Grants Database For the year 2005

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2005
Search by Area: Click the map below.
worldmap Central & South America North America Oceania Europe Middle East & Africa East Asia Southeast Asia South Asia


EAST ASIA (15 projects)

CHINA

中日民間交流と東アジア地域協力-戦後60周年日本研究シンポジウム
Duration September 13 - 15, 2005 (Conference)
Organization 遼寧大学日本研究所 The Institute of Japan Studies, Liaoning University (China)
Descriptions 「民間交流」と「東アジア地域協力」をテーマとし、戦後60年間の回顧を元に、今後の発展方向を模索するシンポジウムを開催する。
Project Director Prof. Xu Ping 徐 平 (Director)
Discipline Law, Political Sciences
戦後日本六十年国際シンポジウム
Duration September 24 - 28, 2005 (Conference)
Organization 東北師範大学日本研究所 Institute for Japanese Studies, Northeast Normal University (China)
Descriptions 日本が、実際の国際貢献に比して、相応の評価を得ていないとし、そこを出発点として日本のあるべき国家像を考える会議を実施する。
Project Director Prof. Shang Xia 尚 侠 (Director)
Discipline Law, Political Sciences
国際シンポジウム-日本明治哲学思想と中国近代哲学変容の関わり-
Duration August 6 - 7, 2005 (Conference)
Organization 中華日本哲学会 Chinese Society for Studing Japanese Philosophies (China)
Descriptions 明治日本哲学思想の特徴と価値を理解し、また20世紀初期に西洋哲学が日本を通して中国に伝えられたことに注目することで、中国近代哲学における日本哲学の影響を検討するため、日本・韓国・中国の哲学・思想研究者を集めて、2005年8月に吉林省延吉市において国際シンポジウムを開催する。
Project Director Mr. Xu Shui Sheng 徐 水生 (Vice Chairperson)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Sho-so-in and the China-Japan Cultural Exchange: International Academic Seminar
Duration October 8 - 15, 2005 (Conference)
Organization 復旦大学歴史学部 History Department, Fudan University (China)
Descriptions 中国や中央アジアからの収蔵品も多く含む正倉院について、中国国内にあるゆかりの各地で会議を行う。CCTV(中央電視台)と協力して既に3年にわたる撮影をしており、ドキュメンタリー番組として放送の予定。
Project Director Prof. Han Sheng 韓 昇 (Professor)
Discipline History
国際シンポジウム「中日近代企業家の文化事業と社会事業-張謇と渋沢榮一との比較研究」
Duration May 21 - 24, 2005 (Seminar)
Organization 張謇研究センター幹部会 Executive Committee, Center for the Study of Zhang Jian (China)
Descriptions 張謇と渋沢栄一という近代中日両国の代表的企業家の文化事業・社会事業に対する実践と支援の経験を研究することによって共生社会の構築、文化伝統の維持、自然環境の保護など、日本の今日的課題の解決に寄与することを目的としたシンポジウムを開催する。
Project Director Ms. You Shi Wei 尤 世■(王+韋) (Vice President)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
中国人が描いた日本図の蒐集と研究
Duration April 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization 浙江工商大学日本語言文化学院 College of Japanese Language and Culture, Zhejiang Gongshang University (China)
Descriptions 民国時期(1911年)以前に中国人が描いた日本図を中国と日本の図書館で蒐集・研究し、地図に見る中国人の対日認識の私的変遷を明らかにする。
Project Director Mr. Wang Bao Ping 王 宝平 (Vice Director, President)
Discipline History
社会的責任投資研究:日本、中国、韓国の比較
Duration April 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization 中国社会科学院世界経済と政治研究所 Institute of World Economics and Politics, Chinese Academy of Social Sciences (IWEP CASS) (China)
Descriptions 社会的責任投資の導入が比較的進んでいる欧米・日本の経験を参考にしながら、中国と韓国において社会的責任投資を定着させるための課題を分析し、可能性を探る共同研究。中国・日本・韓国の研究者・官僚・財界人が参加し、共同研究・共同調査・座談会を行って、研究報告書にまとめる。
Project Director Prof. Yong Ding Yu 余 永定 (Director)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
中日国際会議「戦後60年の中日関係-その展望と課題」
Duration October 6 - 7, 2005 (Conference)
Organization 清華大学日本研究センター Center for Japanese Studies, Tsinghua University (China)
Descriptions 中国及び日本から、それぞれ8-10名の講演者を招き、研究者・学生を対象に、戦後60年の日中関係について講演を行う。2005年10月に北京で開催する。
Project Director Prof. Liu Jiang Yong (Vice Director)
Discipline Law, Political Sciences
広州日本語学国際シンポジウム
Duration October 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization 広東外語外貿大学東方語言文化学院 Gunagdong University of Foreign Studies (China)
Descriptions 中国・日本・韓国の研究者による日本語学国際シンポジウムを、2005年12月に広州で開催する。日本・韓国の一流の日本語学研究者を中国に招聘して、高いレベルの研究交流を行うとともに、研究発表の機会が少ない中国の日本言語文化学・日本語教育学の若手研究者に研究発表の機会を与え、若手研究者の育成を図る。
Project Director Ms. Xu Luo Sha 許 羅莎 (Associate Professor)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

KOREA

「日本学研究と東アジア」-東北亜文化共同性の可能性
Duration July 8 - 9, 2005 (Conference)
Organization 韓国日本語文学会 韓国日本学連合会運営委員会 The Japanese Language and Literature Association of Korea (Korea)
Descriptions 韓国の5つの有力な日本学研究学会が連合して結成された韓国日本研究・知的交流部連合会による会議の第三回目。新しい日本研究のネットワーク作り・日本学研究における「東アジアの文化共同体性」を考察する。
Project Director Dr. Lee Do Yeol 李 道烈 (Project Director)
Discipline Interdisciplinary
国際学術シンポジウム「日本大衆文化の開放、その以後」
Duration September 17, 2005 (Conference)
Organization 全南大学校日本文化研究センター 企画委員会 Research Center for Japanese Studies, Chonnam National University (Korea)
Descriptions 1998年の韓国における日本文化の解禁が両国の関係にどう寄与したのかをプラスとマイナス両方の側面から検証し、これからの日韓文化交流のあり方を考察することで両国関係の望ましい未来像を導き出す。また、日韓両国の国交正常化40周年の意味を文化的な面で振り返る。日韓両国から7名の研究者を招聘し、シンポジウムを行い、成果を論文集にまとめ、関連研究者や政府政策担当者、メディアと共有する。
Project Director Prof. Kim Soon Jean 金 貞禮 (Director, Professor)
Discipline Law, Political Sciences
日本福祉体系改革の政治経済:韓国への示唆点
Duration December 1 - 2, 2005 (Conference)
Organization 世宗研究所日本研究センター The Sejong Institute Japan Center (Korea)
Descriptions 日本の年金制度改革の背景と過程を戦後日本の福祉制度史という相対的視点で考察し、現在韓国で争点とされている福祉改革に対する示唆点を探すというもの。年金制度、老人福祉、労働福祉という3つの観点から検証する。同時に西洋における東アジア福祉体系の位置付けを再度検証し、西洋福祉体系と東アジア福祉体系の比較も行う。研究結果は本として刊行される。
Project Director Dr. Lee Mian Yu 李 勉雨 (研究委員)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
他者と文化表象-高麗大学校附設日本学研究センター第6回国際学術シンポジウム
Duration November 19, 2005 (Conference)
Organization 高麗大学校附設日本学研究センター Research Center of Japanese Studies, Korea University (Korea)
Descriptions 高麗大学日本研究所の第6回シンポジウム。日本文学、韓国文学を専門とする日韓の研究者が、それぞれの国の文学に描かれた他者像を明らかにすることにより、日韓相互認識の問題について検討する。
Project Director Prof. Kim Choon Mie 金 春美(Director)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
近・現代の「日本的価値」と21世紀
Duration February 11, 2006 (Conference)
Organization 韓国日本学会 第72回国際シンポジウム準備委員会 Korea Association of Japanology (Korea)
Descriptions 韓国日本学会主催の第72回国際シンポジウム。近現代の日本において政治、経済、社会文化の諸分野で日本的価値観(思想)がどのように展開したかを踏まえ、21世紀を迎えた今、地域共同体形成に向けての課題を考える。
Project Director Dr. Lee Kang Min 李 康民 (Vice Chairperson)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
国際学術会議:韓・日関係史における在日朝鮮人の形成と存在の意味
Duration August 6 - 7, 2005 (Conference)
Organization 韓日民族問題学会 霊山大学日本語学科 School of International Studies, Youngsan University, The Association of Korean-Japanese Nation Studies (Korea)
Descriptions 日韓国交樹立40周年にあたる記念すべき年に、両国の日韓関係史を研究する専門家が一堂に会し、研究成果を発表する。成果は論文集として出版予定。
Project Director Prof. Park Jin Woo 朴 晋雨研究理事,霊山大学日本語学科 助教授
Discipline History

SOUTHEAST ASIA (6 projects)

INDONESIA

Japan and the Economic Crisis in Southeast Asia: Case Study of Indonesia and Malaysia
Duration April 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization Sub-Division of ASEAN and East Asia, Research Division, Center for International Relations Studies, University of Indonesia (Indonesia)
Descriptions 今回のテーマは、1997年のアジアの通貨危機にあたって日本が果たした役割を、インドネシアとマレーシアに焦点をあてて分析する。
Project Director Ms. Nurul Isnaemi (Associate Researcher)
Discipline Economics, Management, Labor
The 11th National Seminar on Japanese Studies and the 4th Congress of the Indonesian Association for Japanese Studies (ASJI)
Duration July 21 - 23, 2005 (Conference)
Organization The Indonesian Association for Japanese Studies (Indonesia)
Descriptions 1990年に発足したインドネシア日本研究協会の第4回総会。「グローバリゼーションと日本研究の新潮流」をテーマにインドネシア全国から有力な日本研究者を集め、日本からのゲストスピーカーの講演、人文科学系、社会科学系の分科会を開催。
Project Director Ms. Indra Sasanti (Head, Program Department)
Discipline Interdisciplinary

PHILIPPINES

Japan : A Reintroduction
Duration May 12 - 14, 2005 (Seminar)
Organization Japanese Studies Program, Ateneo de Manila University (Philippines)
Descriptions フィリピンの有力私大のアテネオ大学が、デラサール大学の協力を得て、国内の主要研究者とシンガポール大学の研究者を招いて実施する日本研究会議。フィリピン国内の日本研究者の交流を促進するほか、2004年11月にシンガポール大がイニシアティブを取って提起した東南アジア日本研究者のネットワークのフォローアップとしての意味も持つ。
Project Director Dr. Lynda N. Yu-Jose (Director)
Discipline Interdisciplinary

SINGAPORE

Developing On-line Japanese Performing Arts Resource Center
Duration June 24 - 26, 2005 (Conference)
Organization Department of Japanese Studies, National University of Singapore (Singapore)
Descriptions コーネル大学(米国)が世界の大学図書館や美術館とともに立ち上げ、申請機関もメンバーに入っているGloPAC(グローバルパフォーミングアーツ協会)の活動の一環として実施する。
Project Director Dr. Lim Beng Choo (Assistant Professor)
Discipline Arts

THAILAND

Current Development of the Thai Social Welfare System
Duration May 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization Center for Poverty Studies, National Institute of Development Administration (Thailand)
Descriptions タイでは2003年に、社会保障に関する3つの法律(高齢者法、児童保護法、社会保障促進法)が承認され、現在、新設の社会開発・人間安全保障省において、社会保障に関連する情報が収集され、検討されている。これらを踏まえ、これまでのタイにおける社会保障のあり方や進行中の作業をレビューしつつ、日本の先行事例を研究し、その長所短所を見極めたうえで、タイでの社会保障システム構築に役立てることを目的とする。申請機関と同志社大学政策研究学部との共同研究事業。
Project Director Prof. Medhi Krongkaew (Director)
Discipline Law, Political Sciences

VIET NAM

Vietnam-Japan Educational and Cultural Exchanges: International Conference on Commemoration of the 100th Dong Du Movement Anniversary
Duration November 20 - 21, 2005 (Conference)
Organization College of Social Sciences and Humanities, Vietnam National University-Hanoi (Viet Nam)
Descriptions 100年前にベトナムで起こった東遊運動(約200名のベトナムの青年が日本に留学した運動)の100周年記念事業として、両国を中心に世界から研究者や関係者を集め、東遊運動及び日本とベトナムの教育・文化交流に関するテーマで約50本の論文報告が行われる。
Project Director Prof. Nguyen Van Khanh (Vice-Rector and Head of the Conference Organizing Committee)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences

OCEANIA (1 project)

AUSTRALIA

Japanese History Workshop: State and Society in Modern Japan
Duration November 28 - 30, 2005 (Workshop, Seminar)
Organization School of Liberal Arts, University of Newcastle (Australia)
Descriptions 主にオーストラリアの日本歴史の研究者が参加しての日本史研究についてのワークショップ。Laura Hein教授ら米英の日本研究の専門家による基調講演と日本研究の大学院生の参加も含めたワークショップの開催。
Project Director Dr. Beatrice Trefalt (Lecturer in History)
Discipline History

NORTH AMERICA (8 projects)

CANADA

Philosophers of Japan
Duration October 13 - 15, 2005 (Joint-Research, Seminar)
Organization Center of East-Asian Studies, Faculty of Arts and Sciences, University of Montreal (Canada)
Descriptions カナダの仏語圏ではまだあまり知られていない近代日本の哲学者とその思想を紹介する論集の刊行を最終的な目標としつつ、その第一歩として日本・カナダ・米国・フランスから合計10名ほどの研究者が集まり、会議を開催する。
Project Director Prof. Bernard Bernier (Professor, Department of Anthropology)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
The EAC-JSAC Alberta Conference 2005 "Connection and Identities in East Asia and Beyond"
Duration September 29 - October 2, 2005 (Conference)
Organization EAC-JSAC Alberta Conference 2005 Organizing Committee, Japan Studies Association in Canada (Canada)
Descriptions 日本研究に関するカナダ唯一の学際的な学会であるカナダ日本研究学会(JSAC)の年次総会。アルバータ大学が会場。2005年はカナダアジア研究学会(CASA)の東アジア部門と共同で会議を行う。
Project Director Dr. Satoshi Ikeda (Conference Organizer)
Discipline Interdisciplinary
The City, the Body, and the Text in Modern Japanese Literature
Duration April 28 - May 1, 2005 (Workshop, Seminar)
Organization Department of East Asian Studies, University of Toronto (Canada)
Descriptions 日本・カナダ・米国の日本文学者が参加して「日本文学における都市・身体・テキスト」に関するワークショップを開催する。
Project Director Prof. Andre Schmid (Chair)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

U.S.A.

Power of Girl's Manga: the Value and Contribution to Visual Culture and Society (PDF:External Link)
Duration December 10 - 14, 2005 (Research Conference)
Organization Department of Art and Art History, Chico Research Foundation, California State University (U.S.A.)
Descriptions 日米の研究者、批評家、漫画家を集め、少女マンガが映像文化や社会に与えてきた影響に関する5日間のシンポジウムを開催する。
Project Director Dr. Masami Toku (Associate Professor)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
The Midwest Japan Seminar
Duration July 1, 2005 - June 30, 2006 (Research Conference)
Organization Center for East Asian and Pacific Studies, University of Illinois (U.S.A.)
Descriptions 1970年に設立された日本研究地域部会の一つで、中西部地域の日本研究者が、年5回毎年異なったホスト機関に集まり、研究会を行ってそれぞれの研究を発表・批評し、中西部地域における日本研究者の学術コミュニティを形成する。
Project Director Dr. Louis G. Perez (Chair)
Discipline Interdisciplinary
Mirror of Tree, Mirror of Field: A Celebration of the Life and Music of Toru Takemitsu
Duration April 1 - October 31, 2005 (Research Conference)
Organization Music Division, Library of Congress (U.S.A.)
Descriptions 日本の音楽とアメリカの音楽がどのように相互に影響し合ってきたかを、武満徹を引き合いに検証する2日間のシンポジウムを開催する。
Project Director Mr. Jon Newsom, Mr. Jan Lauridsen (Chief, Music Division)
Discipline Arts
NCC Electronic-Resource Training Workshops Project
Duration April 1, 2005 - March 31, 2006 (Professional Conference)
Organization The North American Coordinating Council on Japanese Library Resources (NCC) (U.S.A.)
Descriptions 日本関連電子情報の需要が高まっていることを受け、日本語特有の様式で構築されたデータベース等電子情報の活用といった、専門的な技術を身に付けた日本研究資料専門司書を養成するワークショップ。
Project Director Ms. Victoria Lyon Bestor (Executive Director)
Discipline Not Classified
Japan Studies Dissertation Conference
Duration December 14 - 18, 2005 (Research Conference)
Organization Japan Advisory Board, Social Science Research Council(SSRC) (U.S.A.)
Descriptions 博士論文執筆中の大学院生12名を対象として、論文指導を行う。大学院生と研究者のネットワークを作ることにより、日本研究を専攻とする学生の孤立化を解消する。主に日本研究部門を有していない大学・研究機関に所属する学生を対象とする。
Project Director Dr. Mary Byrne McDonnell (Executive Director)
Discipline Interdisciplinary

CENTRAL & SOUTH AMERICA (2 projects)

BRAZIL

The Third Brazil-Japan International Symposium
Duration September 13 - 15, 2005(Conference)
Organization Faculty of Law, Rio de Janeiro State University (Brazil)
Descriptions 日本とブラジルの法律研究者が集まり、司法制度改革、司法研修、陪審員制度、司法へのアクセス、環境・消費者保護に関する司法からの取組み、裁判以外の紛争解決等について6つのセッションからなる公開シンポジウムを開催する。
Project Director Prof. Jose Marcos Domingues de Oliveira (Professor of Law, Brazil-Japan Program Coordinator)
Discipline Law, Political Sciences
The Third Brazil-Japan Studies International Symposium
Duration September 8 - 9, 2005 (Conference)
Organization Institute of Letters, Department of Foreign Languages and Translation, Japanese Division, University of Brasilia (Brazil)
Descriptions 近年のブラジル国内の日本語学習者の多様化に伴う、日本研究の多様化を背景に、日本研究分野における近年の様々な研究やその成果を学際的に紹介し、研究者間のネットワーク作りを促進する。
Project Director Prof. Alice Tamie Joko (Head)
Discipline Interdisciplinary

EUROPE (10 projects)

EUROPE

11th International Conference of the European Association for Japanese Studies (EAJS)
Duration August 31 - September 3, 2005 (Conference)
Organization European Association for Japanese Studies (EAJS)
Descriptions EAJS(ヨーロッパ日本研究協会)第11回総会。日本研究における多数国の学者間の情報交換を促し、日本の学者と欧州の学者の意見交換の機会を提供する。
Project Director Dr. Brian Powell (President)
Discipline Interdisciplinary
16th Annual Conference of the European Association of Japanese Resource Specialists (EAJRS)
Duration September 20 - 25, 2005 (Conference, Workshop)
Organization European Association of Japanese Resource Specialists (EAJRS)
Descriptions 日本、北米、欧州の日本研究者、高等教育機関の図書館司書・学芸員が一同に会し、欧州における日本研究資料の利用上(アクセスビリティ)の問題点について意見交換を行う。
Project Director Prof. Willy Vande Walle (Chairman)
Discipline Not Classified

AUSTRIA

European Association of Japanese Studies Ph. D. Workshop at Vienna University
Duration August 29 - 31, 2005 (Workshop)
Organization Department of East Asian Studies, Vienna University (Austria)
Descriptions 第11回ヨーロッパ日本研究協会総会に付随して開かれるワークショップ。総会で発言・発表機会の少ない大学院生に活躍の場を提供することで、情報交換・切磋琢磨ができるようにする。
Project Director Prof. Harald Fuess (Council Member)
Discipline Interdisciplinary

FRANCE

15th General Assembly of French Japanese Studies Society
Duration December 10 - 18, 2005 (Conference)
Organization Societe Francaise d'Etudes Japonaises (France)
Descriptions フランス日本研究学会総会において、敬和学園大学教授 神田より子氏を招聘し、「近代日本の女性-ある宗教集落における女性の生活の変遷-」というタイトルで講演を開催する。
Project Director Dr. Brontons Arnaud (Associate Professor, University of Jussieu PARIS Ⅶ)
Discipline Interdisciplinary
日本社会におけるウチとソトの力学 学術的日仏共同研究
Duration April 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization Department of Japanese Studies, Ecole Francaise d'Extreme-Orient (France)
Descriptions 日本社会におけるウチとソトの力学をテーマに、いくつかの社会単位のウチとソトを結ぶ社会・経済・政治・思想・宗教・環境等の流通や相互影響などの諸次元の交流の実態を探り出し、その力学の還俗と理論をまとめることを目的とする共同研究。
Project Director Prof. Anne Bouchy (Professor)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences

ITALY

The International Conference "Regional Integration and Socio-Political Change in East Asia: A Comparison with the EU Experience"
Duration November 24 - 25, 2005 (Conference)
Organization Contemporary Asia Research Center, University of Milan (Italy)
Descriptions ミラノ国立大学現代アジア研究センターの設立を記念し、日本を初めとするアジア諸国及び欧州各国の研究者、実務家が集い、東アジアにおける地域統合、経済問題、労働市場と福祉についてシンポジウムを行う。更に、今後の欧州における現代アジア研究の方向性、日本とアジアと欧州の知的対話の可能性を探る。
Project Director Prof. Corrado Molteni (Direttore)
Discipline Economics, Management, Labor

RUSSIA

Fourth International School in Linguistics Anthropology and Typology with a Satellite Seminar "Discourse Categories and Discourse Organization in Japanese, Armenian and Russian"
Duration September 21 - 28, 2005 (Conference)
Organization Institute of Linguistics, Russian State University for the Humanities (Russia)
Descriptions 言語が社会・文化的交流の産物であることを、日本語・アルメニア語・ロシア語を主たる比較対照とし、かつ複数の少数言語とも比較対照しつつ検証し、言語の多様性理解を通じて社会の多様性理解促進を図ることを目的とした国際会議。日本をはじめ諸外国から一線の言語学者が集うほか、ロシアにて選抜した若手研究者に発表の機会を提供する。
Project Director Prof. V.I. Podlesskaya (Deputy Director)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

ROMANIA

Public Administration at the Beginning of the Third Millennium, Disseminating the Japanese Best Practices in Romania
Duration November 11 - 12, 2005 (Conference)
Organization Training Center for Public Administration, National School of Political Studies and Public Administration (Romania)
Descriptions 行政を特徴付ける新しい状況を強調し、日本とルーマニアそれぞれにおける発展状況を比較分析する。
Project Director Dr. Lucica Matei (Deen-Faculty of Public Administration)
Discipline Law, Political Sciences

U.K.

Foundation Myths in Japan's Past & Present
Duration June 9 - 10, 2005 (Conference)
Organization Centre for the Study of Japanese Religions (CSJR), School of Oriental and African Studies (U.K.)
Descriptions 様々な専門領域、文化の学者が集まり、日本の社寺の縁起に関する文献について話し合う。
Project Director Dr. Lucia Dolce (Chair)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
British Association for Japanese Studies Annual Conference
Duration September 7 - 9, 2005 (Conference)
Organization British Association for Japanese Studies (U.K.)
Descriptions 現代の日本研究について発表し議論することを目的とした、英国内の日本研究者の学術会議。
Project Director Prof. Janet Hunter (President)
Discipline Interdisciplinary
Adobe Reader software is available for free download from the Adobe Systems web site. To download and install Adobe Reader, click on this linkGet ADOBE READER and follow the instructions given for your operating system.

Page Top