災害情報はどのように伝えられたか―多文化社会日本のメディア環境と課題―

主催:NPO法人地球ことば村・世界言語博物館
共催:国際交流基金 後援:財団法人放送文化基金

シンポジウムのチラシ画像 【PDF:1.2MB】
*クリックするとPDFファイルが開きます。

2011年3月11日の東日本大震災と原子力発電所事故は、被災地に住む在日外国人にとってのことばの問題、情報伝達について大きな問題も明らかにしました。日本語理解が十分でない外国人に、災害の状態や避難経路を伝える情報がどのように伝わったのか、あるいは伝わらなかったのか。NPO法人地球ことば村は岩手県、宮城県など被災地の数か所で実態調査を行いました。今回のシンポジウムでは、その報告に続いて、当事者でもある専門家を含めたパネリストが、外国人登録者数213万余(2010年)という多言語・多文化社会日本におけるよりよい情報伝達のあり方を、会場の参加者と共に考えます。「誰でもが住みやすい日本に」という願いをこめて、多くのかたの参加・ご意見をお待ちしています。


日時 2012年2月25日 午後1:00-5:00
会場 国際交流基金JFICホール「さくら」アクセス
パネリスト 周飛帆 千葉大学言語教育センター准教授
李善姫 東北大学国際高等研究教育機構助教
日比野純一 fmわいわい(神戸)代表
米倉律 放送文化研究所メディア研究部主任研究員
プログラム 1)在日外国人への情報伝達の調査報告(福島県・宮城県・岩手県)
2)パネルディスカッション  
3)全体討議
定員 90名
参加費 無料
参加申込 2012年2月20日までに下記宛先へEメールあるいは電話でお申し込み下さい。
申込先 NPO法人地球ことば村・世界言語博物館事務局
03-5798-2828  E-mail 
*当日参加は座席に余裕があれば可能です。

■ 本事業のお問合せ
国際交流基金 情報センター
担当: JFICイベント担当
TEL: 03-5369-6075 FAX: 03-5369-6044 E-mail

  • 参加申込みは、上記NPO法人地球ことば村へお願いします。
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る