本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP NEWSLETTER メール配信サービス Vol.148

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.148
(2014年1月10日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.148
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2014年1月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明けましておめでとうございます。
昨年も国際交流基金日米センター(CGP)の活動にご理解ならびにご支援を
いただきありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

_/_/_/_/_/ 目次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(1)事業実施報告:第3回 米国アジア研究専門家招へいプログラム
(2)助成事業紹介:ジャパン・ソサエティ「Going GlobalSNS国際交流
プロジェクト

(3)助成事業報告:国際セミナー「災害時における海外NGOとのパートナー
シップ:東日本大震災から学ぶ」

(4)助成事業報告:東西センター「アジア太平洋の災害対策と復興力を
テーマとしたジャーナリズムフェローシップ」

------------------------------------------------------------------
(1)事業実施報告:第3回 米国アジア研究専門家招へいプログラム
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、2013年12月15日〜22日の間、米国よりアジア研究分野の
一線で活躍する研究者を日本にお招きしました。
この「米国アジア研究専門家招へいプログラム」は、2010年11月に行われた
日米首脳会談の際に公表された「日米同盟深化のための日米交流強化」
イニシアティブの一環として企画されたもので、3回目を迎えた本年度は、
ミンシン・ペイ氏(クレアモント・マッケナ大学教授)、
スニル・ダスグプタ氏(ボルティモア郡メリーランド大学教授)、
シュェグァン・ジョ氏(スタンフォード大学教授)他計6名の研究者が
来日しました。

一行は滞在中、外務省、防衛省、防衛研究所、内閣府原子力委員会、
東京財団、認定NPO法人難民支援協会、早稲田大学等を訪問し、
日本の政・官・学・財・市民社会のリーダーならびにアジア政策関係者・
研究者との対話・意見交換を行いました。

プログラムの最終日には、日本国内で活躍する国際政治・国際関係専門家
7名を交え、「アジアの国際関係と日米関係の未来」をテーマに活発な
議論が行なわれました。

◆プログラム概要および参加者詳細へのリンク
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/rp/index.html

◆プレスリリースへのリンク
http://www.jpf.go.jp/j/about/press/dl/0989.pdf【PDF:308KB】

◆外務省HP「米国アジア研究専門家招聘プログラム」参加者による
牧野外務大臣政務官表敬(平成25年12月19日)へのリンク
http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ca_opr/page18_000148.html

-------------------------------------------------------------------
(2)助成事業紹介:ジャパン・ソサエティ「Going GlobalSNS国際交流
プロジェクト
-------------------------------------------------------------------
日米センターでは、ジャパン・ソサエティ(ニューヨーク)が実施する日米
およびパキスタンの学校間のSNSを使った国際交流プロジェクト「Going Global
に対して支援を行なっています。このプロジェクトでは、ジャパン・ソサエティ
が開発した会員専用のインターネット交流サイトを用いて、各参加校の
生徒たちが共通テーマについて写真や動画、メッセージ等を投稿しあい、
相互理解を深めます。

プロジェクト3年目を迎えた今年、同プロジェクト参加校の一つである
福島県会津若松市立松長小学校の取り組みが、ベネッセ教育総合研究所が
発行する小学校向け情報誌View 21 (2013 Vol.2号)に掲載されました。

記事の内容は、同研究所の以下リンクからご覧いただけます。

http://berd.benesse.jp/berd/center/open/syo/View21/2013/08/pdf/02toku_05.pdf
「学校事例3:『自分たちに何が出来るのか?』を考え、表現し、行動する
力を育む」福島県会津若松市立松長小学校

------------------------------------------------------------------
(3)助成事業報告:国際セミナー「災害時における海外NGOとのパートナー
シップ:東日本大震災から学ぶ」
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、公益財団法人日本国際交流センターが実施する
東日本大震災の復興支援に関する情報クリアリングハウスを日米共同で
構築しようとする3年間事業に助成をしています。
その一環として、日本国際交流センターが国際協力NGO センター(JANIC)、
ジャパン・プラットフォーム(JPF)との共催で実施した国際セミナーの
実施報告が同センターのホームページに掲載されています。詳細は、
以下リンクからご覧ください。

http://www.jcie.or.jp/japan/disaster/2013/NGOpartnership/

------------------------------------------------------------------
(4)助成事業報告:東西センター「アジア太平洋の災害対策と復興力を
テーマとしたジャーナリズムフェローシップ」
------------------------------------------------------------------
日米センターでは、東西センター(ハワイ)が実施する『アジア太平洋の
災害対策と復興力をテーマとしたジャーナリズムフェローシップ』に対して
助成を行っています。
本事業は、ジャーナリストが日米を含む災害経験国を訪問し、災害対策及び
復興に携わる関係者と会合を重ね、また災害被災地を訪問することで知見を
広げ、災害報道のあり方について見識を深めることを目的としています。

2年目を迎えた本事業は、2013年9月29日〜10月13日にかけて実施され、
ジャーナリスト12名が米国(ニューヨーク)、日本(東京及び宮城)、
中国(四川省)を訪問しました。

参加したジャーナリストたちは本事業を通じ、災害対策や被災地の現状に
ついて社会の認識をより高めることをも目指し、様々な記事を執筆して
います。以下その一部をご紹介いたします。

◆事業概要・参加者一覧へのリンク(英語)
http://www.eastwestcenter.org/seminars-and-journalism-fellowships/journalism-fellowships/disaster-management-and-resiliency

◆執筆記事へのリンク
(日本語)
石田麻菜「被災地から観光地に-公害の町がエコタウン-農村部と
格差拡大も・中国四川省」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013102000083

(英語)
Jen Poyant: Reporter caught in Hurricane Sandy looks to Asia for
comparisons

http://www.pri.org/stories/2013-10-28/reporter-caught-hurricane-sandy-looks-asia-comparisons

Margaret Wise: The fragility of life
http://www.fijitimes.com/story.aspx?id=251033

Deborah Zabarenko: Disasterology 1-8 (Blog)
http://blogs.reuters.com/environment/2013/10/

Jamie Morton: The New Zealand Herald five-part series http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11167681

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております →  CGPinfo@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

--------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除 
http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバー  http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ウェブマガジン
をちこちMagazine http://www.wochikochi.jp/

●─────────────────────────────────●
発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership 
〒160−0004 東京都新宿区四谷4−4−1
Tel:03−5369−6072  Fax:03−5369−6042  
http://www.jpf.go.jp/cgp/index.html
●─────────────────────────────────●


CGP NEWSLETTER メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344