本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP NEWSLETTER メール配信サービス Vol.110

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.110
(2011年1月11日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.110
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2011年1月11日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明けましておめでとうございます。本年も国際交流基金日米センター(CGP)を
よろしくお願いいたします。

                       
目次 〜〜 --------------------------------------------------------〜〜

●募集
(1)日米文化教育交流会議(カルコン)担当嘱託職員募集
(締切:2011年1月17日)

●開催
(2)公開シンポジウム『新たな難民受け入れと新宿区 〜第三国定住開始にあ
たって私たちにできることを考える〜』(1月22日)

(3)公開シンポジウム『日米"ヒロシマ"プロジェクト:失われた文化の疑似体
験による伝承』(1月25日)

--------------------------------------------------------------------
(1)日米文化教育交流会議(カルコン)担当嘱託職員募集
(締切:2011年1月17日)
--------------------------------------------------------------------
国際交流基金では1991年より、日米文化教育交流会議(カルコン)の事務局業
務を行なっていますが、このカルコン事務局担当嘱託として、カルコン日米
合同会議の開催、米側事務局(日米友好基金)との連絡調整、日本側委員会の
開催に係る事務等の諸業務、その他調査関連業務等を行なう者1名を募集し
ています。

募集の詳細、応募要領はこちらから↓
http://www.jpf.go.jp/j/about/adoption/CULCON_23.html

(参考)カルコンについて↓
http://www.jpf.go.jp/CULCON/index.html

--------------------------------------------------------------------
(2)公開シンポジウム『新たな難民受け入れと新宿区〜第三国定住開始にあ
たって私たちにできることを考える〜』(1月22日)
--------------------------------------------------------------------
日米センターでは、特定非営利活動法人 難民支援協会が実施する事業「新
時代の難民保護〜米国における難民の定住から学ぶ〜」に助成しています。

このたび下記のとおり公開シンポジウムが実施されます。

シンポジウム「新たな難民受け入れと新宿区〜第三国定住開始にあたって私
たちにできることを考える〜」(申込み締切日:1月19日(水))

日時:2011年1月22日(土)14:00〜17:00(受付開始:13:30)

場所:早稲田大学キャンパス8号館 B102

主催:認定NPO法人 難民支援協会

共催:早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC

助成:新宿区・国際交流基金日米センター

参加申込み・詳細はこちらから↓
http://www.refugee.or.jp/event/2011/01/22-1627.shtml
(難民支援協会ホームページ)

--------------------------------------------------------------------
(3)公開シンポジウム『日米"ヒロシマ"プロジェクト:失われた文化の疑似体
験による伝承』(1月25日)
--------------------------------------------------------------------
日米センターでは、早稲田大学ユネスコ世界遺産研究所が実施する事業「日米
"ヒロシマ"プロジェクト:失われた文化の擬似体験による伝承に関する共同研
究と和平提言」に助成しています。

このたび下記のとおり公開シンポジウムが実施されます。

シンポジウム「日米"ヒロシマ"プロジェクト:失われた文化の疑似体験による
伝承」(入場無料、事前登録不要、先着450名)

日時:2011年1月25日(火)13:00〜17:20(12:30開場)

場所:広島国際会議場 国際会議ホール「ヒマワリ」
広島市中区中島町1-5 広島国際会議場地下1階

主催:早稲田大学ユネスコ世界遺産研究所

協力:平和公園復元映像製作委員会 東京大学

後援:広島市

助成:国際交流基金日米センター

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております → 
Eメール: CGPinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

--------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除は → 
http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバーは → http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

公式サイト
http://www.jpf.go.jp/cgp

●─────────────────────────────────●
発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership 
〒160−0004 東京都新宿区四谷4−4−1
Tel:03−5369−6072  Fax:03−5369−6042  
●─────────────────────────────────●


CGP NEWSLETTER メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344