速報! ―ポーランド・日本文化交流― 「ポーランド・日本の学生によるふろしきデザインコンテスト」結果発表

 

2011年、国際交流基金(ジャパンファウンデーション、略称JF)は、ポーランドが日本との関係強化を重要と位置付けたことを受け、ポーランド・日本文化交流事業として、ポーランドと日本のこれからのデザインを担う学生を対象に「ポーランドと日本の融合をイメージしたもの」というテーマのもと、ポーランド・日本の学生によるふろしきデザインコンテスト」を実施しました。

同コンテストには両国から全140点の応募がありましたが、このたびその中から以下のとおり受賞作品(最優秀賞1点、優秀賞1点、入賞10点)が決定しました。

 

<最優秀賞>

最優秀賞ふろしきデザイン画像

※ クリックすると拡大します

●タイトル: 「ユートピア」
国籍:ポーランド
デザイナー:Marta Sibielak(マルタ・シビエラック)
学校:グリヴィッツェ美術高校

コンセプト:ポーランドと日本に関連する、代表的な要素を描きたかった。ポーランド側はコウノトリ、日本側は有名な鯉を選んだ。両国のナショナルカラーが入っている。

 

 

<優秀賞>

優秀賞ふろしきデザイン画像

※ クリックすると拡大します

●タイトル: 「鮮やかな宇宙」
国籍:日本
デザイナー:上原翔吾
学校:京都大学大学院 農学研究科森林科学専攻

コンセプト:地動説を提唱し天文学の分野で偉大な功績を残したニコラウス・コペルニクスがポーランド出身であることに注目し、惑星が公転する様子をイメージした作品とした。日本とポーランドの国旗に共通して用いられている赤と白、さらに日本の伝統色で宇宙空間を表現した。

 

 

<入賞>

入賞ふろしきデザイン画像1

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ポーランドと日本の文化の流れ]
国籍:ポーランド
デザイナー:クラウディア・ステファノフスカ(Klaudia Stefanowska
学校名:ポズナン芸術大学

入賞ふろしきデザイン画像2

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [国旗×2]
国籍:日本
デザイナー:坂口りな
学校名:杉野服飾大学 服飾学部服飾学科

 

入賞ふろしきデザイン画像3

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [鳥のひらめき]
国籍:ポーランド
デザイナー:エルジビエタ・チャプラ(Elżbieta Czapla)
学校名:ヴロツワフ美術大学

入賞ふろしきデザイン画像4

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [文様の葉]
国籍:ポーランド
デザイナー:佐藤カロリナ(Karolina Satou
学校名:大塚テキスタイルデザイン専門学校

 

入賞ふろしきデザイン画像5

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ポーランド&日本]
国籍:ポーランド
デザイナー:マリア・ドゥシェンコ(Maria Duszenko
学校名:ポーランド日本情報工科大学

入賞ふろしきデザイン画像6

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [国旗×国旗]
国籍:日本
デザイナー:山田大介
学校名:名古屋モード学園

 

入賞ふろしきデザイン画像7

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [ウォヴィチ風の日本]
国籍:ポーランド
デザイナー:エミリア・チフィエチコフスカ(Emilia Cwieczkowska
学校名:クラクフ美術大学

入賞ふろしきデザイン画像8

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [Polish Flag x Hinomaru]
国籍:日本
デザイナー:櫻井綾
学校名:新潟薬科大学 応用生命科学部応用生命科学科

 

入賞ふろしきデザイン画像9

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [日本の鶴とポーランドの白鷲-折り紙]
国籍:ポーランド
デザイナー:マルティナ・クチェイチック(Martyna Kuciejczyk
学校名:オルシュティン国立美術高校

入賞ふろしきデザイン画像10

※ クリックすると拡大します

●タイトル: [お茶会]
国籍:日本
デザイナー:増井千里
学校名:新潟デザイン専門学校 雑貨・ジュエリーデザイン科

 

今後、最優秀賞および優秀賞を受賞した2作品は「ポーランド・日本文化交流」記念グッズとしてふろしきに製品化され、ポーランドと日本の交流に役立てます。

ご応募頂いた学生や学校関係者の皆様の本コンテスト対するご協力に心よりお礼申し上げます。JFはふろしきの紹介を通じて、今後益々両国の交流が深まることを願っています。


ページトップへ戻る