平成16年度 国際交流基金賞/奨励賞 受賞者プロフィール

平成16年度 国際交流基金賞・国際交流奨励賞

国際交流基金賞

穐吉 敏子(あきよし としこ) 氏 (ジャズピアニスト・作曲家) [日本]

経歴

旧満州(現在の中国・遼寧省)の遼陽に生まれる。引揚げ後、九州の駐留軍クラブのピアニストとなる。上京後、1951年に渡辺貞夫を加えコージー・カルテットを結成。1953年、来日したオスカー・ピーターソンに認められ、ノーマン・グランツの手で初録音を果たし、アメリカのジャズ・シーンに紹介される。1956年、米国バークリー音楽院に奨学生として留学、1959年に卒業。1973年、ロサンゼルスで夫ルー・タバキンと「トシコ・タバキン・ビッグ・バンド」結成。1977年に水俣病を題材にした「ミナマタ」を含むアルバム「インサイツ」が『ダウンビート』誌のベストアルバムに選ばれる。1983年、ニューヨークで「穐吉敏子ジャズオーケストラ」結成。1999年、ジャパンファウンデーションの派遣助成を受けて南米(チリ、ブラジル)を巡回公演。2001年、「ヒロシマ そして終焉から」を広島で初演。2003年、リンカーン・センターでビッグ・バンド結成30周年記念公演。同年、カーネギーホールでオーケストラ解散コンサート。2004年秋、セクステットでの来日公演が決定している。

著作

『ジャズと生きる』(1996、岩波新書)

代表曲『ロング・イエロー・ロード』『すみ絵』『孤軍』『ミナマタ』『花魁譚』など多数。

受賞歴

1974

ジャズ・ディスク大賞銀賞(アルバム『孤軍』)

1975

第1回南里文雄賞

1982

「ダウンビート」誌国際批評家投票で作曲・編曲・ビッグバンドの3部門で第1位

1986

リバティー賞(「自由の女神100年祭」)

1997

紫綬褒章、ミュージックペンクラブ音楽賞、エイボン芸術賞

1999

国際ジャズ名声の殿堂入り

1999

横浜市文化賞、大分市合同新聞文化賞

2000

第16回東京都文化賞

2002

ニューヨーク日本商工会議所栄誉賞

2004

ケネディ・センター・メアリー・ルー・ウィリアムズ・ウィミン・イン・ジャズ賞

ほか、グラミー賞候補として15回ノミネート

国際交流奨励賞

文化芸術交流賞

ジェームズ・クワント氏 シネマテーク・オンタリオシニア・プログラマー【カナダ】

略歴

サスカチェワン大学卒業後、1985~90年ハーバーフロントセンターの映画部門を経て、1990年よりシネマテーク・オンタリオの上映企画を担当。世界の映画史をテーマとした特集上映で知られるシネマテークにて、日本の監督の作品を精力的に紹介してきた。1991年ジャパンファウンデーションの招へいにより訪日。2000年より現職。

業績

1990年から現在にかけて、黒沢明、鈴木清順、今村昌平、市川崑、深作欣二、溝口健二、小津安二郎などの作品巡回上映会を実施。映画批評や映画史に関する論文多数。北米地域を中心に講演多数。

受賞歴

1995

フランス芸術文化勲章

1999

全米映画批評家協会・特別賞

2001

トロント映画批評家協会・功労賞 ほか

国際交流奨励賞

日本語教育賞

李 德奉(イー・トクボン) 氏 同徳女子大学校 外国語学部教授【韓国】

経歴

ソウル教育大学教育学科、国際大学日本語科卒業後、筑波大学にて修士号(国際学)、博士号(言語学)を取得。1983年より同徳女子大学校外国語学部日本語専攻教授。2001年より明海大学外国語学部日本語学科客員教授。1999~03年韓国日本学会会長。

著作

『メタファーの心理学』(1990)

『マルチメディア言語教育の理論と実際』(共著、1999)

『ふれあい日本語』(日・韓・中3カ国版/2001~2002)

『総合的日本語教育を求めて』(共著、2002)

など多数。

受賞歴

1975

全国教育資料展ソウル市教育監奨励賞

2000

教育・奉仕部門優秀教授賞(同徳女子大学)

日本研究賞

高良 倉吉(たから くらよし)氏 琉球大学法文学部教授【日本】

経歴

愛知教育大学卒業後、沖縄史料編纂所、沖縄県立図書館史料編纂室専門員、沖縄県立博物館主査、浦添市立図書館長を経て現職。九州・沖縄サミットの際、会場となった首里城の復元に貢献。

著作・
受賞歴

1980

『沖縄歴史論序説』

1981

『琉球の時代』で沖縄タイムスより出版文化賞

1988

『琉球王国の構造』(1987)で沖縄文化協会より沖縄文化協会賞

1988

地域活性化に対する貢献で日本青年会議所よりTOYP大賞

1990

『琉球王国史の課題』(1989)で沖縄タイムスより伊波普猷賞

1993

『琉球王国』

1997

琉球王国史の研究で沖縄協会より沖縄研究奨励賞

1998

『アジアのなかの琉球王国』など多数。

2000

九州・沖縄サミット社交行事への寄与により外務省九州・沖縄サミット準備事務局より感謝状

ページトップへ戻る