JFサポーターズクラブ 2008年8月のイベント案内 テランガの国−セネガルの文化と社会の魅力

こちらのイベントは終了しました。

 

JFサポーターズクラブ 2008年8月のイベント案内 テランガの国-セネガルの文化と社会の魅力

 

藍染ワークショップの様子の写真

カマラ氏との共催でセネガルで
行なわれた藍染ワークショップの様子

日時: 2008年8月21日(木)18:00~20:00
会場: ジャパンファウンデーション
JFIC(ジェイフィック)ホール[さくら]

 

ジャパンファウンデーションから在セネガル日本大使館に出向し、文化担当官として2年間勤務した高須奈緒美職員と、セネガル人考古学者でゴレ島歴史博物館やブラック・アフリカ基礎研究所博物館館長を歴任したアブドゥライ・カマラ氏に、セネガルの文化の多様性と日本との文化交流について語ってもらいます。

アフリカ最西端、日本から遠く離れたセネガルという国は、民族や宗教などの違いを認め合い、多文化・多言語・多宗教が平和的に共存する文化的環境を形成してきました。 詩人サンゴールを生んだ国セネガルは、「テランガ」(現地の言葉で歓待の意味)の国として、新しいもの、異質なものを柔軟に受け容れる懐の深さを持っています。 パーカッショニストのドゥドゥ・ニジャエ・ローズをはじめとする無形文化財の継承に熱心なセネガル。 知られざるセネガルの魅力を様々な角度から読み解きます。

 

アブドゥライ・カマラ氏の写真

アブドゥライ・カマラ Abdoulaye CAMARA
セネガルにおいて、考古学研究及び研究者育成に従事するとともに、サルーム・デルタ地域の貝塚遺跡保存や海岸地域の持続可能な発展に関する指導、奴隷貿易とその文化遺産としての保存活動等に貢献。また歴史博物館等の館長を歴任し、世界遺産の保存と活用や青少年への博物館教育を含む、さまざまな展覧会やワークショップを開催。海外においては、アレキサンドリア・サンゴール大学において1995年以来客員教授を務め、仏語圏西アフリカの広域的文化遺産保存専門家・博物館コーディネーターの育成を主導。また国際博物館協議会(ICOM)の考古・歴史部門副会長として、各国歴史博物館等における国際展開催に関わっている。このたびジャパンファウンデーションの文化人招へい事業で、ドミニック夫人とともに初の来日。

 

高須奈緒美氏の写真

高須 奈緒美 TAKASU Naomi
1986年から国際交流基金勤務。人物交流部派遣課及び受入課、日本語国際センター研修事業課、文化事業部市民青少年交流課、総務部総務課等で勤務。外国での勤務経験は、ベルギー(1991年~1995年)、フランス(1997年~2001年)、セネガル(2006年~2008年)。2008年7月に帰国し、現在は芸術交流部映像出版課長。

 

ページトップへ戻る