本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP NEWSLETTER メール配信サービス Vol.145

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.145
(2013年10月10日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■  
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.145
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2013年10月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

__/_/_/_/_/ 目次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(1)入江昭・ハーバード大学名誉教授 国際交流基金賞 受賞記念講演会
「アジア太平洋共同体の可能性」

(2)助成事業公開シンポジウム「再生可能エネルギーと日米のエネルギー政策
〜応用一般均衡分析によるアプローチ〜」

(3)平成26年度公募助成プログラム:募集中
(4)JOIプログラム:2014年度(第13期)派遣コーディネーター募集中
(5)JOIプログラム:第10期終了報告、第11期1年目活動報告を掲載
(6)日系アメリカ人リーダーシップ・シンポジウム:報告書を掲載

------------------------------------------------------------------
(1)入江昭・ハーバード大学名誉教授 国際交流基金賞 受賞記念講演会
「アジア太平洋共同体の可能性」
------------------------------------------------------------------
このたび、日本出身のアメリカ合衆国の歴史学者として長年にわたって
活躍してこられた入江昭・ハーバード大学名誉教授が、2013年度の国際
交流基金賞の受賞者に決定し、受賞記念講演会を実施いたします。

入江昭氏には国際交流基金日米センター評議員を長年務めていただいた他、
欧米や中国等でも、同氏をお迎えし、日米関係史や国際関係をテーマにした
講演会や集中講義などを実施してきました。

■日時:2013年10月28日(月) 18時30分〜20時30分 (開場18時)

■会場:公益財団法人 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール

◆講演会は入場無料、事前申込制です。
以下のリンクより、10月21日(月)までにお申し込みください。
https://comm.stage.ac/sk_kikinsho/index.html

◆国際交流基金賞へのリンク
http://www.jpf.go.jp/j/about/award/index.html

------------------------------------------------------------------
(2)助成事業公開シンポジウム「再生可能エネルギーと日米のエネルギー政策
〜応用一般均衡分析によるアプローチ〜」
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、早稲田大学総合研究機構が実施する事業「日米の
エネルギー・ミックス政策の経済影響−再生可能エネルギーと省エネに
着目した持続可能な政策提言とアジアへの還元」に助成しています。

このたび、公開シンポジウム「再生可能エネルギーと日米のエネルギー政策
〜応用一般均衡分析によるアプローチ〜」が開催されることとなりました。

■趣旨:
震災後の原子力発電の停止に伴い、再生可能エネルギーの役割に注目が
集まっています。しかし、その促進のための「固定価格買い取り制度」は
電気料金の上昇を招き、その持続可能性についての検討も必要となっています。
本シンポジウムでは、早稲田大学・環境と貿易研究所の成果を紹介すると
ともに、応用一般均衡分析という経済モデルの日米の専門家から各研究成果を
ご報告して頂き、今後のエネルギー政策について考えます。

■日時:2013年11月8日(金)13:00〜18:10

■会場:早稲田大学 26号館大隈記念タワー 8階(802教室)
(アクセス:http://www.waseda.jp/jp/campus/

◆使用言語は英語です(同時通訳なし)

◆シンポジウムは入場無料、事前申込制です。
お申し込み・お問合せ先:riet.waseda@gmail.com
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)
お名前・所属・連絡先を記載の上、お送りください。

◆プログラムへのリンク
http://www.waseda.jp/prj-riet/

------------------------------------------------------------------
(3)平成26年度公募助成プログラム:募集中
------------------------------------------------------------------
平成26(2014)年度の一般公募助成プログラムの募集を行っています。

■申請資格:日本または米国の非営利団体

■対象事業:日米共通の、あるいは世界規模の課題をテーマとする
政策指向型の共同研究や国際会議等を日米共同事業として実施する
プロジェクト

■申請締切:2013年12月2日(月)

申請を検討されている方は、概要を簡潔にまとめたコンセプト・ペーパーを
10月中にご提出ください。ご応募をお待ちしております。

◆詳細および募集要項のダウンロード
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/index.html

◆過去の採用案件一覧へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/db.html

-------------------------------------------------------------------
(4)JOIプログラム:2014年度(第13期)派遣コーディネーター募集中
-------------------------------------------------------------------
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム、通称「JOI(ジョイ)
プログラム」では、このたび、2014年度(第13期)に派遣するコーディネー
ターの募集を開始しました。

JOIJapan Outreach Initiative)プログラムは、米国の草の根レベルで
日本への関心と理解を深めることを目的に、コーディネーターを2年間
アメリカに派遣する事業です。コーディネーターは、日本との交流の機会が
比較的少ない米国の南部・中西部地域の大学や日米協会をはじめとする
地域交流活動の拠点に派遣され、地域の学校や図書館などを訪れて日本の
伝統文化や日本食、学校生活など、日本の幅広い文化を紹介します。

募集にあたって、下記3か所で説明会を開催します。海外で日本の紹介を
してみたいという方は是非ご参加ください。説明会ではプログラム内容の
説明のほか、OB・OGの方にも来ていただき、実際のアメリカでの生活など
体験談をご紹介します。

■日時・会場
【福岡】11月 9日(土)14:00〜16:00 アクロス福岡 604会議室 
【大阪】11月10日(日)14:00〜16:00 阪急グランドビル26階 会議室番号11
【東京】11月17日(日)14:00〜16:00 国際交流基金本部 2階さくらホール

■入場無料、要申し込み

JOIプログラムの概要へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/index.html

JOIプログラムの募集要項へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/joi_program.html

JOIプログラムの説明会へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/boshu.html

-------------------------------------------------------------------
(5)JOIプログラム:第10期終了報告、第11期1年目活動報告を掲載
-------------------------------------------------------------------
2011年8月から2013年7月までの2年間、米国各地で活躍した第10期コーディ
ネーター6名が無事に帰国し、9月18日(水)に帰国報告会が行われました。
JOIプログラムの応募に至った動機や、2年間の奮闘ぶりや様々なエピソードが
生き生きと語られ、皆さんがそれぞれに工夫をこらして充実した活動を
展開してこられたことがうかがえました。

その活動をまとめた終了報告をホームページに掲載しました。
また、2012年8月から派遣され、1年目の活動を終えた第11期コーディネーター
3名の報告も掲載しましたので、あわせてご覧ください。

◆第10期コーディネーター終了報告へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/list.html#n10

◆第11期コーディネーター1年目活動報告へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/list.html#n11

-------------------------------------------------------------------
(6)日系アメリカ人リーダーシップ・シンポジウム:報告書を掲載
-------------------------------------------------------------------
日米センターが今年の3月に、米日カウンシル、福島大学うつくしまふくしま
未来支援センターとの共催により実施したシンポジウム「地域に生きる力:
みんなの『声』が紡ぐふくしまの未来」の報告書が完成し、ホームページに
掲載しました。

◆シンポジウム詳細、報告書へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/event/130310.html
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/event/pdf/130310report_j.pdf【PDF:1,988KB】

このシンポジウムは、外務省と米日カウンシルの共催事業である
「日系アメリカ人リーダー訪日招へいプログラム(JALD)」の一環として
開催されたものです。

JALD(The Japanese American Leadership Delegation Program)の
詳細へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/jald/index.html

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております → 
Eメール: CGPinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

--------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除 
http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバー  http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ウェブマガジン
をちこちMagazine http://www.wochikochi.jp/

●─────────────────────────────────●
発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership 
〒160−0004 東京都新宿区四谷4−4−1
Tel:03−5369−6072  Fax:03−5369−6042  
●─────────────────────────────────●


CGP NEWSLETTER メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344