をちこちMagazineオープン収録 〜3.11後の若者の行動から社会・文化を考える〜

宮台真司(社会学者)
五十嵐太郎(建築批評家)
津田大介(メディアジャーナリスト)

~3.11後の若者の行動から社会・文化を考える~の写真
~3.11後の若者の行動から社会・文化を考える~
【PDF:181KB】

*クリックするとPDFファイルが開きます

社会、経済、文化、あらゆる面において、「3.11」は、時代の大きな転換点になりつつある。 東日本大震災が日本社会及び海外との関係に与える影響について、 若者やクリエイティブな分野で活躍する人たちの動向、ITメディアなどの文化を通して、 震災後の社会・文化の変化とその背景について有識者3名が分析する。

アンケートにお答えいただいた方から抽選で100名様ご招待!
※お申し込みは締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。当選者の方達へはメールで通知させていただきました。
当日のイベントはUstreamでライブ配信いたします。こちらからご覧ください。


日時 2011年5月26日 木曜日 18時から19時
会場  国際交流基金 JFICホール[さくら] アクセス (東京都新宿区四谷4-4-1 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」1番出口徒歩2分)
入場 入場 無料(要予約/定員100名)
要事前申込

イベントはオンラインで視聴可能
UStream 配信: http://www.ustream.tv/channel/jfair
Twitter でライブつぶやき
@japanfoundation

■ゲストプロフィール:

宮台真司(みやだいしんじ) 
社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。1959年仙台市生まれ。
東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。著書「日本の難点」他100冊

五十嵐 太郎(いがらし たろう)
建築史家、建築評論家。1967年 フランス・パリ生まれ。
東北大学大学院(Sendai School of Design)教授。著書「見えない震災」国際交流基金主催ヴェネチア・ビエンナーレのコミッショナー。

津田 大介(つだ だいすけ)
メディアジャーナリスト。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師1973年東京都生まれ。
著書「Twitter社会論~新たなリアルタイ ムウェブの潮流~」

7月7日(木)にはドイツ・ベルリンで「東日本大震災とメディアの役割」シンポジウム開催。
ゲストは津田大介 (メディアジャーナリスト)、今井義典 (立命館大学客員教授、元NHK副会長)、沢村亙(朝日新聞ヨーロッパ総局長)他

[お問い合わせ]

国際交流基金 情報センター 
担当: 良知(らち)
をちこちMagaizneイベント事務局 E-mail

ページトップへ戻る