多文化状況の最前線では何が起こっているのか 英国(北アイルランドを中心に)、フランスの動向から

研究会のチラシ画像
*クリックするとPDFファイルが開きます 【PDF:340KB】

国際交流基金は、青山学院大学と連携・協力して、国際交流共同研究センター(Joint Research Institute for International Peace and Culture)を運営しています。同センターは、国際交流についての研究、活動の分析・評価ならびに国際交流技法の開発などの研究を実施し、その研究成果を広く社会に還元することにより国際交流の発展に寄与することを目的としています。

このたび、多文化共生プロジェクトの一環として、以下のとおり研究会を開催します。

 

 

 

 

日時 2012年 3月 13日 火曜日 14時から16時
会場 総研ビル 3階 第11会議室 アクセス
テーマ 多文化状況の最前線では何が起こっているのか
英国(北アイルランドを中心に)、フランスの動向から
講師 尹慧瑛氏(一橋大学) 「北アイルランド問題と移民」
宮崎友子氏(立教大学)「多文化化する社会にいかにフランスは対応してきたか」
言語 日本語
参加費 無料
お問い合わせ Eメールの件名を「3月13日研究会参加申込」とし、お名前・フリガナ・ご所属・役職・メールアドレスを明記のうえ、E-mail 宛、3月11日(日)までにお申し込みください。
なお、会場の都合で満席になり次第、締切日前でも締め切らせて頂くことがございます。
※ご記載いただきました個人情報については、国際交流共同研究センターにて厳重に管理し、他の目的で利用することはありません。

 

 

 

ページトップへ戻る