バックナンバー2号

┏━┓
┃☆┃ 今月の基金 What's New? Vol.2 2018/5/8
┗━╋...──────────────────────────────
 
Contents
1. キューバ・ハバナでの展覧会「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」 帰国展を東京で開催
2. 国内のイベント・お知らせ
3. 海外のイベント・お知らせ
4. をちこちMagazine
5. さらに!

■■ 1. キューバ・ハバナでの展覧会「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」帰国展を東京で開催 ■■
────────────────────────────── 
●キューバ・ハバナ市で開催した現代美術展「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」の展示を再構築し、スパイラルガーデン(東京)において帰国展を開催します。会期中、日本・キューバ両国のキュレーター・アーティストによるトークの開催も予定しております。[入場無料]
6月6日(水曜日)~17日(日曜日)11時~20時 スパイラルガーデン(スパイラル1階)
http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/domestic/2018/04-01.html

▼△▼ 2. 国内のイベント・お知らせ ▼△▼
──────────────────────────────
●国際交流基金アジアセンターは混成アジア映画研究会との共催で、「喪失の中の祈りと覚悟――映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波」と題したシンポジウムおよび上映会を実施します。[入場無料、定員:100名]
5月18日(金曜日)13時45分~20時30分 国際交流基金 本部 2階ホール[さくら]
http://jfac.jp/culture/events/events-e-konsei-asia-2018/?ref=icml_1805

●米国の草の根レベルで日本への関心と理解を深め、且つ米国における日本企業と地域コミュニティー等との連携を強化することを目的に、地域に根ざした交流活動を進める「日米交流ファシリテーター」/「日本語教育サポーター」を2年間派遣する新規事業「GEN-JGrassroots Exchange Network - Japan グラスルーツからの日米関係強化)」を実施します。現在募集を行っておりますので、ぜひふるってご応募ください。[募集人数:日米交流ファシリテーター、日本語教育サポーター各7名(計14名)程度、応募締切:5月11日(金曜日)]
http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/gen_j/index.html

●アジアの中学・高校などの日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや日本文化の紹介を行う“日本語パートナーズ”。現在、マレーシア5期生/ブルネイ4期生/シンガポール5期生を募集中です。また、本募集にあわせて募集説明会を全国各地で開催しています。どうぞお気軽にご参加ください。
説明会開催期間:4月21日(土曜日)~5月20日(日曜日)
募集要項:http://jfac.jp/partners/apply/?ref=icml_1805
説明会詳細:http://jfac.jp/partners/event/?ref=icml_1805

●映画監督やプロデューサーを目指すアジアの若者に、世界で活躍するためのノウハウや国際的なネットワーク構築の機会を提供する映画人材育成プロジェクト「タレンツ・トーキョー2018」の公募を行います。選抜された参加者は、第一線の映画人から自身の映画企画について直接アドバイスを受けることができます。皆様のご応募をお待ちしております。[募集期間:5月15日(火曜日)~6月15日(金曜日)、募集人数:国内外あわせて12名~15名、応募資格:東アジア、若しくは東南アジア地域の国籍を有する者又は現在これらのいずれかの国に居住する者で、映画監督・プロデューサーを目指す方]
11月19日(月曜日)~24日(土曜日) 有楽町朝日ホールほか(東京都内)
http://jfac.jp/culture/news/n-talents-tokyo-entry-2018/?ref=icml_1805

▼△▼ 3. 海外のイベント・お知らせ ▼△▼
──────────────────────────────
●日本とスペインの外交関係樹立150周年を記念して、王立サン・フェルナンド美術アカデミーにおいて、湯本豪一氏旧蔵の妖怪コレクション(現・広島県三次市所蔵)より、絵巻物、浮世絵、着物、帯、根付、印籠、武具、焼き物等を展示する「妖怪: 想像のイコノグラフィー 日本の超自然的イメージの起源としての百鬼夜行(仮称)」展を開催します。[入場無料]
7月17日(火曜日)~9月23日(日曜日)(※作品保護のため、8月21日から展示内容を一部入れ替えます。) 王立サン・フェルナンド美術アカデミー
http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/oversea/2018/04-01.html
 
●今年は日露交流を目的とした行事がロシア国内において開催される「ロシアにおける日本年」にあたります。5月に実施が予定されている「ロシアにおける日本年」開会式典に於いて、DRUM TAOによる、ロシア人ダンサー等とのコラボレーションも視野に入れた新作公演を実施する予定です(※非公開)。また、開会式ご列席の方々以外にも日本文化の多彩な魅力を紹介するため、モスクワ・ミュージカル劇場でも同公演を上演します。[要事前予約(500~10,000ルーブル) ]
5月29日(火曜日)20時  モスクワミュージカル劇場
http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/perform/oversea/2018/05-01.html

●日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念事業一覧を公開しました。
http://www.jpf.go.jp/j/about/area/2018/j_sweden_2018list.html

▼△▼ 4. をちこちMagazine ▼△▼
──────────────────────────────
●特集:日本の魅力をパリへ、そして世界へ ジャポニスム2018
 
◇2018年秋、京都からパリへ時代を超えた旅で出会う琳派300年の創造展
パリ市立チェルヌスキ美術館キュレーター マヌエラ・モスカティエッロ氏 インタビュー
http://www.wochikochi.jp/topstory/2018/04/rinpa-300years.php
 
◇マリー・コラン フェスティバル・ドートンヌ芸術監督に聞く舞台芸術プログラム
フェスティバル・ドートンヌ芸術監督 マリー・コラン氏 インタビュー
http://www.wochikochi.jp/special/2018/04/marie-coran.php
 
◇ジャポニスム2018 響きあう魂 今世紀最大規模の日本文化・芸術の祭典
ジャポニスム事務局長 増田是人
http://www.wochikochi.jp/report/2018/04/japonismes2018.php

●地道な継続がつくる、近い未来の多文化共生社会とは?
岡﨑広樹×楠めぐみ×真田ありさ×山野真悟
http://www.wochikochi.jp/foreign/2018/04/2017-citizenship-interview.php

●中国映画祭「電影2018」
来日特別インタビュー シン・ユークン監督/ダーポン監督
http://www.wochikochi.jp/special/2018/04/chinese-film-festival-2018.php

▼△▼ 5. さらに! ▼△▼
──────────────────────────────
●「世界のJF仲間」に新しいインタビューを追加しました。
ルシネ・サルグシャンさんインタビュー
http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/jf_nakama/interview/007/index.html
 
●日本語教育通信「日本語・日本語教育を研究する」を更新しました。
http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/index.html
 
●採用情報
http://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/index.html
 
国際交流基金 国内図書館の新着図書リスト
◇ライブラリー(東京本部)2018年4月受入の新着資料一覧
http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/lib/newly/index.html
 
◇日本語国際センター図書館(さいたま市)
http://www.jpf.go.jp/j/urawa/j_library/j_lbrary.html
 
◇関西国際センター図書館(大阪府)
新着資料リスト
http://bit.ly/i0bRkx(短縮URL

 Vol.2 2018/5/8
 =================
公式HP http://www.jpf.go.jp/j
Facebook http://www.facebook.com/TheJapanfoundation
Twitter http://twitter.com/japanfoundation
発信:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
 
お問い合わせ・ご感想:http://www.jpf.go.jp/j/contact/index.html
バックナンバー:http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/mail/back/backml_list.html  

=================(C) The Japan Foundation. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る