本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

 

CGP Newsletter メール配信サービス Vol.179

CGPNEWSLETTER メール配信サービス
Vol.179
(2016年7月8日)
日米センター(CGP)の最新情報を、ご希望の方に対して電子メールでお知らせします(無料)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■
□■□      CGP Newsletter (Eメール版) Vol.179
■□■   発行:国際交流基金日米センター(CGP) 2016年7月8日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_/_/_/_/_/ 目次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

(1)エリオット・エイブラムス氏(外交問題評議会、CFR)講演会(7月20日・21日)
「日本社会の行方と条件(仮題)」(6月30日)

(2)日米文化教育交流会議(カルコン)報告:日米合同会議開催

-------------------------------------------------------------------
(1)エリオット・エイブラムス氏(外交問題評議会、CFR)講演会(7月20日・21日)
-------------------------------------------------------------------
日米センターは、米国の多様な知的コミュニティのリーダーと日本の研究者、政策関係者、
市民セクターなどとの交流・対話を通して、日米知識人のネットワーク形成を行う交流事業
を実施しています。

この度、ホワイトハウスで米国の外交政策を担った経験を持つ米国の外交問題評議会(CFR
中東研究担当シニアフェロー、エリオット・エイブラムス氏をお招きし、米大統選や国際構造の
変動など米国内外が変化する中での米国外交の展望をテーマとしたセミナーを京都と東京で
開催します。

【京都】
■日 時:7月20日(水) 16:40~18:15(16:15開場)
■会 場:同志社大学・今出川キャンパス 良心館 RY305教室
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」3番出口徒歩3分
■演 題:「2016米国大統領選挙と米国内政・外交の展望」
■言 語:英語・日本語(同時通訳有り)
■講演者:エリオット・エイブラムス氏
■モデレーター:阿川尚之氏(同志社大学特別客員教授)
■ディスカッサント:村田晃嗣氏(同志社大学法学部教授)
■共 催:同志社大学市民外交研究センター(DCCD
     同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR
     米国ユダヤ人協会(AJC

■申込み:氏名・所属(任意)を7月18日(月)までに以下の宛先までご連絡
ください。(入場無料・先着順)
E-mail:info@cismor.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

■参加申込・会場に関するお問い合わせ:
同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR
TEL:075-251-3972 E-mail:info@cismor.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
■講演会内容に関するお問い合わせ:
国際交流基金日米センター(CGP
TEL:03-5369-6072 E-mail:cgpc@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

◆京都講演会詳細
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/event/160720.html

【東京】
■日 時:7月21日(木) 18:30~20:00(18:00開場) 
■会 場:青山学院大学・総研ビル11階 第19会議室 
     http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html
     東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」徒歩5分
■演 題:「国際構造の変動と米外交政策」
■言 語:英語・日本語(同時通訳有り)
■講演者:エリオット・エイブラムス氏
■モデレーター:土山實男氏(青山学院大学国際政治経済学部教授)
■ディスカッサント:高木誠一郎氏(日本国際問題研究所研究顧問)
■共 催:青山学院大学国際交流共同研究センター(JRIPEC
      米国ユダヤ人協会(AJC

■申込み:氏名・所属(任意)を7月19日(火)までに以下の宛先までご連絡
ください。(入場無料・先着順)
E-mail:cgpc@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

■お問合せ先:国際交流基金日米センター(CGP)
TEL:03-5369-6072 E-mail:cgpc@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

◆東京講演会詳細
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/event/160721.html

◆日米センター「日米知識人交流事業」(過去の被招へい者)について
http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/intellectual/index.html

-------------------------------------------------------------------
(2)日米文化教育交流会議(カルコン)報告:第27回日米合同会議開催
-------------------------------------------------------------------

6月17日、東京において、日米文化教育交流会議(カルコン)第27回日米
合同会議が開催され、日本側委員長である加藤良三元駐米国大使、米国側
委員長であるハリー・A・ヒル株式会社オーク・ローン・マーケティング
代表取締役社長、キャロライン・ケネディ駐日米国大使の他、日米政府、
財界、学界等の代表からなる委員が出席しました。

会議の冒頭、安倍首相及びオバマ大統領のメッセージが読み上げられ、
続いて、5月に開催されたG7教育大臣会合の成果について、馳浩文部科学
大臣からのメッセージが読み上げられました。
また、日米の絆の強化に尽力してきたケネディ駐日米国大使のリーダー
シップを称え、同大使に対し「カルコン名誉委員」の称号が日米両委員長
より付与されました。

今回の会議では、教育交流、日本語教育、美術交流、知的・人的交流の
4分野を中心に、解決すべき課題とそれらへの対応策などが議論され、
そのとりまとめが共同声明として発出されています。

◆カルコン第27回合同会議の詳細について
http://www.jpf.go.jp/culcon/conference/27.html

◆カルコン第27回合同会議共同声明
(英文)
http://www.mofa.go.jp/files/000166364.pdf
(和文仮訳)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000166389.pdf

◆合同会議の模様の一部は、以下のリンクから視聴できます。
https://www.youtube.com/watch?v=GQhYTAaDcq4#

◆外務省プレスリリース
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003400.html

-------------------------------------------------------------------

●ご意見・ご感想をお待ちしております cgpinfo@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

-------------------------------------------------------------------

★メール配信の登録・変更・削除 
http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/index.html

★バックナンバー http://www.jpf.go.jp/cgp/info/nl/nllist.html

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ブログ
「地球を、開けよう。」http://thejapanfoundation.blogspot.jp/

★[関連サイト]ジャパンファウンデーション公式ウェブマガジン
をちこちMagazine http://www.wochikochi.jp/

●────────────────────────────────●
発行  国際交流基金日米センター(CGP
The Japan Foundation Center for Global Partnership
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
TEL:03-5369-6072  FAX:03-5369-6042
http://www.jpf.go.jp/cgp
●────────────────────────────────●


CGP NEWSLETTER メール配信サービスの購読はこちらへ→登録フォーム
Top
TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344