本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの人物交流事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP NEWSLETTER メール配信サービス Vol.82

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.82
(2009年4月10日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.82
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2009年4月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次 〜〜 --------------------------------------------------------〜〜

●日米センタープロジェクトレポート
(1)『ドメスティック・バイオレンス克服に向けての「共感」の促進:市民社会
 における安全な生活の希求』プロジェクトから見えてきたこと
●発行
(2)コラムスVol.13発行ならびに休刊のお知らせ
●活動報告
(3)NPOフェローはいま:第4期 村上徹也さん
 『市民社会を多元的に理解する力が今の自分を支えている』

--------------------------------------------------------------------
(1)『ドメスティック・バイオレンス克服に向けての「共感」の促進:市民社会
における安全な生活の希求』プロジェクトから見えてきたこと
--------------------------------------------------------------------

日米センターは、2006年11月から2009年1月まで、公募助成案件のひとつである
『ドメスティック・バイオレンス克服に向けての「共感」の促進:市民社会に
おける安全な生活の希求』を助成しました。このたび、プロジェクトを代表して
吉備国際大学大学院(通信制)国際協力研究科長の高橋睦子教授に、活動内容の
概要、国際会議等での米国専門家からの諸提案、今後の問題意識などについて
ご寄稿いただきました。

 寄稿文はこちらから↓
 http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/intro/in016.html

--------------------------------------------------------------------
(2)コラムスVol.13発行ならびに休刊のお知らせ
-------------------------------------------------------------------

コラムスVol.13では、NPOフェローとしてかつて米国のNPOで研修を積み、現在
日本のNPOでご活躍されているお二方から当時の経験や帰国後の活動について
ご寄稿いただきました。さらに当センター事務局長より、今後の日米センター
事業の展望と意義についてお届けします。

 寄稿文はこちらから↓
 http://www.jpf.go.jp/cgp/info/columns/index.html

<コラムス休刊のお知らせ>

2006年11月より刊行して参りましたコラムスは、今号Vol.13(2009年3月15日
刊行)をもって印刷物としての発行を休止することとなりました。ご愛顧頂き
ました皆様に対し厚く御礼を申し上げますとともに、今回の休刊に対し、寛容
なるご理解を頂ければ幸いです。今後もニューズレターやウェブページを通じ
て、CGP事業に関する多彩な情報を提供して参りますのでご期待下さい。

--------------------------------------------------------------------
(3)NPOフェローはいま:第4期 村上徹也さん
『市民社会を多元的に理解する力が今の自分を支えている』
--------------------------------------------------------------------

今回は第4期NPOフェローとして2003年10月から2004年3月まで、米国の「ポイン
ツ・オブ・ライト財団」でフェローシップを行なわれた市民社会コンサルタント
の村上徹也さんの報告をお届けします。フェローシップを通して得られた知識や
帰国後の市民社会コンサルタントとしての活動などについてご紹介されています。

 報告はこちらから↓
 http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/npof/now/murakamitetsuya0903.html

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております → 
Eメール: CGPinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

--------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除は → 
             http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバーは → http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

公式サイト
http://www.jpf.go.jp/cgp

●─────────────────────────────────●
      発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership 
      〒160−0004 東京都新宿区四谷4−4−1
         Tel:03−5369−6072  Fax:03−5369−6042  
●─────────────────────────────────●

 


CGP Newsletter メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344