お知らせ 平成18(2006)年度

JFICライブラリーからのお知らせ 2007年3月

  • 蔵書検索(OPAC)のURLが変更になりました。
  • 2月受入の新着資料一覧【PDF:40KB】
  • 『NIPPON』の展示風景1 展示ケースにて、名取洋之助(写真家)が手がけた雑誌『NIPPON』を展示
    JFICライブラリーでは、前月に引き続き写真家の名取洋之助(1910-1962)主宰の日本工房が制作した書籍を展示しました。
    今回の展示は、折り本『日本』(1938)と『Cinema Year Book of Japan 1938』です。
    折り本『日本』は屏風や仏教の経典のように折りたためる写真帖で、日本の文化・風俗を伝える様々な写真をモンタージュして制作されています。
    Cinema Year Book of Japan 1938』は、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の前身である国際文化振興会が発行したものです。欧米へ向けて日本文化への理解を促す目的で制作されました。

JFICライブラリーからのお知らせ 2007年2月

  • 1月受入の新着資料一覧【PDF:37KB】
  • 『NIPPON』の展示風景2 展示ケースにて、名取洋之助(写真家)が手がけた雑誌『NIPPON』を展示
    JFICライブラリーでは、戦前から戦後にかけて活躍した写真家の名取洋之助(1910-1962)が手がけた雑誌『NIPPON』を展示しています。
    NIPPON』とは、同氏が主宰した日本工房が刊行した季刊対外宣伝誌であり、昭和9年から昭和19年までの10年間に36冊の刊行が確認されています。当誌は、英・独・仏・西語で書かれ、日本を紹介するための対外宣伝の役割を担った欧米向け大判グラフ雑誌でした。質の高い写真と斬新なレイアウトデザイン、そして当時を代表する一流の執筆者によって書かれた記事を用いることで、日本のグラフィックデザインの歴史を大きく塗り替えました。

JFICライブラリーからのお知らせ 2007年1月

  • 12月受入の新着資料一覧【PDF:41KB】
  • 成果物の展示風景1 展示ケースにて1992年から2002年までの事業の成果物を展示
    JFICライブラリーでは、10月から『国際交流基金30年のあゆみ』刊行に伴い, これまでに実施した代表的な事業の成果物を展示しました。今回はパート3として、1992年から2002年までの事業成果物を紹介しました。

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年12月

  • 11月受入の新着資料一覧【PDF:112KB】
  • ライブラリー年末年始休館のお知らせ: 2006年12月23日土曜日から2007年1月8日月曜日は休館いたします。新年は2007年1月9日火曜日より通常の開館となります。

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年11月

  • 成果物の展示風景2 展示ケースにて事業の成果物を展示
    JFICライブラリーでは、10月から『国際交流基金30年のあゆみ』刊行に伴い, これまでに実施した代表的な事業の成果物を展示しています。11月はパート2として、設立1982年から1991年までの事業成果物を紹介しました。
  • 10月受入の新着資料一覧【PDF:127KB】
  • 10月の入荷品(JFICショップ)
    JFICショップでは、ジャパンファウンデーションが発行している出版物やグッズ等を販売しています。10月は、『遠近13号』、『世界は村上春樹をどう読むか』、『講座 台湾文学』、『アジア理解講座 「~文学を味わう」シリーズ報告書』、『第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展 日本館カタログ 「藤森建築と路上観察-誰も知らない日本の建築と都市-」』、『エリンが挑戦!にほんごできます。』、『世界の日本語教育(教育論集)第16号』を入荷しました。

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年10月

  • 9月受入の新着資料一覧【PDF:143KB】
  • 成果物の展示風景3 展示ケースにて事業の成果物を展示
    JFICライブラリーでは、『国際交流基金30年のあゆみ』刊行に伴い、これまでに実施した代表的な事業の成果物を展示しました。
    9月はパート1として設立(1972年)から1981年までの事業成果物を紹介しました。

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年9月

  • 8月受入の新着資料一覧【PDF:202KB】
  • 世界で刊行された村上春樹翻訳書を展示
    2006年3月に、ジャパンファウンデーション主催の国際シンポジウム&ワークショップ「春樹をめぐる冒険―世界は村上文学をどう読むか」が開催されました。
    このシンポジウムを契機に組まれた『遠近』12号の特集「世界は村上春樹をどう読んでいるか」にあわせて、JFICライブラリーでは村上春樹の翻訳書を展示しました。

    展示した作品は、村上春樹の代表作『羊たちの冒険』・『ノルウェイの森』・『ねじまき鳥クロニクル』の三作品の各国語版です。

    概要
    羊をめぐる冒険 スペイン・ポルトガル・スロバキア・英・独・露・中国 世界で刊行された村上春樹翻訳書を展示
    ねじまき鳥クロニクル 仏・ルーマニア・スペイン・独・デンマーク・伊・露・中国
    ノルウェイの森 仏・独・スロヴェニア・英・伊・露・ポルトガル・インドネシア・中国・ハングル

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年8月

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年7月

  • JFICラウンジにて、写真展 WONDERBUS JAPAN in Australiaを開催
    ワンダーバス・ジャパン第1、2回のプロジェクトに、記録者として参加したカメラマン・香庄謙一氏による写真展を開催。
    会期:7月31日月曜日から9月1日金曜日
  • JFICライブラリーは、8月19日土曜日は臨時休館いたします。
    その他の休館日については、こちらのカレンダーをご覧ください。
  • イラクの子どもたちに寄贈した図書の写真 イラクの子どもたちに寄贈した図書を展示しました。
    JFICライブラリーでは、ジャパンファウンデーションがイラクの子どもたちに寄贈したアラビア語図書を展示しました。
    皇后陛下のご著書『はじめてのやまのぼり』、高円宮妃殿下のご著書『氷山ルリの大航海』をアラビア語に翻訳したものなど、寄贈時の写真とともにご紹介しています。

JFICライブラリーからのお知らせ 2006年4月

図書館が、JFICライブラリーとしてリニューアルオープン!

ジャパンファウンデーションは、本部図書館の情報発信機能を強化し、2006年4月3日に、情報センターライブラリーとして、多機能に生まれ変わりました。

情報センターは、Japan Foundation Information Centerの頭文字をとって、JFIC(ジェイフィック)という愛称で呼ばれるようになります。図書館は、JFICライブラリー」と呼んでください。従来どおり外国語による日本関係資料や国際交流に関する資料を所蔵し、貸出やレファレンス・サービスを提供するのに加え、新たに視聴覚資料を取り揃えて、ご利用いただける場所となります。
また、

  • 国際交流や文化政策に関する基礎的な新聞記事ファイル
  • JFICライブラリーが所蔵する貴重本の展示
  • 雑誌『遠近(をちこち)』や主催展覧会の図録などの販売コーナー
    などが新設されました。

さらに、

  • ジャパンファウンデーションが運営する各種データベース検索
  • 古典日本文学や日本の知識人による講演録などのオーディオ資料
  • ジャパンファウンデーションが近年取り組んだ海外での主催事業を収めたビジュアル資料
    を、ご覧いただけるコーナーもできました。

そして、JFサポーターズクラブの入会手続きなども、JFICライブラリーで受け付けることもできるようになりました。

ライブラリーはどなたでもご利用になれます。みなさま、ぜひお越しください。(貸し出しは条件がございます)

  • * JFICライブラリーの視聴覚資料は、下記の企業の方々にご協力いただきました。御礼申し上げます。
  • 新潮社、TDK
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る