JFサポーターズクラブ1月のイベント

こちらのイベントは終了しました。



~記録映像作家姫田忠義氏の講演と作品上映~
日本の文化の深層を探る
世界文化遺産 白川郷合掌造り民家の記録 より


国際文化交流をおこなうとき、その第一歩として、自国の文化をよく知ることが大切になります。今回のイベントは、日本文化の根源について考えてみたいという思いから企画いたしました。
講演後には懇親会も予定しております。この機会に、お知り合いも誘ってご参加ください。
(当日入会も歓迎いたします。)

記録映像作家姫田忠義氏(民族文化映像研究所所長)は45年にわたり、119本のフィルム作品、150本を超えるビデオ作品を通して、日本と世界の基層文化を見つめ、伝えてこられました。「伝える」とは「学びあう」ことであり、根本には「他者への敬意」がなくてはならないと説く姫田氏の講演と、作品DVDの上映を行います。

開催日時:
2007年1月16日〈火〉19:00開始
上映:19:00-19:45
講演:20:00-21:00
懇親会(軽食あり):21:00~

会員:入場無料
非会員:400円(当日入会可)

開催場所:
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)本部国際会議場

参加申し込み:
準備の都合上、1月12日(金)までにお申込みください。
件名を「1月のイベント」とし、info@jfsc.jp まで。お名前、会員ID、ご連絡先を明記してください。

参加申込のうえ、チラシをダウンロードしてください。アーク森ビル1階の「ご案内デスク」でこれを提示し、エレベーターで20階までお上がりください。


田島家移築再建の模様(上映予定DVDの映像から)の写真
田島家移築再建の模様(上映予定DVDの映像から)

上映作品紹介:

「合掌造り民家はいかに生まれるか-技術伝承の記録- 世界文化遺産飛騨白川郷 」
(制作:民族文化映像研究所、発行:紀伊国屋書店・ポルケ42分)

白川郷の合掌民家集落は1995年に世界文化遺産に登録されました。このDVDは、1993年から94年にかけての半年間を要して行われた一軒の合掌造り民家、田島家の解体、移築再建の記録です。合掌民家集落は、アジア的草木文化の典型であり、しかも風雪激しい日本の山地自然に見事に適応した柔構造を持つ、ユニークな建築文化です。この点が、世界文化遺産の登録理由ともなっています。このDVDでは、合掌造りをつくりあげる力が基本的には個々の家の人の力であること、そしてそれを助ける地域共同体(ユイ)の力でもあり、そのような力が今でも健在であることを明らかにしています。


姫田忠義氏プロフィール

姫田忠義氏の写真
姫田忠義氏


姫田氏は、映像記録作家として、1950年代民俗学者宮本常一氏との出会いから、日本の姿を映像で記録しつづけ、またアチックフォーラムという上映会・勉強会や日本各地での上映・講演会を通して、人々と共に学ぶ活動を行っています。海外での共同制作や上映会・講演会も行っています。これまでに制作された映画作品は110本以上。2003年から作品のビデオ・DVD化に取り組み、また2005年には岐阜県郡上市美並町に長期取材した「粥川風土記」を発表、キネマ旬報文化映画ベスト・テンの2位に選ばれました。

民族文化映像研究所は2000年文化財保護功労者賞団体受賞、また、姫田氏は2006年第26回伝統文化ポーラ賞優秀賞を受賞しています。


民族文化映像研究所へのリンクはこちらへ


ページトップへ戻る