アジア人研修生(アジア・ユース・フェローシップ奨学生)との交流会 関西でのJFサポーターズクラブ会員向けイベントのお知らせ

こちらのイベントは終了しました。

 

⇒当日のイベントレポートはこちら

 

関西国際センターの写真

関西国際センター

7月末、東南アジア・南アジア11カ国より18名の大学卒業生が、日本の大学院進学のために来日します。彼らは大学院進学に先立って、日本での研究活動に必要な日本語を習得し、日本の文化、社会への理解を深めるため、国際交流基金の関西国際センター(りんくうポート)で約7カ月の研修を受けます。

JFサポーターズクラブでは、この研修生と会員との交流会を行います。
将来アジア地域の相互協力ネットワークを構築する人材と、語り合ってみませんか。

 

 

 

日時 2006年8月26日(土) 11:00-16:00
場所 関西国際センター

 

◆当日スケジュール

10:40 南海空港線、JR阪和線のりんくうタウン駅シャトルバス乗り場集合
10:45 無料シャトルバス出発
10:50 関西国際センター着 各自名札をつける

11:00 お好み焼きの材料準備 
鉄板の準備(50×50の鉄板が4枚あります)炭を起こす
キャベツを刻む、卵を割る、長芋をするなど、研修生と会員で一緒に行う
12:00 一緒に食事
気分がほぐれたところで自己紹介、出身国や将来の夢について語り合う
(天気がよければテニスコート、バレーボールコートが利用できます)

16:00 イベント終了 参加者はシャトルバスでりんくうタウン駅へ 解散

★お好み焼きの具は、イスラム教徒に配慮して、海老・いか、野菜のみのバージョンも用意しようと思います(豚肉も用意します)。粉、長芋の配合、楽しい材料のアイデアなど、レシピを募集します。
★研修生の日本語は初級レベル。日本語と英語の両方を使ったコミュニケーションが必要です(出身国:インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、バングラデシュ等)。

 

ページトップへ戻る