JFサポーターズクラブ 2008年10月のイベント案内 2008年度 国際交流基金賞 日本語部門 受賞記念 アンジェラ・ホンドゥル氏講演会 「日本との出会い」

こちらのイベントは終了しました。

 

JFサポーターズクラブ 2008年10月のイベント案内 2008年度 国際交流基金賞 日本語部門 受賞記念
アンジェラ・ホンドゥル氏講演会 「日本との出会い」

 

日時:2008年10月4日(土)14:00~16:30(講演1時間・交流会)
会場: ジャパンファウンデーション
JFIC(ジェイフィック)ホール[さくら]

 

ルーマニアにおける日本語教育の草創期より、長年にわたり日本語普及を行なってきたアンジェラ・ホンドゥル氏に、日本語と日本文化に興味を持ったきっかけ、ほぼ独学で日本語を学んだことなど、ご自身と日本との出会いから今までをお話いただきます。 ホンドゥル氏は、教師、教科書執筆者、研究者として日本語普及を積極的に行なうとともに、ルーマニア語への翻訳を通して日本近・現代文学及び日本文化の紹介に大きく貢献されています。

 

アンジェラ・ホンドゥル氏の写真

アンジェラ・ホンドゥル(Angela HONDRU)
ヒペリオン大学言語学部日本語・日本文学科教授
1944年生まれ、70年代後半から人民大学の日本語講座で講師を務め、1989年の体制転換後もヒペリオン大学への日本語・日本文学科開設、高校や小学校での日本語授業開始に尽力し、数々の日本語学習書を執筆するなど、日本語普及活動を積極的に行なってきた先駆者である。 また、三島由紀夫、夏目漱石、安部公房、太宰治、村上春樹などの作家の日本文学名作のルーマニア語への翻訳を行い、ルーマニアでの日本文学の紹介にも貢献した。(2008年外務大臣表彰) 近年は日本とルーマニアの民間信仰についての研究を進めており、2005年には国際交流基金フェローとして来日、日本の神楽について調査、ルーマニアとの比較研究などを行なった。

 

 

ページトップへ戻る