特別公開シンポジウム~東日本大震災から1年 復興に「文化」の視点を

東日本大震災から1年が経とうとしています。復興における困難な課題は未だ多岐にわたっておりますが、本シンポジウムでは、「文化」の視点から震災後の現状に光を当て、解決策を探っていきます。
特に、コミュニティの再生、居場所や心の回復をはじめとする諸課題について、海外の経験やそこから得られた知見を踏まえつつ、中長期的な視野から復興に向けた「文化」の役割と可能性について議論を交わし、今後のあり方を展望します。

復興に「文化」の視点を
【PDF:379KB】

*クリックするとPDFファイルが開きます。

テーマ:復興に「文化」の視点を

詳細
日時 2012年3月1日 木曜日 午後1時から5時
会場 青山学院大学アイビーホール2階ミルトス アクセス
言語 日本語
参加費 無料
申込方法

FAX(03-3409-6590)またはEメール(info@jripec.aoyama.ac.jp)にて、2月29日(水) までにお申し込みください。会場の都合により、定員に達し次第、締め切りとさせていただきます(先着順)。

  • Eメールでのお申し込みに際しては、Eメールの件名を「シンポジウム参加申込」とし、お名前、ご所属、Eメールアドレスをご明記ください。
  • ご記載いただきました個人情報については、国際交流共同研究センター*にて厳重に管理し、他の目的で利用することはありません。

*国際交流基金は、青山学院大学と連携・協力して、国際交流共同研究センター(Joint Research Institute for International Peace and Culture)を運営しています。同センターは、国際交流についての研究、活動の分析・評価ならびに国際交流技法の開発などの研究を実施し、その研究成果を広く社会に還元することにより国際交流の発展に寄与することを目的としています。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る