2012 JFICライブラリー特別展示 出版物でふり返る国際交流基金の40年

国際交流基金は1972年(昭和47年)10月の設立以来40年にわたり、世界各国において国際文化交流事業を総合的に実施してまいりました。
JFICライブラリーでは基金設立40周年を記念して、これまでの主な事業をライブラリー所蔵資料でご紹介いたします。

出版物でふり返る国際交流基金の40年
【PDF:2,286KB】

*クリックするとPDFファイルが
開きます

詳細
会期 2012年9月28日 (金) から 12月21日 (金)まで
(月) から (金) 10時 から 19時
休館:土曜・日曜・国民の祝日・10月31日・11月30日・11月12日から16日
*11月12日 (月) から16日 (金) までは展示入替期間のため、展示はありません。
会場 国際交流基金 JFICライブラリー1~2階
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1 アクセス
入館 無料

ポスター展示


特別展示アンケートの感想

  • 国際交流基金のひとつひとつの事業はぽつぽつ知っていましたが、年表と共に見ると、
    どういった時代背景の中でどんな必要性があって計画されてきたのかが立体的に見えて
    とても興味深かったです。
  • 海外の本で日本を紹介しているような絵・写真に触れることができ、一瞬世界旅行ができたように思えるひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございました。 これからもいろいろな国と仲良くできるようがんばりたいと思いました。元気をもらいました。
  • 国際交流基金が40年間日本のポジティブな情報、文化を海外へ紹介してきたことがわかった。通りかかるまで国際交流基金自体を知らなかったが、今後は注目しようと思う。
  • 日本文化を海外に発信、紹介した記録や美術展カタログを拝見しました。今では既に亡くなってしまっている作家さん達も紹介されており、当時の記録をこのように印刷物として残していくことの大切さを実感しました。今では貴重な資料の一つですね。
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る