本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP NEWSLETTER メール配信サービス Vol.146

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.146
(2013年11月11日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.146
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2013年11月11日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_/_/_/_/_/ 目次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(1)JOIプログラム:2014年度(第13期)派遣コーディネーター募集説明会
(2)米国アジア研究専門家招へいプログラム
(3)平成26年度公募助成プログラム:申請に関するQ&A
(4)助成事業案内:公開フォーラム「第2回日米交流県民フォーラム」(金沢)
(5)助成事業案内:公開シンポジウム「国際介護人材養成連携福岡会議」
(6)カルコン美術対話委員会イニシアティブ「日米美術フォーラム
〜ミュージアムの未来〜」開催報告

-------------------------------------------------------------------
(1)JOIプログラム:2014年度(第13期)派遣コーディネーター募集説明会
-------------------------------------------------------------------
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム、通称「JOI(ジョイ)
プログラム」では、現在、2014年度(第13期)に派遣するコーディネーター
を募集しています。

JOIJapan Outreach Initiative)プログラムは、米国の草の根レベルで
日本への関心と理解を深めることを目的に、コーディネーターを2年間
アメリカに派遣する事業です。コーディネーターは、日本との交流の機会が
比較的少ない米国の南部・中西部地域の大学や日米協会をはじめとする
地域交流活動の拠点に派遣され、地域の学校や図書館などを訪れて日本の
伝統文化や日本食、学校生活など、日本の幅広い文化を紹介します。

9日と10日にそれぞれ福岡と大阪で開催した説明会では、多くの来場者を
得て、プログラム内容の説明を行ったほか、OGの方にも来ていただき、
実際のアメリカでの生活など体験談をご紹介しました。

11月17日(日)には東京の国際交流基金本部でも14時から16時まで説明会を
行いますので、ご関心のある方はぜひお申し込みの上ご来場ください。

■入場無料、要申し込み

JOIプログラムの概要へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/index.html

JOIプログラムの募集要項へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/joi_program.html

JOIプログラムの説明会へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/boshu.html

------------------------------------------------------------------
(2)米国アジア研究専門家招へいプログラム
------------------------------------------------------------------
2013年12月15日〜22日の間、米国よりアジア研究分野の一線で活躍する
研究者を日本にお招きします。今回来日するのは、ミンシン・ペイ氏
(クレアモント・マッケナ大学教授)、スニル・ダスグプタ氏
(ボルティモア郡メリーランド大学教授)、シュェグァン・ジョ氏
(スタンフォード大学教授)他計6名の方々です。一行は滞在中、
政府関係機関、大学やシンクタンク等を訪問し、意見交換を行います。

この「米国アジア研究専門家招へいプログラム」は、2010年11月に
行われた日米首脳会談の際に公表された「日米同盟深化のための日米交流
強化」イニシアティブの一環として企画され、今回で3回目を迎えました。
中国やインドをはじめとするアジア諸国が急速な発展を遂げる中、米国の
アジア研究専門家を招へいし、日本の政・官・学・財・市民社会の
リーダーならびにアジア政策関係者・研究者との対話・意見交換を行う
ことを通じて、日-米-アジアにおけるネットワークの構築と相互理解の
促進を目指しています。

◆プログラム概要へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/rp/index.html

------------------------------------------------------------------
(3)平成26年度公募助成プログラム:申請に関するQ&A
------------------------------------------------------------------
平成26(2014)年度の一般公募助成プログラムの募集を行っています。

「どのようなプロジェクトが対象になりますか?」
「政策指向型事業とは?」など、「申請に関するQ&A」を掲載しましたので、
応募を検討中の方はぜひご覧ください。

■申請資格:日本または米国の非営利団体

■対象事業:日米共通の、あるいは世界規模の課題をテーマとする
政策指向型の共同研究や国際会議等を日米共同事業として実施する
プロジェクト

■申請締切:2013年12月2日(月)

申請を検討されている方は、概要を簡潔にまとめたコンセプト・ペーパーを
事前にご提出ください。ご応募をお待ちしております。
※米国の機関からのコンセプト・ペーパーの受付は既に締め切っております。

◆詳細および募集要項のダウンロード
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/index.html

◆過去の採用案件一覧へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/db.html

◆申請に関するQ&A
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/flow.html

------------------------------------------------------------------
(4)助成事業案内:公開フォーラム「第2回日米交流県民フォーラム」(金沢)
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、公益財団法人日本国際問題研究所が実施する事業
「『変容する世界と日米同盟』若手サミット」への助成を行なっています。

このたび、日米をはじめとする研究者による日米金沢会議の最終日に
同研究所と石川県による共催で公開フォーラム「第2回日米交流県民
フォーラム」が金沢市で開催されることとなりました。
本フォーラムでは「変容する世界と日米関係」をテーマとして、
日本国際問題研究所理事長の野上義二氏による講演につづき、青山学院大学
教授の中山俊宏氏をモデレイターとしてパネルディスカッションが
行なわれます。

■日時:2013年11月24日(日)15:00〜17:00

■会場:ANAクラウンプラザホテル金沢 3F鳳の間
(アクセス:http://www.anacrowneplaza-kanazawa.jp/access/index.html

■入場無料、事前申込制(先着順150名定員)
お問合せ先:石川県観光戦略推進部国際交流課
Tel:076-225-1382 Fax:076-225-1383

◆お申し込み方法および詳細へのリンク
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kokusai/events/documents/nichibeiforum.html

------------------------------------------------------------------
(5)助成事業案内:公開シンポジウム「国際介護人材養成連携福岡会議」
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、特定非営利活動法人アジアン・エイジング・ビジネス
センター(AABC)が実施する事業「アジア太平洋越境ケア人材養成連携」
に助成しています。

このたび、公開シンポジウム「国際介護人材養成連携福岡会議」が開催
されることとなりました。

■日時:2013年12月7日(土)13:00〜17:00

■会場:共創館カンファレンス
福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 電気ビル共創館3階
(アクセス:http://www.denki-b.co.jp/company/map27.html

■プログラム(逐次通訳あり)
第一部 13:00〜15:00 EPA(二国間経済連携協定)の枠組みの次に向けて
Kathryn Braun ハワイ大学教授
小川全夫 AABC理事長、熊本学園大学教授、九州大学名誉教授
Cullen Hayashida ハワイ州知事顧問、カピオラニ・コミュニティカレッジ教授
Donghee Han シンガポール政府顧問(元国連職員)
Tri Budi Rahardjo インドネシア大学高齢化研究センター教授

第二部 15:15〜17:00 高齢化するアジア太平洋と民間事業者の将来
坂梨仁哉 SMS北京代表
椛澤一 株式会社リエイ代表取締役

■入場無料、事前申込制(定員70名)
お名前・所属・連絡先(住所・電話・メールアドレス)・年齢・性別を
以下のTelFaxEMAILのいずれかにお申込ください。(この申込において
知りえた個人情報は、本会議又はNPOからのご案内に関すること以外に
利用いたしません。)
Tel:092-473-9965 Fax:092-482-0453

◆アジアン・エイジング・ビジネスセンターのホームページ
http://www.aabc.jp/

------------------------------------------------------------------
(6)カルコン美術対話委員会イニシアティブ「日米美術フォーラム
〜ミュージアムの未来〜」開催報告
------------------------------------------------------------------
2013年10月21日(月)、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)において、
「日米美術フォーラム〜ミュージアムの未来〜」(主催:文化庁、
カルコン美術対話委員会、協力:独立行政法人国際交流基金、公益財団法人
福武財団等)が開催されました。約200名もの参加者が集まり、日米の
美術専門家が、古美術から近現代美術の分野に至るまで、日米間における
学芸員交流等による両国間の交流を強化するための議論を行いました。

Facebookページへのリンク
http://www.facebook.com/culconforum

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております → 
Eメール: CGPinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

--------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除 
http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバー  http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ウェブマガジン
をちこちMagazine http://www.wochikochi.jp/

●─────────────────────────────────●
発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership 
〒160−0004 東京都新宿区四谷4−4−1
Tel:03−5369−6072  Fax:03−5369−6042  
●─────────────────────────────────●


CGP NEWSLETTER メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344