トルコ・日本の学生によるふろしきデザインコンテスト 基金若手職員プラス1が選ぶグッドデザイン賞

 

 

基金若手職員プラス1が選ぶグッドデザイン賞(10点)決定!

-2010年トルコにおける日本年記念―「トルコ・日本の学生によるふろしきデザインコンテスト」では、お蔭様で日本からたくさんのすばらしいデザインのご応募をいただきました。
そこで先日行われた公式審査会で惜しくも選外となった日本の学生さんのデザインの中から、「基金若手職員プラス1が選ぶグッドデザイン賞」10点を選出しました。
日本の学生さんがトルコについて一生懸命に調べてデザインしたオシャレでカラフルな力作ばかりです。どうぞお楽しみ下さい。

 

 

【審査員】


阿部 幸、鈴木 一絵、田中 洋二郎、山出 有紀子、米山 奈緒、渡辺 愛、内田 康子

 

【基金若手職員プラス1が選ぶグッドデザイン賞】

 

入賞ふろしきデザイン画像1

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [Turquoise & Green tea]
Designer:小山 詩織 (おやま しおり)
School:山脇美術専門学院ビジュアルデザイン科

コンセプト:日本の桜の背景にトルコ石のカラーを、トルコの国花チューリップの背景に抹茶色を置くことで、両国の融合を表した。トルコアイスをモチーフにした上へ伸びていく線は両国の繁栄を象徴している。

入賞ふろしきデザイン画像2

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 民俗楽器 ]
Designer:鈴木 健太 (すずき けんた)
School:日本工学院専門学校デザインカレッジグラフィックデザイン科

コンセプト:音楽をテーマに、日本とトルコの楽器を組みあせて、両国の融合を試みた。

 

入賞ふろしきデザイン画像3

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [トルコと日本「Blossom & Bloom」]
Designer:張 菁容 (ちょん ちんよん)
School:慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科

コンセプト:日本の桜とトルコのチューリップを合わせ、さらに両国の美しさを表現した。日本とトルコの友好は両国の国花のように咲き続けている。

入賞ふろしきデザイン画像4

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 結(ゆい) ]
Designer:土井 遼太 (どい りょうた)
School:東京藝術大学美術学部デザイン科

コンセプト:日本とトルコが結びつく様子を、それぞれの国をイメージした配色の帯が交わり、結ばれている図柄で表現した。周囲にトルコの伝統織物キリムにも見られる幸福や愛という意味を持つ馬の模様を配置し、新しさと伝統的な雰囲気を併せ持つデザインにした。

 

入賞ふろしきデザイン画像5

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 平和にツナガル ]
Designer:中村 直人 (なかむら なおと)
School:デジタルハリウッド東京本校グラフィックデザイン専攻

コンセプト:日本とトルコのつながりは「誰も不幸にならず、枠に囚われず、平和に繋がってほしい」という願いをこめて、両国の土地が繋がっているイメージをデザインした。

入賞ふろしきデザイン画像6

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 象徴 ]
Designer:橋本 夏生 (はしもと なつき)
School:日本デザイナー学院グラフィックデザイン科

コンセプト:日本とトルコの国旗をモチーフにしたデザイン。また、国花を合体させてひとつの花のマークを創作した。一見桜に見えるが、よく観ると桜の花びらのひとつひとつがチューリップになっている。

 

入賞ふろしきデザイン画像7

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 友好相撲 ]
Designer:原田 一樹 (はらだ かずき)
School:桑沢デザイン研究所総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻

コンセプト:日本とトルコにはそれぞれ相撲という伝統文化がある。この共通点を生かして、トルコのラクダと日本の力士が相撲をしている様子をイメージした。

入賞ふろしきデザイン画像8

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 唐草 ]
Designer:廣瀬 和哉 (ひろせ かずや)
School:杉野服飾大学短期大学部服飾学科

コンセプト:トルコの自然と日本の唐草模様のイメージを重ねてみた。背面のカラーはトルコ石のカラーとし、また全体的に草が生い茂る感じを出した。

 

入賞ふろしきデザイン画像9

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 紡ぐ ]
Designer:三熊 真代 (みくま まよ)
School:名古屋コミュニケーションアート専門学校総合デザイン科グラフィックデザイン専攻

コンセプト:絆を結んでいくイメージから、日本の着物、トルコの絨毯といった織物の柄をモチーフにデザインした。また、ベースの市松模様に、さりげなく日本とトルコの国旗を入れて、遊び心も入れてみた。

入賞ふろしきデザイン画像10

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ 舞う ]
Designer:李 ダウン (り だうん)
School:日本工学院専門学校デザインカレッジグラフィックデザイン科

コンセプト:日本の桜と伝統的な模様、そしてトルコの土器に使われた花模様を使って、両国が仲良く舞っているイメージを表現した。

 

■お問い合わせ
ジャパンファウンデーション 事業開発戦略室 担当: 内田
電話: 03-5369-6061 Fax: 03-5369-6037 E-mail

ページトップへ戻る