Grants Database For the year 2004: LAW, POLITICAL SCIENCES

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2004
Select from the pulldown menu.

LAW, POLITICAL SCIENCES (12 projects)

アジア太平洋地域問題における中日協力についての調査研究
Duration May 5 - August 5, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国現代国際関係研究所 Division for Northeast Asian Studies, China Institute of Contemporary International Relations (China)
Descriptions アジア太平洋地域において、中国と日本はどういう分野で協力できるのか、協力の阻害要素及びそれを克服する方法について訪日調査を行い、研究報告をまとめる。
Project Director 楊 伯江 Prof. Yang Bojiang (中国現代国際関係研究所 China Institute of Contemporary International Relations)
Discipline Law, Political Science
日本近現代法体制の成立と外国法の継受
Duration October 10 - 15, 2004 (Joint-Research)
Organization 中国政法大学比較法研究所 Institute of Comparative Law, China University of Politics and Law (China)
Descriptions 日本の西欧の法律継受に関し、近代化の過程での役割などの問題について、セミナー開催を含んだ共同研究。
Project Director 米 健 Prof. Mi Jian (中国政法大学 China University of Politics and Law)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『中国・ドイツ・日本法学シンポジウム論文集(上・下)』.
Chinese-German-Japanese Colloquium of Law.
グローバルガバナンス:中日協力の可能性について
Duration October 20 - 24, 2004 (Conference)
Organization 上海国際問題研究所 Shanghai Institute for International Studies (China)
Descriptions 「グローバルガバナンスの理論と東アジアの現状」「グローバルガバナンスと国連の改革」「中日両国の役割と協力の可能性」の3つのセッションに分けて会議を行うほか、佐藤行雄日本国際問題研究所所長による基調講演とJames P. Muldoon Jr.ニュージャージー州立ラトガーズ大学上級研究員による特別講演を実施する。日本からの参加者は他に田中明彦東京大学東洋文化研究所長、福島安紀子総合研究開発機構主席研究員を予定している。
Project Director 陳 鴻斌 Prof. Chen Hongbin (上海国際問題研究所 Shanghai Institute for International Studies)
Discipline Law, Political Science
韓日FTA後の産業競争力及び企業文化の比較研究
Duration August 29 - 30, 2004 (Joint-Research, Conference)
Organization 韓日経商学会 The Korean-Japanese Economics & Management Association (Korea)
Descriptions 日韓のFTA(自由貿易協定)協議に先立ち、日韓企業文化の変化までを視野にいれた実践的な共同研究を実施。
Project Director 金 都亨 Prof. Kim Dohyung (啓明大学校 Keimyung University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『文集:テーマ「韓日FTAと産業競争力」』.
北東アジア地域協力体制樹立の理論・現実・戦略:日韓協力の観点から
Duration December 20 - 24, 2004 (Joint-Research)
Organization 国民大学校 日本学研究所 Institute of Japanese Studies, Koomin University (Korea)
Descriptions 安全保障と経済関係の2つの分野を中心に、北東アジア協力体制構想に関する分析を行う。日韓協力の具体的な方策を示すことを目的とする日韓の若手研究者による共同研究。ワークショップや国際会議を通じて議論を深めて成果を共有するとともに、最終的には単行本を刊行予定。
Project Director 韓 敬九 Prof. Han Kyung-koo (国民大学校日本学研究所 Institute of Japanese Studies, Koomin University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 韓 相一, 金 栄作 他.『日本型システム―危機と変化』. イルジョガク社, 2005. ISBN 89-337-0475-2
Transition: Implications for the Future.
『国民大学校日本学研究所国際学術会議「東北アジア地域協力体樹立の理論、現実、戦略:韓中日協力の観点から」』.
21世紀日韓の政治環境の変化と政治制度的対応の比較分析
Duration November 5 - 8, 2004 (Joint-Research)
Organization 韓国政治学会 日韓学術交流協力特別委員会 Korea-Japan Exchange Committee of KPSA, The Korean Political Science Association (KPSA) (Korea)
Descriptions 日韓の相互理解と協調関係を深めるため、両国の政治環境や政策の決定プロセスの状況等に関する比較研究を実施するもの。政党システムや政治エリート、地方分権、市民社会、安全保障政策環境などを取り上げる。成果は国際会議で発表するとともに出版予定。本事業は日本政治学会との共同プロジェクト。
Project Director 金 浩燮 Prof. Kim Hosup (中央大学 Chung-Ang University)
Discipline Law, Political Science
東アジア国際秩序と日本:過去、現在、未来
Duration January 10 - 12, 2005 (Joint-Research)
Organization 現代日本学会 The Korean Association of Japanese Studies (Korea)
Descriptions 東アジアの国際秩序を日本を中心に据えて総合的に検証する共同研究。安全保障、経済協力、日本国内政治等の観点から、戦争と平和の条件を分析し、変革期を迎えた東アジアにおける日本の役割の究明を目的とする。日韓の研究者によるワークショップおよび国際会議を実施。研究成果を出版予定。
Project Director 金 基石 Prof. Kim Kee Seok (江原大学 Kangwon National University)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『東アジア国際秩序と日本:過去、現在そして未来』.
グローバル化の中での沖縄とアジア-サスティナブルな市民社会のネットワーク構築に向けて
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Joint-Research)
Organization Center for Japanese Studies, University of Indonesia (Indonesia)
Descriptions グローバリゼーションの影響のなかでの沖縄とアジアの継続的な関係のあり方を探るため、日本、インドネシアおよびタイの日本研究者が参加して共同研究を実施。
Project Director Prof. Dr. Satya Arinanto (University of Indonesia)
Discipline Law, Political Science
International Conference on "Japan's Policy and Contributions to Security Issues in Southeast Asia"
Duration April 1, 2004 - March 31, 2005 (Conference)
Organization Institute of East Asian Studies, Thammasat University (Thailand)
Descriptions 9.11以降の東南アジアにおける日本の安全保障政策に関し、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、中国、韓国等の日本政治研究者が討議を実施。
Project Director Ms. Siriporn Wajjwalku (Institute of East Asian Studies, Thammasat University)
Discipline Law, Political Science
Build It and They Will Come: The First Anniversary of Law Schools in Japan
Duration February 21, 2005 (Conference)
Organization Asian Law Centre, Melbourne Law School, The University of Melbourne (Australia)
Descriptions 日本の法科大学院制度が2004年4月に開始されて、約1年が経過した時点での改革の現状と課題に関し、様々な立場の専門家を招いての会議を開催。
Project Director Mr. Stacey Steele (The University of Melbourne)
Discipline Law, Political Science
"Cuba-Japan: A Framework for Direct Communication" 8th International Workshop
Duration October 6 - 8, 2004 (Seminar, Workshop)
Organization Japanese Studies Division, Center for Studies on Asia and Oceania (Cuba)
Descriptions 過去と現在の二国間関係、相互協力の範囲と実施、異文化間の繋がり、といった点から、両国の直接交流のための枠組みについて議論するセッションを開催。
Project Director Dr. Jesus Aise Sotolongo (Center for Studies on Asia and Oceania)
Discipline Law, Political Science
Project Outcome 『第8回国際ワークショップ「キューバ・日本直接対話の枠組み」キューバ・日本外交関係75周年記念』. 2005.
8 vo. Taller Internacional Cuba-Japon "Un Marco Para la Comunicacion Directa" 75 Anos de Relaciones Diplomaticas. 2005.
Recent Changes in the Japanese Political System
Duration September 26 - 30, 2004 (Joint-Research)
Organization Faculty of Economics of Political Science, Cairo University (Egypt)
Descriptions エジプト、クウェート、アラブ首長国連邦の研究者の参加により、最近の日本の政治構造の変化に関する共同研究を行なう。会議での討論の後、研究成果の出版を予定している。
Project Director Prof. Gaber Awad (Faculty of Economics of Political Science, Cairo University)
Discipline Law, Political Science

Page Top