Grants Database For the year 2004: History

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2004
Select from the pulldown menu.

HISTORY (2 projects)

中国で翻刻された日本漢籍―「華刻本」の調査と研究―
Duration 2004/04/01-2005/03/31 (Joint-Research)
Organization 浙江大学 日本文化研究所 Institute of Japanese Culture Studies, Zhejiang University (China)
Descriptions これまでは中華思想に基づいた一方的な交流の象徴として「和刻本」の研究しかされてこなかったところ、中国で翻刻された日本漢籍「華刻本」について調査し、相互交流の観点から日中交流史を研究する。また、近代以降日本文化が中国へ逆輸入される過程で日本漢籍の果たした役割を新たに考察することで、留学生などの人的交流とともに書籍を介しての精神文明の交流実態を明らかにする。国文学研究資料館と東京大学史料編纂所が協力。成果物として「華刻本データベース」をインターネット上に公開する予定。
Project Director 王 勇 Prof. Wang Yong (浙江大学 Zhejiang University)
Discipline History
Project Outcome 『中国館蔵華刻本目録』. 2005.
シンポジウム「中世:多極と分権の時代―日本では?そして西欧では?」
Duration 2004/09/22-2004/09/24 (Conference)
Organization Institute of Japanese Studies, University of Bonn (Germany)
Descriptions 日本と欧州の中世に関して、地方分権という観点から研究発表と討論を実施。
Project Director Dr. Detlev Taranczewski (University of Bonn)
Discipline History

Page Top