16号(1)

仙台クリエイティブ・フォーラム
「交差するクリエイティブ・パワー~世界から地方へ、地方から世界へ」開催
概要報告 その1

Page 1 / Page 2

フォーラムの写真1

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、地域における国際文化交流の活性化に役立つセミナーやシンポジウムを地域のアクターと共催で実施しています。

フォーラムの写真2

2008年の金沢市でのシンポジウム「都市を刺激するアート」に続き、2009年3月23日に仙台市、宮城県美術館との共催で、「交差するクリエイティブ・パワー~世界から地方へ、地方から世界へ」と題し、仙台クリエイティブ・フォーラムを開催いたしました。

仙台市とその隣接する地域では、映像メディア、現代アート、建築、デザインなどのクリエイティブな活動を軸に、街を再生しようと動きが高まっており、仙台を拠点とするクリエーターたちが世界に進出し始めています。今後、同様な活動を行なっている海外のネットワークとつながり、情報やノウハウの共有とともに人的なネットワークがなお一層広がっていくことが求められています。

そこでモデレーターに、本江正茂さん(東北大学大学院准教授)、パネリストとして、ドリュー・へメントさん(「フューチャーソニック」ディレクター&CEO)、中谷日出さん(NHK「デジスタ」ナビゲーター)、鷲田めるろさん(金沢21世紀美術館)、小川直人さん(「ローグ」メンバー)をお迎えして、国際的なアート・フェスティバルが単に作品の発表や展示だけではなく、アイディアや対話を促進し、街を活性化する起爆剤となる可能性、さらにローカルな場に潜在するクリエイティブな人材が対外発信し、グローバルにつながっていくことの重要性について討議しました。

仙台クリエイティブ・フォーラム
「交差するクリエイティブ・パワー~世界から地方へ、地方から世界へ」開催 
概要報告

日時: 2009年3月22日 日曜日 14時20分から17時 (開場13時30分)
会場: 宮城県美術館 講堂(仙台市青葉区)
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、仙台市、宮城県美術館
協力: ブリティッシュ・カウンシル
後援: クリエイティブ関連都市型フェスティバル調査研究会(FesLab
内容:

(敬称略)

1. 主催者挨拶

  • ジャパンファウンデーションより、地域におけるクリエイティブ・シティの動きやアートを通じた地域活性化、それに伴う国際文化交流の発展を期待する旨挨拶。(姫田美保子 コミュニケーションセンター次長より)
  • 仙台市より挨拶と仙台市の方針についての説明 (天野元 経済局産業政策部産業振興課長より)
    仙台市では、今後流出人口が増大し、人口減が予想されることもあり、市民生活の量的拡大より質を高めることを目指している。そこで世界的にも注目されている「クリエイティブ・シティ」的な発想を取り入れ、産官学で連携を取りつつ、クリエイティブ産業の振興を目指したいという問題意識がある。

2. <事例紹介>

「フューチャーソニック」について ドリュー・ヘメントさんプレゼンテーション

フォーラムの写真3

「フューチャーソニック」は、今では英国を代表するデジタルアートのフェスティバルとして知られている。このフェスティバルが開催されているマンチェスター市は人口60万ほどで、多様な文化背景を持つ住民が多い。マンチェスター市くらいの街の規模であれば、よりオープンで、分野を横断したイベントを企画できるのが強みである。街のサイズや首都からの距離などは仙台と似ているともいえる。英国では最初に産業革命を達成した都市として発展を遂げたが、第二次世界大戦後は急速に衰退したことから、現在は文化による都市の再生に挑戦しているところ。

「フューチャーソニック」の使命は、都市を舞台として、刺激し、活性化し、生き生きとした都市へ変容させていくこと。地元に密着し、その地元のアーティストが国際的なコミュニティ、クリエイティブなビジョンとつながるきっかけを作り出す役割も担っている。このフェスティバルの最もユニークな点は、大学と緊密な連携を取りながら、研究の一環として開催されていることで、大学の研究者たちも実験や発表の場として活用しており、研究に貢献しているということである。これまでフェスティバルの創造的なあり方を模索してきたが、今後は、音楽、アート、アイディアを3本柱にして、より多様なジャンルと多層な人々と関わっていきたいと考えており、名称も、「Futureverything」に変える予定。

フォーラムの写真4

今年(2009年)のテーマは、「ソーシャル・メディア」, 「ソーシャル・ネットワーキング」で、「ソーシャル・テクノロジー・サミット」。何がホットで新しいのか、その時々のトレンドを先取りした内容であれば、企業も情報を求めて参加してくるので、大学の研究にも貢献することになり、経済的発展にも寄与することになる。

フェスティバル自体は、年1回3日間だけの開催だが、事前事後に多くの準備や作業があり年間を通じた事業、プロセスである。また、アーティスト、企業、住民が一堂に会する大切な機会であり、地元にとっても大きなメリットになる。

最後に、チャールズ・ランドリー(Charles Landry)の言葉を紹介したい。「Making cities, there are no formula .街をつくる公式はない」ということである。

国際フェスティバル研究会(FesLab)について 柿崎慎也さんプレゼンテーション

FesLab」とは、Festival Laboratoryの略で、「お祭り研究室」ともいえるが、ヘメント氏が行なっているような活動を研究している団体である。現在同じ会場(宮城県美術館)で開催されている「Occur」展のプロデュースも行なっているが、Occurの意味は、ラテン語で川が源泉から流れるイメージを意味し、仙台市を拠点として新しいアートの動きが始まってほしいという願いから命名している。イベントの仕組みづくりを研究しており、建築家、作曲家など自分のドメイン(フィールド)を超え、横断的にディスカッションを重ねられる仕組み、プラットフォームを作りたい。2010年秋に最初のフェスティバル開催を目指している。とは言え、仙台市には、まだクリエーターの絶対数が限られているという実情があるので、プロデューサー、ディレクターを養成するのと同時に、若い世代の中からクリエイティブな才能をデザイナーや作曲家、アーティストを育てていきたい。

Page 1 / Page 2

ページトップへ戻る