JFサポーターズクラブ 2008年9月のイベント案内 芸術による、元紛争地の子どもたちの心のケア〜インドネシア・アチェ〜

こちらのイベントは終了しました。

 

JFサポーターズクラブ 2008年9月のイベント案内 芸術による、元紛争地の子どもたちの心のケア
~インドネシア・アチェ~

 

『アチェの子どもたちと創る演劇ワークショップ』の写真

昨年4月の『アチェの子どもたちと
創る演劇ワークショップ』の様子

日時: 2008年9月17日(水)18:00~20:00
会場: ジャパンファウンデーション
JFIC(ジェイフィック)ホール[さくら]

 

インドネシアのアチェでは、独立を求める武装派勢力と中央政府の抗争が30年にわたって続き、地域住民は多大な被害を受けました。2004年12月のスマトラ沖地震の被害を契機に、和平への機運が高まり、2005年8月15日に和平合意が成立しましたが、暴力を間近で目撃した子どもや、親や家族を殺された若い世代への精神的なケアが必要な状況でした。

ジャパンファウンデーションでは、芸術や文化の力でこうした子どもたちへのケアを行ないたいと考え、昨年4月に日本から専門家を派遣し、アチェの異なる出身地の子どもたちが寝食をともにして、「アチェの未来について」をテーマに話し合い、それを演劇として創作し表現する『アチェの子どもたちと創る演劇ワークショップ』を実施しました。

そして、今年8月には、昨年のプロジェクトのフォローアップを目的として、ワークショップに参加した子どもたちが、紛争を振り返りながら、地域同士の信頼関係の回復と、ひいては将来の平和維持のために何が必要かを考える『アチェ子ども会議』を行ないました。
この両事業に演劇専門家として参加した花崎攝氏がアチェの現状と芸術による心のケアについて語ります。

 

花崎 攝氏の写真

花崎 攝 (HANASAKI Setsu
早稲田大学第1文学部演劇科卒業後、劇団黒テントに参加。公演活動とともに、特に障害者や女性、子どもなど社会的に弱い立場にある人々とのワークショップ活動を多数主宰。最新の舞台作品(構成・演出・出演)は、「女/鬼 女たちのコラージュ」(コロンビア国際女性演劇祭招へい作品)。日本大学芸術学部、武蔵野美術大学にて教鞭も執る。企業組合演劇デザインギルド専務理事。2007年の「アチェの子ども達と創る演劇ワークショップ」と今回の「アチェ子ども会議」の両方に演劇専門家として参加。

 

 

ページトップへ戻る