JFサポーターズクラブ 2008年3月のイベント案内 アジアの現在(いま)を旅するトーク 〜タイ式カルチャーの魅力〜

こちらのイベントは終了しました。

JFサポーターズクラブ3月のイベント アジアの現在を旅するトーク~タイ式カルチャーの魅力~の画像

バンコク日本文化センター、アートスペースでの展覧会の写真
バンコク日本文化センター、
アートスペースでの展覧会の模様

日時:2008年3月29日 土曜日 14:00~16:00
会場:ジャパンファウンデーション本部 JFICコモンズ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は18カ国に海外拠点を置き、国際文化交流の最前線で事業を行なっています。そのうちの1カ所が、タイにあるバンコク日本文化センターです。

日本から100万人以上の観光客が毎年訪れる国、タイ。一度はまると抜けられないタイ・カルチャーの魅力に、国際文化交流の 現場でどっぷり浸かってきた職員が、現場での仕事の紹介を交えながら、その魅力を語ります。

プレゼンター:プロフィール

吉岡 憲彦(よしおか のりひこ)

大学では国際理解教育を専攻。タイ王国チュラロンコーン大学大学院を経て、 現在は芸術交流部造形美術課に所属。1999年~2004年まで、国際交流基金バンコク日本文化センター所長補佐として芸術文化交流部門を担当した。 共著に、四方田犬彦編『思想読本9 アジア映画』、翻訳にプラープダー・ユン著『地球で最後のふたり』、『座右の日本』など。

森 多恵(もり たえ)

高校時代にAFSプログラムでタイ東北部のLoei県に一年間留学。大学では東南アジア地域文化を専攻。1997年 国際交流基金入社、アジアセンター国内事業課、関西国際センター 研修事業課で勤務。 2001~2005年 バンコク日本文化センターに駐在。2005年より総務部人事課に所属。

ページトップへ戻る