 歩第8期(2007年)国際交流基金日米センターNPOフェロー

研修先団体: United Way of Central Indiana (Indianapolis, IN)
研修期間: 2007年8月15日から2008年5月14日
研修テーマ: ファンドレイジングを実践するための組織運営のあり方を米国の非営利セクターに学ぶ
研修概要:

  1. ユナイテッド・ウェイ・オブ・セントラル・インディアナでのファンドレイズ実施を通じて、「寄付者教育」のあり方や組織内の連携システムや情報共有システム、また寄付者への満足度の向上や寄付金額のアップに向けた取り組みなどファンドレイズを行なう組織運営を総合的に学ぶ。
  2. ユナイテッド・ウェイ・オブ・セントラル・インディアナの支援対象NPOの1つであるジュリアン・センターでのファンドレイズ実施を通じて、寄付者とのコミュニケーション、よりよいファンドレイズのためのアプローチを学ぶ。

プロフィール:
テンプル大学(フィラデルフィア州)卒。1995年12月よりシーズに勤務。1998年の特定非営利活動促進法、2001年の認定NPO法人制度の制度創設やその改正などの立法活動を推進。2007年8月から国際交流基金日米センターのNPOフェローとしてアメリカのNPOでファンドレイズについて研修を受ける。2008年帰国後よりシーズのファンドレイジングを進めつつ、アメリカのファンドレイジング・ノウハウを日本のNPOに伝える。共著に『ボランティア・NPO用語辞典』(中央法規)、『まちづくりの百科事典』(丸善出版)がある。埼玉県川越市出身。

コーディネーター

竹内 よし子 特定非営利活動法人 えひめグローバルネットワーク 代表

竹内 よし子プロフィール:
高校卒業後、渡英経験および企業や研究機関での職務経験を経て故郷・愛媛に戻る。1998年4月、えひめグローバルネットワークを設立。モザンビーク「銃を鍬へ」平和構築支援等の海外事業と、国内の地球市民教育の普及やネットワークづくりに携わる。また、地域における国際協力を四国で推進していくため2004年10月に四国NGOネットワークを設立し、JICA四国と共に「国際協力論」を開催している。「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議理事、愛媛大学非常勤講師、愛媛県環境マイスター、松山市「平和の語り部」講師他、各種委員・審議委員・評議委員等を務める。愛媛県出身。



 

 

TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344