Grants Database For the year 2004

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2004
Search by Area: Click the map below.
worldmap Central & South America North America Oceania Europe East Asia Southeast Asia Middle East & Africa


EAST ASIA (14 projects)

CHINA

中日女性就業及び社会福祉制度の比較研究
Duration August 20 - 22, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国社会福祉教育協会 Research Center on Social Welfare, China Association for Social Work Education (CASWE) (China)
Descriptions 女性の就業問題を通し、日中の福祉制度の特徴と社会構造の変化の規律を比較分析する。
Project Director 劉 継同 Prof. Liu Ji Tong (中国社会福祉教育協会 China Association for Social Work Education)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
Project Outcome 『「中日における婦女就業と社会福祉制度の比較研究」国際シンポジウム論文集』.
アジア太平洋地域問題における中日協力についての調査研究
Duration May 5 - August 5, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国現代国際関係研究所 Division for Northeast Asian Studies, China Institute of Contemporary International Relations (China)
Descriptions アジア太平洋地域において、中国と日本はどういう分野で協力できるのか、協力の阻害要素及びそれを克服する方法について訪日調査を行い、研究報告をまとめる。
Project Director 楊 伯江 Prof. Yang Bojiang (中国現代国際関係研究所 China Institute of Contemporary International Relations)
Discipline Law, Political Science
世界の中の日本文化―自国文化との摩擦と融合
Duration September 21 - 24, 2004 (Conference)
Organization 中国社会科学院日本研究所 Institute of Japanese Studies, Chinese Academy of Social Sciences (China)
Descriptions 中国、日本、アメリカ、フランス、ロシア、韓国、マレーシア、ベトナムなど各国の日本研究機関の代表的な研究者を招聘し、各国の日本文化理解、日本イメージについて討議するシンポジウムを開催。
Project Director 孫 新 Prof. Sun Xin (中国社会科学院日本研究所 Institute of Japanese Studies, Chinese Academy of Social Sciences)
Discipline Interdisciplinary
日本近現代法体制の成立と外国法の継受
Duration October 10 - 15, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国政法大学比較法研究所 Institute of Comparative Law, China University of Politics and Law (China)
Descriptions 日本の西欧の法律継受に関し、近代化の過程での役割などの問題について、セミナー開催を含んだ共同研究。
Project Director 米 健 Prof. Mi Jian (中国政法大学 China University of Politics and Law)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『中国・ドイツ・日本法学シンポジウム論文集(上・下)』.
Chinese-German-Japanese Colloquium of Law.
日本イメージ、中国イメージの形成に関する日中共同研究
Duration November 27 - 28, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国社会科学院新聞伝播研究所 Journalism and Communication Research Center, Institute of Journalism and Communication, Chinese Academy of Social Sciences(China)
Descriptions 日本の中国報道と中国の日本報道の実情、中国のメディア改革とその方向、日本・中国における有識者の意識調査について調査研究をすすめ、研究報告会とシンポジウムを開催。
Project Director 劉 志明 Prof. Liu Zhiming (中国社会科学院 新聞伝播研究所 Institute of Journalism and Communication, Chinese Academy of Social Sciences)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
中国で翻刻された日本漢籍―「華刻本」の調査と研究―
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization 浙江大学 日本文化研究所 Institute of Japanese Culture Studies, Zhejiang University (China)
Descriptions これまでは中華思想に基づいた一方的な交流の象徴として「和刻本」の研究しかされてこなかったところ、中国で翻刻された日本漢籍「華刻本」について調査し、相互交流の観点から日中交流史を研究する。また、近代以降日本文化が中国へ逆輸入される過程で日本漢籍の果たした役割を新たに考察することで、留学生などの人的交流とともに書籍を介しての精神文明の交流実態を明らかにする。国文学研究資料館と東京大学史料編纂所が協力。成果物として「華刻本データベース」をインターネット上に公開する予定。
Project Director 王 勇 Prof. Wang Yong (浙江大学 Zhejiang University)
Discipline History
Project Outcome 『中国館蔵華刻本目録』. 2005.
グローバルガバナンス:中日協力の可能性について
Duration October 20 - 24, 2004 (Conference)
Organization 上海国際問題研究所 Shanghai Institute for International Studies (China)
Descriptions 「グローバルガバナンスの理論と東アジアの現状」「グローバルガバナンスと国連の改革」「中日両国の役割と協力の可能性」の3つのセッションに分けて会議を行うほか、佐藤行雄日本国際問題研究所所長による基調講演とJames P. Muldoon Jr.ニュージャージー州立ラトガーズ大学上級研究員による特別講演を実施する。日本からの参加者は他に田中明彦東京大学東洋文化研究所長、福島安紀子総合研究開発機構主席研究員を予定している。
Project Director 陳 鴻斌 Prof. Chen Hongbin (上海国際問題研究所 Shanghai Institute for International Studies)
Discipline Law, Political Science

KOREA

日韓次世代学術フォーラム国際学術大会
Duration May 20 - 24, 2004 (Conference)
Organization 東西大学校 The Japan Center, Dongseo University (Korea)
Descriptions 日韓の20~30代の大学院生を含む若手研究者が、政治、経済、社会など各分科会で研究発表および討議を実施。
Project Director 張 済国 Prof. Chang Jekuk (東西大学校 Dongseo University)
Discipline Interdisciplinary
韓日FTA後の産業競争力及び企業文化の比較研究
Duration August 29 - 30, 2004 (Joint-Research, Conference)
Organization 韓日経商学会 The Korean-Japanese Economics & Management Association (Korea)
Descriptions 日韓のFTA(自由貿易協定)協議に先立ち、日韓企業文化の変化までを視野にいれた実践的な共同研究を実施。
Project Director 金 都亨 Prof. Kim Dohyung (啓明大学校 Keimyung University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『文集:テーマ「韓日FTAと産業競争力」』.
日本文化研究叢書刊行事業
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization 東アジア日本学会 The Committee of the Publishment of Japanology's Series, The Association of Japanology in East Asia (Korea)
Descriptions 東アジア日本学会に所属する韓国人日本研究者による、韓国語の日本文学関連の叢書刊行事業。
Project Director 林 鍾碩 Prof. Im Jong-suk (忠南大学校 Chungnam National University)
Discipline Interdisciplinary
日本学研究における「境界」
Duration July 8 - 10, 2004 (Conference)
Organization 大韓日語日文学会 連合会運営委員会 The Japanese Language and Literature Society of Korea (Korea)
Descriptions 日本語学、文学、思想、歴史、民俗などの分野で活躍する日本人研究者を招聘してシンポジウムを実施。
Project Director Prof. 柳 教烈 (韓国海洋大学校)
Discipline Interdisciplinary
Project Outcome 『韓国日本学連合会 第2回国際学術大会 Proceedings』.
北東アジア地域協力体制樹立の理論・現実・戦略:日韓協力の観点から
Duration December 20 - 24, 2004 (Joint-Research)
Organization 国民大学校 日本学研究所 Institute of Japanese Studies, Koomin University (Korea)
Descriptions 安全保障と経済関係の2つの分野を中心に、北東アジア協力体制構想に関する分析を行う。日韓協力の具体的な方策を示すことを目的とする日韓の若手研究者による共同研究。ワークショップや国際会議を通じて議論を深めて成果を共有するとともに、最終的には単行本を刊行予定。
Project Director 韓 敬九 Prof. Han Kyung-koo (国民大学校日本学研究所 Institute of Japanese Studies, Koomin University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 韓 相一, 金 栄作 他.『日本型システム―危機と変化』. イルジョガク社, 2005. ISBN 89-337-0475-2
Transition: Implications for the Future.
『国民大学校日本学研究所国際学術会議「東北アジア地域協力体樹立の理論、現実、戦略:韓中日協力の観点から」』.
21世紀日韓の政治環境の変化と政治制度的対応の比較分析
Duration November 5 - 8, 2004 (Joint-Research)
Organization 韓国政治学会 日韓学術交流協力特別委員会 Korea-Japan Exchange Committee of KPSA, The Korean Political Science Association (KPSA) (Korea)
Descriptions 日韓の相互理解と協調関係を深めるため、両国の政治環境や政策の決定プロセスの状況等に関する比較研究を実施するもの。政党システムや政治エリート、地方分権、市民社会、安全保障政策環境などを取り上げる。成果は国際会議で発表するとともに出版予定。本事業は日本政治学会との共同プロジェクト。
Project Director 金 浩燮 Prof. Kim Hosup (中央大学 Chung-Ang University)
Discipline Law, Political Science
東アジア国際秩序と日本:過去、現在、未来
Duration January 10 - 12, 2005 (Joint-Research)
Organization 現代日本学会 The Korean Association of Japanese Studies (Korea)
Descriptions 東アジアの国際秩序を日本を中心に据えて総合的に検証する共同研究。安全保障、経済協力、日本国内政治等の観点から、戦争と平和の条件を分析し、変革期を迎えた東アジアにおける日本の役割の究明を目的とする。日韓の研究者によるワークショップおよび国際会議を実施。研究成果を出版予定。
Project Director 金 基石 Prof. Kim Kee Seok (江原大学 Kangwon National University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『東アジア国際秩序と日本:過去、現在そして未来』.

SOUTHEAST ASIA (4 projects)

INDONESIA

Toward the Better Future of Japan and ASEAN Cultures
Duration December 6 - 8, 2004 (Seminar)
Organization Faculty of Language and Arts, Surabaya State University (Indonesia)
Descriptions 日本、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、タイから各分野の専門家を招聘し、ASEANと日本の今後の協調関係について文化・言語・文学の観点から討議する国際学術セミナーを開催。
Project Director Prof. Abbas A. Badib (Surabaya State University)
Discipline Interdisciplinary
グローバル化の中での沖縄とアジア-サスティナブルな市民社会のネットワーク構築に向けて
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization Center for Japanese Studies, University of Indonesia (Indonesia)
Descriptions グローバリゼーションの影響のなかでの沖縄とアジアの継続的な関係のあり方を探るため、日本、インドネシアおよびタイの日本研究者が参加して共同研究を実施。
Project Director Prof. Dr. Satya Arinanto (University of Indonesia)
Discipline Law, Political Science

THAILAND

International Conference on "Japan's Policy and Contributions to Security Issues in Southeast Asia"
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Conference)
Organization Institute of East Asian Studies, Thammasat University (Thailand)
Descriptions 9.11以降の東南アジアにおける日本の安全保障政策に関し、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、中国、韓国等の日本政治研究者が討議を実施。
Project Director Ms. Siriporn Wajjwalku (Institute of East Asian Studies, Thammasat University)
Discipline Law, Political Science

VIET NAM

Vietnam-Japan Relations: Past, Present, and Future
Duration September 13 - 14, 2004 (Joint-Research)
Organization Center for Japan Studies, National Center for Social Sciences and Humanitites (Viet Nam)
Descriptions 日越関係について、経済、政治、外交、安全保障、文化、観光など幅広い視点から検証し、今後の展望と課題についての共同研究およびセミナーを開催。
Project Director Prof. Duong Phu Hiep (National Center for Social Sciences and Humanitites)
Discipline Interdisciplinary

OCEANIA (1 project)

AUSTRALIA

Build It and They Will Come: The First Anniversary of Law Schools in Japan
Duration February 21, 2005 (Conference)
Organization Asian Law Centre, Melbourne Law School, The University of Melbourne (Australia)
Descriptions 日本の法科大学院制度が2004年4月に開始されて、約1年が経過した時点での改革の現状と課題に関し、様々な立場の専門家を招いての会議を開催。
Project Director Mr. Stacey Steele (The University of Melbourne)
Discipline Law, Political Science

NORTH AMERICA (6 projects)

CANADA

Japan Studies Association of Canada 18th Annual Conference
Duration October 15 - 17, 2004 (Conference)
Organization Japan Studies Association of Canada (Canada)
Descriptions 日加関係について講演会・各種パネルディスカッションを実施。
Project Director Dr. Joseph F. Kess (University of Victoria)
Discipline Interdisciplinary
Project Outcome Japan Studies Association of Canada Conference. 2004.
Canadian Asian Studies Association 2004 Conference
Duration October 7 - 10, 2004 (Conference)
Organization The CASA 2004 Conference Program Committee, Canadian Asian Studies Association (Canada)
Descriptions 「緊張状態と連携」を統一テーマに、日本とアジアの国際関係を重点的に取り上げ、講演および日本関連のパネルディスカッションを実施。
Project Director Prof. Satoshi Ikeda (University of Alberta)
Discipline Interdisciplinary

U.S.A.

The Tale of Genji in Japan and the World: Cultural Authority, Gender, Media, and Popular Culture
Duration March 25 - 26, 2005 (Conference)
Organization Donald Keene Center of Japanese Culture, The Trustees of Columbia University (U.S.A.)
Descriptions 文学、歴史、美術史、文化学といった分野の専門家が参加し、源氏物語が時代を越えて日本文化の中で果たした役割について考察するシンポジウムを実施。
Project Director Prof. Haruo Shirane (The Trustees of Columbia University)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Project Outcome 『「源氏物語」社会的幻想・文化生産』.2005.
Shirane, Haruo. The Tale of Genji in Japan and the World: Social Imaginary, Media and Cultural Production. 2005.
In Godzilla's Footsteps: Japan Pop Culture Icons on the Global Stage
Duration October 28 - 30, 2004 (Conference)
Organization Center for East Asian Studies, University of Kansas (U.S.A.)
Descriptions 日本のポップカルチャーのグローバル化の象徴となっている「ゴジラ」をメインテーマにしたシンポジウムを開催。
Project Director Dr. William M. Tsutsui (University of Kansas)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
The T-3 Workshops Project
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Workshop)
Organization The North American Coordinating Council on Japanese Library Resources (U.S.A.)
Descriptions 日本関連電子情報の需要が急速に高まっていることを受け、日本特有の様式で構築されたデータベース等電子情報の活用といった専門技術を身に付けた日本研究資料専門司書を育成するトレーニングワークショップ。
Project Director Ms. Victoria Lyon Bestor (The North American Coordinating Council on Japanese Library Resources)
Discipline Interdisciplinary
Translations and Transformations: The Heike Monogatari in Noh
Duration March 25 - 27, 2005 (Conference)
Organization Asian and Near Eastern Languages and Literatures, Washington University in St. Louis (U.S.A.)
Descriptions 文学、演劇、歴史、音楽といった各分野における平家物語及び能楽に関する研究者が参加し、翻訳をテーマとした5セッションと、批評をテーマとした10セッションを実施。
Project Director Prof. Elizabeth Oyler (Washington University in St. Louis)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Project Outcome 『翻訳と変換:能楽における平家物語』. 2005.
Translations and Transformations: The Heike Monogatari in No (Japanese Texts, Abstracts and Translations). 2005.

CENTRAL & SOUTH AMERICA (4 projects)

BRAZIL

第15回全伯日本語・日本文学・日本文化学会
Duration September 2 - 3, 2004 (Seminar, Workshop)
Organization Japanese Letters, Department of Oriental and Slavic Languages, Faculty of Letters, Federal University of Rio de Janeiro (Brazil)
Descriptions ブラジル全土における、日本語・日本文学・日本文化の分野で研究教育活動に携わる大学レベルの研究者、教育者及び学生を対象として、研究発表、議論及び情報交換の場を提供することを目的とし、「日本語―理論と実践」をテーマに、講演・ワークショップ・研究発表を実施。
Project Director Prof. Sonia Regina L. Ninomiya (Faculty of Letters, Federal University of Rio de Janeiro)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Project Outcome Anais Do XV Encontro Nacional de Professores Universitarios de Lingua, Literatura e Cuotura Japonesa 2004.
Publication of Papers on Japanese Studies Year 2004
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization Center for Japanese Studies, University of São Paulo (Brazil)
Descriptions 申請機関は日本語・日本文学の修士課程を設置する同国内の拠点的機関。本件は、ポルトガル語で編まれた唯一の日本研究専門の論文集を出版し、もって同国内での研究の普及や深化、新たな展開を目指す事業。言語、文学、美術、歴史、政治、経済といった分野に加え、日系文化研究といった広義の日本研究も対象とする。また、今回からは、同機関で関連セミナーも併せて実施し、その成果についても掲載する予定。
Project Director Dr. Koichi Mori (University of São Paulo)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

CUBA

"Cuba-Japan: A Framework for Direct Communication" 8th International Workshop
Duration October 6 - 8, 2004 (Seminar, Workshop)
Organization Japanese Studies Division, Center for Studies on Asia and Oceania (Cuba)
Descriptions 過去と現在の二国間関係、相互協力の範囲と実施、異文化間の繋がり、といった点から、両国の直接交流のための枠組みについて議論するセッションを開催。
Project Director Dr. Jesus Aise Sotolongo (Center for Studies on Asia and Oceania)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『第8回国際ワークショップ「キューバ・日本直接対話の枠組み」キューバ・日本外交関係75周年記念』. 2005.
8 vo. Taller Internacional Cuba-Japon "Un Marco Para la Comunicacion Directa" 75 Anos de Relaciones Diplomaticas. 2005.

MEXICO

The 40th Anniversary Japanese Culture Forum at El Colegio de México
Duration November 1 - 15, 2004 (Conference)
Organization Center for Asian and African Studies, El Colegio de México (Mexico)
Descriptions 日本コースが設置されているアジア・アフリカ研究センターの設立40周年行事の一環として、日本文化フォーラムを実施。
Project Director Dr. Juan Jose Ramirez (El Colegio de México)
Discipline Interdisciplinary
Project Outcome Memorias Foro Cultural Mexico-Japon. 2005.

EUROPE (8 projects)

EUROPE

15th Annual Conference of the European Association of Japanese Resource Specialists (EAJRS)
Duration September 22 - 25, 2004 (Conference)
Organization European Association of Japanese Resource Specialists
Descriptions 日本資料専門家欧州協会は、欧州日本研究協会(EAJS)と共に全欧州的組織であり、日本関係資料・情報の流通、図書館の情報交換、ネットワーク拡充の役割を果たしている。年次会議では日本関連資料を扱う研究者・司書・博物館学芸員が研究発表と情報交換を行う。今回は、最近日本研究学位の授与が開始されたスペインにある資料を中心とした「日本とスペイン:日本研究資料」と題した特別ワークショップを開催する。
Project Director Prof. Willy Vande Walle (Catholic University of Leuven)
Discipline Interdisciplinary

ARMENIA

Armenia-Japan Policy, Economy, Culture (1988-2003)
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization Division for Asian Countries, Institute of Oriental Studies of National Academy of Sciences of Armenia (Armenia)
Descriptions 1988年から2003年までのアルメニアと日本の関係について政治、経済、文化、交流史等の側面から研究し、将来のアルメニア-日本関係の方向性を探る。
Project Director Prof. Rouben Karapetian (Institute of Oriental Studies of National Academy of Sciences of Armenia)
Discipline Interdisciplinary

CZECH REPUBLIC

European Network of Japanese Art Collections - ENJAC
Duration September 6 - 9, 2004 (Conference)
Organization Collection of Oriental Art, The National Gallery in Prague (Czech Republic)
Descriptions 欧州各国から日本の美術・工芸に関する専門家が集まり、各国美術館、博物館におけるコレクションの現状、展示、研究、鑑定、保管協力体制、研究・展示事業等の情報収集のための所蔵品データベースク構築に関する会議を実施。
Project Director Ms. Helena Honcoopov (The National Gallery in Prague)
Discipline Arts

FRANCE

6th Biennial Conference of the French Association of Japanese Studies (SFEJ)
Duration December 17 - 19, 2004 (Conference)
Organization French Association of Japanese Studies (France)
Descriptions 隔年で行なっている大会議をストラスブール第2大学、アルザス日本学研究所と共催。言語学、文学、社会学、経済学など各分野の分科会に加え、「日本の美術と宗教儀式にみる身体表現」と題した特別セッションで松岡心平東京大学教授が基調講演を行なう。二宮正之元ジュネーブ大学教授による特別講演と年次総会も併せて開催される。各発表および講演は、書籍として出版する。
Project Director Prof. Cecile Sakai (University of Paris 7)
Discipline Interdisciplinary
Project Outcome Actes du Deuxieme Colloque d'Etudes Japonaises de l'Universite Marc Bloch. 2004. ISBN 2-9523367-0-9
Centre Europeen d'Etudes Japonaises d'Alsace Cahiers, No. 1. ISBN 2-9523367-1-7

GERMANY

New Gender Constracts in Literature, the Visual and the Performing Arts of China and Japan
Duration October 26 - 30, 2004 (Conference)
Organization East Asian Department, Institute of Art History, University of Heidelberg (Germany)
Descriptions 19世紀後半から1930年代までの日本と中国でのジェンダーの確立に欧米が与えた影響および演劇、映画、文学など主に表象文化での女性像・男性像に関する会議を実施。
Project Director Dr. Doris Ledderose Croissant (University of Heidelberg)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
シンポジウム「中世:多極と分権の時代―日本では?そして西欧では?」
Duration September 22 - 24, 2004 (Conference)
Organization Institute of Japanese Studies, University of Bonn (Germany)
Descriptions 日本と欧州の中世に関して、地方分権という観点から研究発表と討論を実施。
Project Director Dr. Detlev Taranczewski (University of Bonn)
Discipline History

SWEDEN

The 6th Symposium of Nordic Association for Japanese and Korean Studies (NAJAKS) "Changes and Continuities: Nordic Researches on Japan and Korea"
Duration August 20 - 22, 2004 (Conference)
Organization Japanese Section, Department of Oriental and African Language, Göteborg University (Sweden)
Descriptions 北欧の日本研究者を中心に、文学、言語学、政治、歴史など6分野の分科会からなる会議を実施。
Project Director Prof. Noriko Thunman (Göteborg University)
Discipline Interdisciplinary

U.K.

British Association for Japanese Studies Conference (within Joint East Asian Studies Event)
Duration September 6 - 8, 2004 (Conference)
Organization British Association for Japanese Studies (U.K.)
Descriptions 英国中国研究協会、韓国研究協会と3年に一度共催している東アジア研究共同会議の一部として、年次総会を9月上旬にリーズ大学で開催する。「東アジアのダイナミズム・現在と過去」と題し、様々な分野のパネルが設置される。基調講演者として一橋大学斎藤修教授を招聘。
Project Director Dr. Janet Hunter (London School of Economics)
Discipline Interdisciplinary

MIDDLE EAST & AFRICA (2 project)

EGYPT

Recent Changes in the Japanese Political System
Duration September 26 - 30, 2004 (Joint-Research)
Organization Faculty of Economics of Political Science, Cairo University (Egypt)
Descriptions エジプト、クウェート、アラブ首長国連邦の研究者の参加により、最近の日本の政治構造の変化に関する共同研究を行なう。会議での討論の後、研究成果の出版を予定している。
Project Director Prof. Gaber Awad (Faculty of Economics of Political Science, Cairo University)
Discipline Law, Political Science

TURKEY

現代日本社会に関する集中講義ならびに講演会
Duration October 31 - November 6, 2004 (Seminar, Workshop)
Organization Japanese Language Education Department, Faculty of Education, Canakkale Onsekiz Mart University (Turkey)
Descriptions 日本語専攻の学部生に対し、現代の日本社会に関する集中講義および講演会を実施。
Project Director Prof. Yukiko Kondo (Canakkale Onsekiz Mart University)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences

Page Top