Grants Database For the year 2006

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2006
Search by Area: Click the map below.
worldmap Central & South America North America Oceania Europe Middle East & Africa East Asia Southeast Asia South Asia


EAST ASIA (11 projects)

CHINA

中日青年作家対話会
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Conference)
Organization 中国社会科学院外国文学研究所 Administive Department, Institute of Foreign Literature (China)
Descriptions 日本の若手作家と文学研究者・評論家が中国を訪問し、中国の若手作家・研究者・評論家と対話する。事業に先立ち、参加する一部の若手作家の作品を相互に翻訳し、雑誌掲載・出版する予定。
Project Director Dr. Xu Jinlong 許金龍 (Editing Committee)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
2006北京大学日本学研究国際シンポジウム
Duration July 1 - October 31, 2006 (Conference)
Organization 北京大学 外国語学院 Peking University (China)
Descriptions 北京大学日本言語文化学部60周年という節目にあたり、日本、韓国、香港、台湾からもゲストスピーカーを招聘し、日本語言語、日本文化、日本文学の3つの分科会設けて国際シンポジウムを開催する。中国の大学院生や若手研究者の積極的な参加を促す。
Project Director Mr. Peng Guang Lu 彭広陸 (Dean)
Discipline Interdisciplinary
15年戦争期中国大陸における日本の科学研究教育機関に関する調査と研究
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research)
Organization 北京大学 科学と社会研究センター Center for Social Studies of Science, Peking University (China)
Descriptions 日中戦争期に中国大陸に存在していた、興亜院・上海自然科学研究所・旅順工科大学などの日本の科学研究教育機関の活動と、そこでの研究成果が中国や日本でどのように継承されたかを調査する。
Project Director Dr. Zhou Cheng 周 程 (Vice Director)
Discipline Education
中国にある日本映画機構に関する研究
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Reserch)
Organization 東北師範大学 School of Media Department, Northeast Normal University (China)
Descriptions 戦時中、日本が中国で設立した3つの映画機構(満州映画協会、華北映画株式会社、中華映画連合株式会社)の活動と、映画の主題・美学、映画従事者という3つの観点から研究を行い、中国映画史の空白を埋めることを目指す。長春で資料収集を行ったのちに、北京、上海、東京で関係者にインタビューを行う。
Project Director Mr. Yan Huan 閻 歓 (Professor)
Discipline Arts
中日都市づくり及び再生国際シンポジウム
Duration November 9 - 10, 2006 (Conference)
Organization 同済大学アジア大洋州研究センター Center for Asia-Pacific Studies, Tong Ji University (China)
Descriptions 都市公共管理、都市計画と景観計画、都市文化財保存等の問題に関して、日本の経験に学び、中国の都市作りに役立てることを目的としてシンポジウムを開催するとともに、成果を「日本都市作り・再生シリーズ叢書」として出版する。同済大学アジア太平洋研究センターは2001年に設立。
Project Director Prof. Cai Jianguo 蔡建国 (Head)
Discipline Not Classified

HONG KONG

The 7th International Symposium on Japanese Studies and Japanese Language Education
Duration October 29 - 30, 2006 (Conference)
Organization 香港中文大学日本研究学科/香港日本語教育研究会 Department of Japanese Studies, The Chinese University of Hong Kong / Society of Japanese Language Education, Hong Kong (Hong Kong)
Descriptions 香港日本語教育研究会は、香港・マカオ地域における日本語教育関係者の情報交換、ネットワーク形成を目的に設立されたもの。同研究会は毎年の定例会とは別に2年に1回のペースで国際シンポジウムを開催しており、今回が7回目。テーマは「アジア太平洋地域における日本研究と日本語教育の変容と課題」で、これまで構築してきたネットワークを広げることが目的。
Project Director Prof. Lee Wood Hung (Chairman)
Discipline Not Classified

KOREA

『日本における東アジア共同体構想 - その理想と現実』 - 韓国における日本学30年回顧と展望
Duration March 16, 2007 (Conference, Seminar)
Organization 啓明大国際学大学日本学科 Japanese Studies, College of International Studies, Keimyung University (Korea)
Descriptions 韓国で初めて設立された日本研究学科の30周年を記念して開催する国際シンポジウム。「日本における東アジア共同体構想―その理想と現実」をテーマに、韓国国内の各分野の研究者と、日本からの研究者が参加する。
Project Director Dr. Kim Do-Hyung 金 都亨 (Head, Professor)
Discipline Interdisciplinary
韓国日本学連合会第4回学術大会及び国際シンポジウム
Duration July 6 - 8, 2006 (Conference)
Organization 韓国日本文化学会 韓国日本学連合会運営委員会 Korea Association of Japanology, The Japanese Culture Association of Korea (Korea)
Descriptions 5つの人文系日本関連学会のネットワーク学会(=韓国日本学連合会)による第4回目の国際シンポジウム。「日本学研究の諸視角」をキーワードに、日本人、タイ人研究者も招聘して、国際的な視点から日本学研究の意義を問い直すとともに、日本研究の新たなネットワーク作りを目指す。
Project Director Dr. Pyun Mu-Jin 片 茂鎮 (Vice President)
Discipline Not Classified
世代交代と韓日関係
Duration December 1, 2006 (Joint-Research)
Organization 韓国政治学会 The Korean Political Science Association (Korea)
Descriptions 韓国の民主化運動を担った386世代と戦争を経験していない日本の戦後生まれの政治家が台頭することにより日韓関係にどのような変化を及ぼしてきたか/及ぼしていくのかを検証するためのリサーチ&ワークショップ。主催母体は韓国政治学会で日本の政治学会と共同で事業を行う。
Project Director Dr. Jin Chang-Soo 陳 昌洙 (Chaiperson)
Discipline Law, Political Sciences
韓日共同 未来構想 2020
Duration January 15, 2007 (Joint-Research)
Organization 世宗研究所日本研究センター Japan Center, The Sejong Institute (Korea)
Descriptions 日韓両国の過去史をめぐる摩擦を建設的に克服する方法を模索するために、日韓の研究者らが、2020年時点の望ましい日韓関係のビジョンを共同で構想し、それを実現するためのロードマップを構想する。
Project Director Prof. Park Chui-Hee 朴 喆煕 (Professor)
Discipline History
日本社会のサービス社会化による構造変動研究
Duration January 15 - 24, 2007 (Joint-Research)
Organization 中央大学社会学部 Department of Sociology, Chung-Ang University (Korea)
Descriptions 日本社会のサービス社会化が家族・労働・生産などに及ぼす影響を調査・分析する。文献調査及び日本における専門家・企業・サービス産業従事者に対してインタビュー調査を実施する。
Project Director Prof. Shin Kwang-Young 申 光榮 (Professor)
Discipline Economics, Management, Labor

SOUTHEAST ASIA (9 projects)

INDONESIA

International Symposium: "Solid Waste Management in Indonesian Cities Today" -Culture & Law Aspects of Policy Implementation : Learning From Japan-
Duration April 20 - 22, 2006 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Year 2005-2006 'Learning From Japan' International Symposium Organizing Committee (Consists of The Programs of Japanese Area Studies, Environmental Studies, Urban Development Studies), University of Indonesia Postgraduate Program (Indonesia)
Descriptions インドネシア大学大学院日本地域研究科が中心となって同大学院が企画している連続シンポジウム企画「日本に学ぶ」の第1回。ごみ処理問題につき、2名の日本人専門家を招き、日本の経験を学ぶと同時に、現在、インドネシアが抱える問題について、議論を深める。シンポジウムの前日にはサイト・ビジットが予定されている。
Project Director Mr. Iwan Setiawan (Head of 'Learning From Japan' Symposia Organizing Committee)
Discipline Interdisciplinary
Human Resource Development, Productivity and Work Ethics : Comparative Perspectives from Indonesia, Thailand, the Philippines and Japan
Duration December 6 - 7, 2007 (Joint-Research, Conference)
Organization The Demographic Institute, Faculty of Economics, University of Indonesia (Indonesia)
Descriptions インドネシアに進出した日本企業の人材開発及び人材管理手法とその変遷を、関係者へのインタビュー及びフィールド調査を通して明らかにする。その上で、日本、フィリピン、タイから労働学の専門家を招き、「人材開発、生産性及び労働倫理」というテーマで国際シンポジウムを開催し、多角的に分析を行う。
Project Director Ms. Tara B. Soeprobo (Senior Researcher and Lecturer)
Discipline Economics, Management, Labor

MALAYSIA

Level of Scientific Culture Among Secondary School Students: A Comparative Study Between Malaysia and Japan
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research)
Organization Faculty of Education, National University of Malaysia (Malaysia)
Descriptions マレーシア国民大学の研究者(5名)と日本人研究者(1名)による1年間の共同研究。特に中等教育段階の生徒に焦点をあて、政策・カリキュラム分析、生徒や教育者など関係者約500名へのアンケート・インタビュー等を通し、「科学文化」の発展レベルおよび発展に寄与する要因に関し、日本とマレーシアの比較研究を行う。
Project Director Prof. Lilia Halim (Dean)
Discipline Education
Education for Sustainable Development: Comparative Analysis of Policy, Activities and Organizational Structure between Japan and Malaysia
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research)
Organization Corporate and Sustainable Development Division, Universiti Sains Malaysia (Malaysia)
Descriptions マレーシア人研究者が「持続可能な開発のための教育」をテーマに仙台市・岡山市における環境教育への取り組みを調査し、日本の取り組み・マレーシアの取り組みをまとめ、セミナー開催、マレーシア政府への政策提言につなげる。
Project Director Prof. Omar Osman (Director)
Discipline Education

PHILIPPINES

Panel Presentations on "Diplomatic Ralations Between Japan and Southeast Asia: Progress and Challenges Through Half A Century" for the 19th International Association of Historians of Asia (IAHA) Conference
Duration November 22 - 25, 2006 (Conference)
Organization PSSC Secretariat-Technical Services and Information Section, Philippine Social Science Council, Inc. (Philippines)
Descriptions 東アジア共同体がASEANにどのような影響力をもち、どのような役割を果たすのか、地域の安全保障についての今後の方向性も含めて議論する。また、EUやオーストラリアから東アジア共同体を研究することで、今後の可能性を探る。
Project Director Dr. Filomeno Aguilar Jr. (Member, PSSC Governing Council; President, IAHA)
Discipline Not Classified

SINGAPORE

1. The Japanese Studies 25th Anniversary Symposium
2. The Inaugural Meeting of Japanese Studies Association in Southeast Asia
Duration October 12 - 14, 2006 (Conference)
Organization Department of Japanese Studies, National University of Singapore (Singapore)
Descriptions シンガポール国立大学日本研究学科設立25周年記念のシンポジウムを、各国の著名な日本研究者を講演者として招いて開催し、それに続く2日間で東南アジア各国の日本研究者による「東南アジア日本研究会」設立総会を開催する。
Project Director Assoc. Prof. Thang Leng Leng (Head, Department of Japanese Studies)
Discipline Not Classified

THAILAND

日本研究連続セミナー
Duration June 1, 2006 - March 31, 2007 (Seminar)
Organization Japanese Department/2006-Japanese Study Center, Payap University (Thailand)
Descriptions 全6回の日本研究セミナー(毎週土曜日3~4時間)で、チュラロンコン大学・タマサート大学の日本研究者を講師とし、特に日本語学習者や日本語教員を対象に、日本事情および日本研究を紹介する講義を行う。
Project Director Mr. Tomoharu Ebihara (Lecturer, Japanese Department)
Discipline Interdisciplinary

VIET NAM

日本研究セミナー
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Department of Japanese Studies, University of Social Sciences and Humanities, Vietnam National University-Hanoi (Viet Nam)
Descriptions 申請機関には、日本に関して研究を行う学部がいくつかあるが、以前からその枠を越えてゼミ形式で学生が発表をし合う勉強会が実施されてきた。そうした組織を用い、ベトナム内外で様々な分野で日本研究を行っている学者・研究者を招いて講演および学生指導をしてもらい、学生のレベル向上を目指す。
Project Director Ms. Phan Hai Kinh (東洋学部日本学科長)
Discipline Interdisciplinary
Japanese Studies Workshop for Secondary Teacher in the South of Vietnam
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Workshop)
Organization Center for Japanese Studies, Vietnam Institute for Northeast Asian Studies, Vietnamese Academy of Social Sciences (Viet Nam)
Descriptions 一般の中学および高校の社会科等の教員を対象としたワークショップ。教師を通じ広い層での対日理解の促進を目的としている。04年度にベトナム北部、05年度に中部で実施した事業に助成。06年度は南部で開催する。
Project Director Dr. Ho Viet Hanh (Head of Department of Academic Administration and Training)
Discipline Education

OCEANIA (4 projects)

AUSTRALIA

Economic Relations between Japan and China
Duration July 1 - 2, 2006 (Conference)
Organization Australia-Japan Research Centre, Asia-Pacific School of Economics and Government, Australia National University (Australia)
Descriptions 話題性の高い政治に比べ、特に英語での研究蓄積の少ない日中関係の経済面での二国間関係、及び、二国間関係が域内に及ぼす影響について共同研究を行なう事業。中国から一名、日本から二名、米国から(日本人)研究者一名が参加。事前にペーパー執筆を依頼し、国際会議で発表を行なう。
Project Director Prof. Jenny Corbett (Executive Director, Australia-Japan Research Centre)
Discipline Economics, Management, Labor
Asia Pacific Week (Japan Program)
Duration February 1 - 7, 2007 (Seminar)
Organization Japan Centre, Faculty of Asian Studies, The Australian National University (Australia)
Descriptions 「アジア・パシフィック・ウィーク」は、ANUのアジア太平洋研究学院が開催する大学院生向けのサマースクール。ワークショップ、図書館紹介、映画上映等実施。この一環として、日本学科は2005年よりサマースクールを実施しているが、2007年はアジア太平洋からより多くの大学院生の参加を得たいとしており、域内からの6名の大学院生、講師の渡航費を基金に要請。
Project Director Dr. Lee Duck-Yamg (Japan Program Convenor)
Discipline Interdisciplinary
Work and Gender in Modern Japan and Korea
Duration July 10 - 12, 2006 (Conference)
Organization Department of Japanese and Korean Studies, School of Languages and Cultures, Faculty of Arts, University of Sydney (Australia)
Descriptions 今年2月にイェール大学にて開催するワークショップの成果を受け、日本と韓国の近・現代社会におけるジェンダーと労働問題をテーマに、7月に13名の研究者を集め、ワークショップを開催する。シドニー大学の大学院生、教授陣も参加。13名の論文の摘要は既に出来上がっており、論文は事前に執筆者全員に送付され、執筆者は他の論文に関するコメントを持って参加。成果はRoutledge Curzonから出版予定。
Project Director Dr. Ruth Barraclough (Research Associate, Department of Japanese and Korean Studies, University of Sydney)
Discipline Interdisciplinary
The Future of Japanese Studies and Its Role in Australia-Japan Relations
Duration December 10 - 16, 2006 (Conference)
Organization Japanese Studies Centre, Monash University (Australia)
Descriptions メルボルン近郊5大学の日本研究者が中心となり、日豪関係の変遷をとらえつつ豪州における日本研究の将来を考えるため国際会議を、初期の日本人コミュニティがあった北西オーストラリアのブルームで2006年12月に開催。日豪交流年記念事業。会議開催に先立ち、ウェッブサイト上で議論を開始。日本社会の変化、豪における日本語学習ニーズの変化、日本研究者の役割の変化など論じる。
Project Director Prof. Ross Mouer (Director, Japanese Studies Centre, Monash University)
Discipline Interdisciplinary

NORTH AMERICA (3 projects)

CANADA

Early-Modern Komonjo and Kuzushiji Workshop
Duration July 16 - August 12, 2006 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Department of Asian Studies, The University of British Columbia (Canada)
Descriptions 日本から専門家を招き、大学所蔵の近代初期の算盤、漢文、崩し字等の古文書の読解のためのワークショップを、研究者、大学院生、学芸員等を対象に開催する。研修の成果は報告書に取りまとめ、研究機関等に広く配布する。
Project Director Dr. Joshua Mostow (Professor)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Japanese Women Writing: Beginnings, Endings, Reversals, and Returns
Duration August 23 - 26, 2006 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Department of East Asian Studies, University of Alberta (Canada)
Descriptions 日本女性による著作を論評するための文学・歴史及び翻訳の3章からなる図書の出版を目指し、12名が参加する3日間のワークショップを開催する。英語に翻訳された日本人女性作家の作品の図書目録も合わせて作成する。
Project Director Prof. Janice Brown (Professor and Chair)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

U.S.A.

NCC Electronic Resources Training Workshops for 2006-07
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Conference)
Organization The North American Coordinating Council on Japanese Library Resources (NCC) (U.S.A.)
Descriptions 日本関連電子情報の需要が高まっていることを受け、日本語特有の様式で構築されたデータベース等電子情報の活用といった、専門的な技術を身に付けた日本研究資料専門司書を養成するワークショップ。過去のレッスン・プランのインターネット上の掲示も予定。
Project Director Ms. Victoria Lyon Bestor (Executive Director)
Discipline Interdisciplinary

CENTRAL & SOUTH AMERICA (4 projects)

BRAZIL

XVII Encontro Nacional de Professores Universitarios de Lingua, Literatura & Cultura Japonesa
Duration August 31 - September 1, 2006 (Conference, Seminar, Workshop, Intensive Lecture)
Organization Center for Japanese Studies, University of São Paulo (Brazil)
Descriptions 日本語・日本文学・日本文化の各分野にわたる多角的内容を目指し、二日間の日程でブラジル内外の研究者が講演・ディスカッション・研究発表を行う。特にパネル・ディスカッションは多くのテーマを企画し、文化・宗教・文学・言語・日本語教育などについてあらゆる角度から議論する。
Project Director Prof. Madalena Natsuko Hashimoto Cordaro (Vice-Director)
Discipline Interdisciplinary
ブラジルの対日理解に資する日本関連の基本情報・データ収集とポルトガル語による「現代日本事典」出版事業
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research)
Organization Faculty of Philosophy, Letters & Human Sciences, University of São Paulo (Brazil)
Descriptions 現在ブラジルには、日本に関して簡便で内容面でも正確で、アカデミックな面から見ても役立ち得るポルトガル語による総合的な情報源がほとんどないため、対日理解に役立つ基本情報・データの収集作業を進め、「現代日本事典」を発行することを意図する。また、執筆者選定にあたり、多様な学問領域に属する、日本に関心をもつブラジル人専門家を発掘し、そのネットワーク化を図る。
Project Director Mr. Koichi Mori (Professor)
Discipline Interdisciplinary

Mexico

Civil Society and Japanese Reform State: A Space for Action
Duration April 1, 2006 - March 30, 2007 (Joint-Research)
Organization Political and Social Science Faculty, University of Colima (Mexico)
Descriptions 構造改革・行政改革といった流れの中での日本のシビル・ソサエティの発展と役割を研究・調査する共同研究プロジェクト。訪日調査の他、メキシコシティとコリマで研究会を開催し、成果報告書を作成する。報告書は他大学や政府関連機関に配布し、コメントを回収した上で、最終的には書籍として出版する。
Project Director Prof. Maria Elena Romero (Full time professor)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
International Congress of the Latin American Association for Asian and African Studies
Duration October 3 - 7, 2006 (Conference)
Organization Japanesen Studies Network within ALADAA, Latin American Association for Asian and African Studies, A.C. (Mexico)
Descriptions 中南米全地域に渡るアジア系人文・社会科学研究学会の年次総会。日本とスペインからゲストスピーカーを招聘する。日本に関しては2つの基調講演と6つのパネルディスカッションを実施する。
Project Director Dr. Michiko Tanaka (Professor-researcher and former general secretary of ALADAA)
Discipline Interdisciplinary

EUROPE (16 projects)

EUROPE

17th Annual Conference of the European Association of Japanese Resource Specialists (EAJRS)
Duration September 27 - 30, 2006 (Conference)
Organization European Association of Japanese Resource Specialists (EAJRS)
Descriptions 資料のアクセスビリティーについて意見交換を行う。デジタル化がすすんでいる機関からの実践報告から、問題点を洗い出し、今度の発展につなげる予定である。
Project Director Prof. Willy Vande Walle (Chairman)
Discipline Not Classified

AUSTRIA

International Symposium on Japanese Ukiyoe Caricatures in the 19th Century
Duration May 26 - 28, 2006 (Conference)
Organization University of Vienna (Austria)
Descriptions 19世紀、天保の改革から日露戦争の間の時期に描かれた1500点の木版画データベース完成を機に行われるシンポジウム日本、ヨーロッパ、アメリカ等から21人の参加者を経て2日間に渡りシンポジウムを行う。
Project Director Prof. Sepp Linhart (Head of Department)
Discipline Arts

FRANCE

谷崎潤一郎研究パリ国際シンポジウム 「谷崎潤一郎―境界を越えて」
Duration March 22 - 24, 2007 (Conference, Workshop)
Organization French National Institute of Oriental Languages and Civilizations (INALCO)
Descriptions ヨーロッパにおいて12年ふりに行われる谷崎潤一郎に関するシンポジウム。二日間にわたる研究セッションで、テーマごとに発表、討議を重ね、三日目の最終日にワークショップの形で、現在ドクターコースの在籍の若手の研究者などもまじえて、ポスターセッションと総括討議を行う。
Project Director Prof. Anne Bayard-Sakai (Professor)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Japan's New Cultural Power: The Case of Manga
Duration April 30, 2006 - April 30, 2007 (Joint-Research, Conference, Workshop)
Organization National Foundation for Political Science (France)
Descriptions 漫画を取り巻く外的環境について研究しながら、グローバリゼーションについて考察するという研究。ヨーロッパとアジアからのリサーチチームを作り、ワークショップと研究会、及びパリで国際会議を開催する。
Project Director Prof. Jean Marie Bouissou (Senior Research Fellow)
Discipline Interdisciplinary
Seventh Biennal Conference of the French Association of Japanese Studies
Duration December 13 - 15, 2006 (Conference)
Organization The French Society of Japanese Studies (France)
Descriptions 315名の会員を有するフランス日本研究学会の定期総会。分野を問わず、フランスの日本研究者が集う年一度の機会。今年は、幾つかの抽象的なテーマに基づき、異なる方法論を持つ研究者がそれぞれ発表する会とする予定。
Project Director Dr. Arnaud Brotons
Discipline Not Classified

GERMANY

国際共同プロジェクト 《日本近現代思想史を書き直す!》
Duration February 9 - 12, 2007 (Joint-Research, Conference)
Organization University of Leipzig, East Asian Institute (Germany)
Descriptions 日本、ドイツおよびアメリカの、新世代の日本思想史研究者の間のネットワークを構築し、個々の予備的な調査研究とともに、集中的な相互討論を行うことで、日本近現代思想史の統一した枠組みと認識を共有させる。
Project Director Dr. Fabian Schafer (Lecturer)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration March 8 - 10, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization Japan Centre, Munich University (Germany)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Franz Waldenberger (Professor for Japanese Economy)
Discipline Interdisciplinary
International Conference: Japanese and Asian Bioethics in Context
Duration September 27 - 29, 2006 (Conference)
Organization University of Tubingen (Germany)
Descriptions 日本とアジアにおける生命倫理に関する国際会議。
Project Director Prof. Robert Horres (Associate Director of the Institute for Japanese Studies)
Discipline Not Classified

ITALY

The 5th International Conference of Okinawan Studies "Imagined Okinawa: Challenges from Time and Space"
Duration September 14 - 16, 2006 (Conference)
Organization Department of East Asian Studies, Faculty of Foreign Languages and Literature, Ca' Foscari University of Venice (Italy)
Descriptions 2006年9月14-16日にかけて、ヴェネツィア大学カ・フォスカリにおいて、イタリアの他、日本、中国、米国、豪州、ドイツ、フランス、ポーランド、ノルウェーなどの沖縄、琉球研究者が集い、「想像の沖縄:その時空間からの挑戦」と題する国際シンポジウムを開催、沖縄・琉球研究者のネットワーク強化及び研究の情報発信を目的とする。
Project Director Prof. Rosa Caroli (Associate Professor of East Asian History)
Discipline Anthropology, Sociology, Social Sciences

NETHERLANDS

European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration March 1, 2005 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Leiden (Netherlands)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Rikki Kersten (Professor, Modern Japan Studies)
Discipline Interdisciplinary

POLAND

International Conference on Japanese Studies: "Japanese Studies in the 21st Century -Beyond Borders-"
Duration May 19 - 21, 2006 (Conference)
Organization Warsaw University (Poland)
Descriptions ポーランド日本研究学会(PAJS)設立を機会に、同国の日本研究者が学際的に集う。本シンポジウムはポーランド国内及び中・東欧のネットワーク強化を目的としている。ポーランドの複数の地域と、ポーランドのみならず、EAJSやロシア日本研究協会の研究者が参加する予定。
Project Director Dr. Krystyna Okazaki (The Head of Department of Japanese and Korean Studies)
Discipline Not Classified

RUSSIA

Printed Catalogue of the Early Japanese Books (vol. 4) in the Russian State Library and Other Libraries of Moscow and Saint Petersburg
Duration March 1 - 31, 2007 (Conference, Seminar)
Organization Russian State Library (Russia)
Descriptions 90年代末より同図書館が所蔵本を中心に日・英・ロ併記による文献カタログ化を行ってきた企画の最終プロセス。最終巻を印刷の後、関係者を集めて活用法に関するセミナーを開催する。
Project Director Mr. Sergei V. Kukushkin (Deputy Head of the Oriental Center)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy

U.K.

The First SOAS Conference in Japanese Linguistics: Reviewing Japanese Modality
Duration June 24 - 25, 2006 (Conference)
Organization School of Oriental and African Studies (SOAS), University of London (U.K.)
Descriptions 日本語学における「モダリティ」の意味を再考し、言語学の各サブエリアがこの問題にどのように貢献をしているかを探る。
Project Director Dr. Barbara Pizziconi and Mika Kizu (Lecturers, Department of Japan and Korea)
Discipline Linguistics, Literature, Philosophy
Postgraduate Workshop in Japanese Art History (PWJAH)
Duration June 18 - 25, 2006 (Workshop, Study Trip, Seminar)
Organization Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures (U.K.)
Descriptions 日本、英国、ヨーロッパ、北アメリカの修士以上の学生を対象とした日本美術史のワークショップ。研究報告、ディスカッション、英国内の日本美術コレクションの見学などを行う。
Project Director Ms. Hiromi Uchida (Project Manager)
Discipline Arts
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration May 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Leeds (U.K.)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Mark Williams (Professor of Japanese Studies; Head of Department of East Asian Studies)
Discipline Interdisciplinary
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration May 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Sheffield (U.K.)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Glenn D. Hook (Director, Center for Japanese Studies)
Discipline Interdisciplinary

MIDDLE EAST & AFRICA (1 projects)

ISRAEL

Annual Conference of the Israeli Association for Asian Studies
Duration June 11 - 12, 2006 (Conference)
Organization Tel Aviv University (Israel)
Descriptions 第5回アジア研究学会年次総会は2006年6月11、12日の2日間にわたり、テルアビブ大学で開催される予定で、イスラエルにおける日本、中国、インド研究者が集い、複数のパネルを運営し、アジア研究の促進及び強化を目的とする。
Project Director Dr. Meir Shahar (Chair, Department of East Asisn Studies)
Discipline Not Classified

Page Top