JFサポーターズクラブ 2009年2月イベント案内 国際文化交流と災害復興〜中国四川省大地震被災地における高校生交流報告を中心に〜

こちらのイベントは終了しました。

 

国際文化交流と災害復興~中国四川省大地震被災地における高校生交流報告を中心に~ 
JFサポーターズクラブ2月のイベント
主催:国際交流基金、人と防災未来センター、協力:兵庫県立舞子高等学校

 

中国・四川大地震被害の様子と四川と神戸の高校生交流事業の写真

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は日本を代表する国際文化交流機関として、災害からの復興について文化交流による貢献を行なっており、2008年10月には中国・四川大地震の被災地へ神戸から専門家を派遣しました。

阪神・淡路大震災を教訓に、日本で唯一の環境防災科が設立された兵庫県立舞子高校の環境防災科長の諏訪清二教諭と同校3年の女子生徒2名は、5月の四川大地震後、神戸市内で行った街頭募金と同校生徒の寄せ書きを持って、2008年10月、中国・四川大地震の被災者を励ますために現地を訪ね、交流を行ないました。

今回は、諏訪清二教諭をお迎えして、災害復興支援としての国際交流・芸術交流の役割について、四川-神戸の高校生交流事業の報告を1つのケース・スタディとして伺います。

 

日時:2009年1月24日(土)14:00~17:00
会場:人と防災未来センター防災未来館5階 プレゼンテーションルーム
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 Access
阪神電鉄「岩屋」駅、「春日野道」駅から徒歩約10分、
JR灘駅南口から南へ徒歩約12分

 

人と防災未来センターには、体感学習ができる2つの施設があり、年間50万人以上の方にご来館いただいています。報告会にお越しの際は、ぜひ展示スペースもご観覧ください。
人と防災未来センターWebサイト

 

諏訪清二(すわ せいじ)氏
兵庫県立舞子高等学校環境防災科科長・教諭。日本で初めての高等学校環境防災科設置(2002年)に尽力。防災教育に関する各種懇談会や委員会の委員を務めると同時に、日本国内はもちろん、ネパール、スリランカ、インドネシアなど、海外においても防災教育の講演や、トラウマカウンセリングのセミナーなどを多数開催。共著に「教職員のための防災教育ハンドブック(学文社)」、「夢みる防災教育(晃洋書房)」など。

 

 

ページトップへ戻る