JFサポーターズクラブ 2007年7月のイベント報告 第1部

 

国際文化交流最前線の舞台裏 パリ日本文化会館編 国際文化交流の最前線、ジャパンファウンデーション海外事務所での仕事とは?

 

桂歌丸氏の写真

© Thomas Brémont

「桂歌丸さんが高座をつとめる寄席では、フランス語の字幕をつけました。ところが初日はパソコンのオーバーヒートで字幕が動かなくなり、舞台裏は大パニック。翌日はそれを克服し、無事に終了することができました。字幕のおかげで、歌丸師匠の話と会場に沸き起こる笑いのタイミングがぴったりあっていました。字幕をつけるため、出演者のアドリブは一切できないことになりましたが、『やりにくくてしょうがねえよ』といいながらも協力を惜しまなかった歌丸師匠らのおかげで、パリ寄席は大成功でした。」

 

MIYAZAWAバンドのコンサート写真

パリ日本文化会館支援協会提供

MIYAZAWAバンドのコンサートでは、ライブハウスのように立見席をつくり、大ホールの法定最大収容人数である450名のお客様を迎えました。寒い日で皆さんコートを着ていらっしゃったのでクロークは大繁盛。場所も人も足りなくなり、スタッフ総動員で手伝いました。このとき、チップをもらうという生まれて初めての体験もしました。」

「地上6階・地下5階の会館は、11階建ての縦に長い建物です。人を探したり、移動するのも時間がかかり、一苦労。携帯電話を手に、エレベータで会場とオフィスを行き来する毎日でした。」

 

Page 1 / 2

 

ページトップへ戻る