本文へ 日米センター(CGP)は日本とアメリカにて、助成、フェローシップ、ボランティア、人物交流、情報発信を行なっています。
国際交流基金 日米センター
CGP NY | 国際交流基金 | English | サイトマップ
トップページ
日米センターとは
公開イベント
団体で助成金をお探しの方へ
個人向け支援・ボランティアの機会をお探しの方へ
CGPの主要事業
情報室(刊行物、寄稿など)
Newsletter Eメール配信
コラムス
特別寄稿
スタッフ通信
書籍・報告書
アクセス
お問合せ
FAQ
更新履歴
日米センター公募助成プログラム
CULCON(カルコン) 日米文化教育交流会
メール配信サービス
コラムス
情報室(刊行物、寄稿など)

日米センター事業報告
平成21年度日米センター助成事業報告: 成果物が出版されました

日米センター事業報告

事業報告トップ>>

平成21年度日米センター助成事業報告: 成果物が出版されました

チラシ画像

Managing Urban Disaster Recovery: Policy, Planning, Concepts and Cases
Edited by Edward J. Blakely, Eugenie L. Birch, Roland V. Anglin and Haruo Hayashi
Crises Response Publications,
2011.
ISBN: 978-0-9570710-0-1

邦題(日米センターによる仮訳)「都市災害の復興マネジメント:政策、計画、コンセプト、事例」
編者: Edward Blakely シドニー大学英米研究科教授(前ニューオリンズ市復興局長)
林 春男 京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授
Roland Anglin ルトガース大学教授 Eugenia Birch ペンシルバニア大学教授

<助成事業概要>
(1) 事業名:ブックプロジェクト「災害復興のマネジング:国際政策とその実践」
(2) 助成対象期間:2009年12月1日〜2011年11月30日
(3) 事業概要:
Edward Blakely シドニー大学英米研究科教授(元米国ニューオリンズ市復興局長)をはじめとする日本、米国、オーストラリア等の災害復興・防災を専門とする研究者・実務者による、「災害復興マネジメント」をテーマに書籍を執筆するプロジェクト。阪神淡路大震災、ハリケーン・カトリーナ、スマトラ地震など近年被災したアジア太平洋各都市の事例を取り上げて災害復興計画づくり。執筆者・編集者のグループは、日本、米国、オーストラリアを訪問し、現地の災害専門家・関係者へのインタビューや本構想に関する意見交換ワークショップを実施。日米センターは、ジャパン・ソサエティー(米国ニューヨーク)が主催する日本およびオーストラリアでのワークショップにかかる経費を支援。

第1部 復興マネジメント(Managing Recovery
復興計画や協力・協働体制づくり

第2部 社会、文化、経済の復興(Social, Cultural and Economic Recovery) コミュニティのアイデンティティやソーシャル・キャピタルの回復
復興の経済学

第3部 物理的な復興(Physical Recovery
住宅やインフラの再建

第4部 結論(Conclusion

出版社ホームページ


TOKYO OFFICE
国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日米センター
160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
Tel (03)5369-6072 Fax (03)5369-6042
NEWYORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
1700 Broadway, 15F, New York, NY 10019, U.S.A
Tel (212)489-1255 Fax (212)489-1344