Grants Database For the year 2005: LAW, POLITICAL SCIENCES

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2005
Select from the pulldown menu.

LAW, POLITICAL SCIENCES (7 projects)

中日民間交流と東アジア地域協力-戦後60周年日本研究シンポジウム
Duration September 13 - 15, 2005 (Conference)
Organization 遼寧大学日本研究所 The Institute of Japan Studies, Liaoning University (China)
Descriptions 「民間交流」と「東アジア地域協力」をテーマとし、戦後60年間の回顧を元に、今後の発展方向を模索するシンポジウムを開催する。
Project Director Prof. Xu Ping 徐 平 (Director)
Discipline Law, Political Sciences
戦後日本六十年国際シンポジウム
Duration September 24 - 28, 2005 (Conference)
Organization 東北師範大学日本研究所 Institute for Japanese Studies, Northeast Normal University (China)
Descriptions 日本が、実際の国際貢献に比して、相応の評価を得ていないとし、そこを出発点として日本のあるべき国家像を考える会議を実施する。
Project Director Prof. Shang Xia 尚 侠 (Director)
Discipline Law, Political Sciences
中日国際会議「戦後60年の中日関係-その展望と課題」
Duration October 6 - 7, 2005 (Conference)
Organization 清華大学日本研究センター Center for Japanese Studies, Tsinghua University (China)
Descriptions 中国及び日本から、それぞれ8-10名の講演者を招き、研究者・学生を対象に、戦後60年の日中関係について講演を行う。2005年10月に北京で開催する。
Project Director Prof. Liu Jiang Yong (Vice Director)
Discipline Law, Political Sciences
国際学術シンポジウム「日本大衆文化の開放、その以後」
Duration September 17, 2005 (Conference)
Organization 全南大学校日本文化研究センター 企画委員会 Research Center for Japanese Studies, Chonnam National University (Korea)
Descriptions 1998年の韓国における日本文化の解禁が両国の関係にどう寄与したのかをプラスとマイナス両方の側面から検証し、これからの日韓文化交流のあり方を考察することで両国関係の望ましい未来像を導き出す。また、日韓両国の国交正常化40周年の意味を文化的な面で振り返る。日韓両国から7名の研究者を招聘し、シンポジウムを行い、成果を論文集にまとめ、関連研究者や政府政策担当者、メディアと共有する。
Project Director Prof. Kim Soon Jean 金 貞禮 (Director, Professor)
Discipline Law, Political Sciences
Current Development of the Thai Social Welfare System
Duration May 1, 2005 - March 31, 2006 (Joint-Research)
Organization Center for Poverty Studies, National Institute of Development Administration (Thailand)
Descriptions タイでは2003年に、社会保障に関する3つの法律(高齢者法、児童保護法、社会保障促進法)が承認され、現在、新設の社会開発・人間安全保障省において、社会保障に関連する情報が収集され、検討されている。これらを踏まえ、これまでのタイにおける社会保障のあり方や進行中の作業をレビューしつつ、日本の先行事例を研究し、その長所短所を見極めたうえで、タイでの社会保障システム構築に役立てることを目的とする。申請機関と同志社大学政策研究学部との共同研究事業。
Project Director Prof. Medhi Krongkaew (Director)
Discipline Law, Political Sciences
The Third Brazil-Japan International Symposium
Duration September 13 - 15, 2005 (Conference)
Organization Faculty of Law, Rio de Janeiro State University (Brazil)
Descriptions 日本とブラジルの法律研究者が集まり、司法制度改革、司法研修、陪審員制度、司法へのアクセス、環境・消費者保護に関する司法からの取組み、裁判以外の紛争解決等について6つのセッションからなる公開シンポジウムを開催する。
Project Director Prof. Jose Marcos Domingues de Oliveira (Professor of Law, Brazil-Japan Program Coordinator)
Discipline Law, Political Sciences
Public Administration at the Beginning of the Third Millennium, Disseminating the Japanese Best Practices in Romania
Duration November 11 - 12, 2005 (Conference)
Organization Training Center for Public Administration, National School of Political Studies and Public Administration (Romania)
Descriptions 行政を特徴付ける新しい状況を強調し、日本とルーマニアそれぞれにおける発展状況を比較分析する。
Project Director Dr. Lucica Matei (Deen-Faculty of Public Administration)
Discipline Law, Political Sciences

Page Top