Grants Database For the year 2006: INTERDISCIPLINARY

Research/Conference/Seminar Grant Program for Japanese Studies
For the year 2006
Select from the pulldown menu.

INTERDISCIPLINARY (17 projects)

2006北京大学日本学研究国際シンポジウム
Duration July 1 - October 31, 2006 (Conference)
Organization 北京大学 外国語学院 Peking University (China)
Descriptions 北京大学日本言語文化学部60周年という節目にあたり、日本、韓国、香港、台湾からもゲストスピーカーを招聘し、日本語言語、日本文化、日本文学の3つの分科会設けて国際シンポジウムを開催する。中国の大学院生や若手研究者の積極的な参加を促す。
Project Director Mr. Peng Guang Lu 彭広陸 (Dean)
Discipline Interdisciplinary
『日本における東アジア共同体構想 - その理想と現実』 - 韓国における日本学30年回顧と展望
Duration March 16, 2007 (Conference, Seminar)
Organization 啓明大国際学大学日本学科 Japanese Studies, College of International Studies, Keimyung University (Korea)
Descriptions 韓国で初めて設立された日本研究学科の30周年を記念して開催する国際シンポジウム。「日本における東アジア共同体構想―その理想と現実」をテーマに、韓国国内の各分野の研究者と、日本からの研究者が参加する。
Project Director Dr. Kim Do-Hyung 金 都亨 (Head, Professor)
Discipline Interdisciplinary
International Symposium: "Solid Waste Management in Indonesian Cities Today" -Culture & Law Aspects of Policy Implementation : Learning From Japan-
Duration April 20 - 22, 2006 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Year 2005-2006 'Learning From Japan' International Symposium Organizing Committee (Consists of The Programs of Japanese Area Studies, Environmental Studies, Urban Development Studies), University of Indonesia Postgraduate Program (Indonesia)
Descriptions インドネシア大学大学院日本地域研究科が中心となって同大学院が企画している連続シンポジウム企画「日本に学ぶ」の第1回。ごみ処理問題につき、2名の日本人専門家を招き、日本の経験を学ぶと同時に、現在、インドネシアが抱える問題について、議論を深める。シンポジウムの前日にはサイト・ビジットが予定されている。
Project Director Mr. Iwan Setiawan (Head of 'Learning From Japan' Symposia Organizing Committee)
Discipline Interdisciplinary
日本研究連続セミナー
Duration June 1, 2006 - March 31, 2007 (Seminar)
Organization Japanese Department/2006-Japanese Study Center, Payap University (Thailand)
Descriptions 全6回の日本研究セミナー(毎週土曜日3~4時間)で、チュラロンコン大学・タマサート大学の日本研究者を講師とし、特に日本語学習者や日本語教員を対象に、日本事情および日本研究を紹介する講義を行う。
Project Director Mr. Tomoharu Ebihara (Lecturer, Japanese Department)
Discipline Interdisciplinary
日本研究セミナー
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Workshop, Seminar, Intensive Lecture)
Organization Department of Japanese Studies, University of Social Sciences and Humanities, Vietnam National University-Hanoi (Viet Nam)
Descriptions 申請機関には、日本に関して研究を行う学部がいくつかあるが、以前からその枠を越えてゼミ形式で学生が発表をし合う勉強会が実施されてきた。そうした組織を用い、ベトナム内外で様々な分野で日本研究を行っている学者・研究者を招いて講演および学生指導をしてもらい、学生のレベル向上を目指す。
Project Director Ms. Phan Hai Kinh (東洋学部日本学科長)
Discipline Interdisciplinary
Asia Pacific Week (Japan Program)
Duration February 1 - 7, 2007 (Seminar)
Organization Japan Centre, Faculty of Asian Studies, The Australian National University (Australia)
Descriptions 「アジア・パシフィック・ウィーク」は、ANUのアジア太平洋研究学院が開催する大学院生向けのサマースクール。ワークショップ、図書館紹介、映画上映等実施。この一環として、日本学科は2005年よりサマースクールを実施しているが、2007年はアジア太平洋からより多くの大学院生の参加を得たいとしており、域内からの6名の大学院生、講師の渡航費を基金に要請。
Project Director Dr. Lee Duck-Yamg (Japan Program Convenor)
Discipline Interdisciplinary


Work and Gender in Modern Japan and Korea
Duration July 10 - 12, 2006 (Conference)
Organization Department of Japanese and Korean Studies, School of Languages and Cultures, Faculty of Arts, University of Sydney (Australia)
Descriptions 今年2月にイェール大学にて開催するワークショップの成果を受け、日本と韓国の近・現代社会におけるジェンダーと労働問題をテーマに、7月に13名の研究者を集め、ワークショップを開催する。シドニー大学の大学院生、教授陣も参加。13名の論文の摘要は既に出来上がっており、論文は事前に執筆者全員に送付され、執筆者は他の論文に関するコメントを持って参加。成果はRoutledge Curzonから出版予定。
Project Director Dr. Ruth Barraclough (Research Associate, Department of Japanese and Korean Studies, University of Sydney)
Discipline Interdisciplinary
The Future of Japanese Studies and Its Role in Australia-Japan Relations
Duration December 10 - 16, 2006 (Conference)
Organization Japanese Studies Centre, Monash University (Australia)
Descriptions メルボルン近郊5大学の日本研究者が中心となり、日豪関係の変遷をとらえつつ豪州における日本研究の将来を考えるため国際会議を、初期の日本人コミュニティがあった北西オーストラリアのブルームで2006年12月に開催。日豪交流年記念事業。会議開催に先立ち、ウェッブサイト上で議論を開始。日本社会の変化、豪における日本語学習ニーズの変化、日本研究者の役割の変化など論じる。
Project Director Prof. Ross Mouer (Director, Japanese Studies Centre, Monash University)
Discipline Interdisciplinary
NCC Electronic Resources Training Workshops for 2006-07
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Conference)
Organization The North American Coordinating Council on Japanese Library Resources (NCC) (U.S.A.)
Descriptions 日本関連電子情報の需要が高まっていることを受け、日本語特有の様式で構築されたデータベース等電子情報の活用といった、専門的な技術を身に付けた日本研究資料専門司書を養成するワークショップ。過去のレッスン・プランのインターネット上の掲示も予定。
Project Director Ms. Victoria Lyon Bestor (Executive Director)
Discipline Interdisciplinary
XVII Encontro Nacional de Professores Universitarios de Lingua, Literatura & Cultura Japonesa
Duration August 31 - September 1, 2006(Conference, Seminar, Workshop, Intensive Lecture)
Organization Center for Japanese Studies, University of São Paulo (Brazil)
Descriptions 日本語・日本文学・日本文化の各分野にわたる多角的内容を目指し、二日間の日程でブラジル内外の研究者が講演・ディスカッション・研究発表を行う。特にパネル・ディスカッションは多くのテーマを企画し、文化・宗教・文学・言語・日本語教育などについてあらゆる角度から議論する。
Project Director Prof. Madalena Natsuko Hashimoto Cordaro (Vice-Director)
Discipline Interdisciplinary
ブラジルの対日理解に資する日本関連の基本情報・データ収集とポルトガル語による「現代日本事典」出版事業
Duration April 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research)
Organization Faculty of Philosophy, Letters & Human Sciences, University of São Paulo (Brazil)
Descriptions 現在ブラジルには、日本に関して簡便で内容面でも正確で、アカデミックな面から見ても役立ち得るポルトガル語による総合的な情報源がほとんどないため、対日理解に役立つ基本情報・データの収集作業を進め、「現代日本事典」を発行することを意図する。また、執筆者選定にあたり、多様な学問領域に属する、日本に関心をもつブラジル人専門家を発掘し、そのネットワーク化を図る。
Project Director Mr. Koichi Mori (Professor)
Discipline Interdisciplinary
International Congress of the Latin American Association for Asian and African Studies
Duration October 3 - 7, 2006 (Conference)
Organization Japanesen Studies Network within ALADAA, Latin American Association for Asian and African Studies, A.C. (Mexico)
Descriptions 中南米全地域に渡るアジア系人文・社会科学研究学会の年次総会。日本とスペインからゲストスピーカーを招聘する。日本に関しては2つの基調講演と6つのパネルディスカッションを実施する。
Project Director Dr. Michiko Tanaka (Professor-researcher and former general secretary of ALADAA)
Discipline Interdisciplinary
Japan's New Cultural Power: The Case of Manga
Duration April 30, 2006 - April 30, 2007 (Joint-Research, Conference, Workshop)
Organization National Foundation for Political Science (France)
Descriptions 漫画を取り巻く外的環境について研究しながら、グローバリゼーションについて考察するという研究。ヨーロッパとアジアからのリサーチチームを作り、ワークショップと研究会、及びパリで国際会議を開催する。
Project Director Prof. Jean Marie Bouissou (Senior Research Fellow)
Discipline Interdisciplinary
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration March 8 - 10, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization Japan Centre, Munich University (Germany)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Franz Waldenberger (Professor for Japanese Economy)
Discipline Interdisciplinary
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration March 1, 2005 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Leiden (Netherlands)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Rikki Kersten (Professor, Modern Japan Studies)
Discipline Interdisciplinary
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration May 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Leeds (U.K.)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Mark Williams (Professor of Japanese Studies; Head of Department of East Asian Studies)
Discipline Interdisciplinary
European Academic Network in Modern Japanese Studies (EANMJS)
Duration May 1, 2006 - March 31, 2007 (Joint-Research, Workshop)
Organization University of Sheffield (U.K.)
Descriptions リーズ、ライデン、ミュンヘン、シェフィールドの4大学による近現代日本学の共同研究とネットワーク事業。
Project Director Prof. Glenn D. Hook (Director, Center for Japanese Studies)
Discipline Interdisciplinary

Page Top