JFサポーターズクラブ10月のイベント 日本語国際センター授業見学会 報告 1

 

JFサポーターズクラブ10月のイベント 日本語国際センター授業見学会

 

10月30日に、JFサポーターズクラブ10月のイベントとして、埼玉県さいたま市の日本語国際センターにて授業見学会を行ないました。今回は会員限定イベントで、20代から70代までの15名の会員の方々にご参加いただきました。

 

授業見学会の写真1

見学する授業は、海外日本語教師長期研修の会話の授業です。研修参加者は、母国で日本語教師をしています。これまで何度か日本に来たことがあったり、数年滞在したことのある人もいます。また、今回初めて日本に来た人もいます。

集合、受付を済ませた後、最初に日本語国際センターの教師・研修チームの平野より、日本語国際センターについての説明がありました。

それから、本日の授業見学についての説明がありました。本日見学する授業の研修生は、日本語能力が高いほうの生徒ですが、その中でも中級と上級にクラスが分かれています。

中級クラスでは、「健康について」というテーマで、研修生が質問や構成を考えていました。まず、「健康維持のために気をつけていること」等の質問に日本人が答え、次に「健康についての考え」などを自由にディスカッションします。

上級クラスは、「異文化」をテーマに日本人と話す、という授業です。研修生と会員が1対1で、ひとりにつき20分間話し、20分ごとに相手を変えて計5名と話します。研修生は、自分の国とは違う点について、日本人に聞いてみたいことを準備してきているので、それについて意見や体験などを話すという授業になります。

説明の後、会員は2クラスに分かれ、各教室に移動しました。

授業見学会の写真2

中級クラスでは

中級クラスは、研修生2~3名と会員1~2名がグループになって、全部で4つのグループに分かれ、研修生の用意してきた質問を元に、健康について、特に食事についての話をしました。普段、どんなものを食べているか、家での食事と外食の割合、健康のために気をつけていること、スポーツをしているか、などを会員は話し、また、研修生の国ではどうなのかも聞きました。



このクラスに参加した会員の小池さんは、ご自身の体験を話してくださいました。小池さんは48歳のときに体重が85Kgあったそうです。 病院の先生に減量するように言われて、食事の量を減らしたところ、体重は減りましたが動けなくなってしまい、これではいけないと思って運動を始めたそうです。今は毎朝起きると布団の中で1時間体操をし、それからウォーキングをし、10Kgのダンベルを持ち上げる体操を毎日やっています。その成果で、76歳の今も健康で体調もとてもいいそうです。

 

授業見学会の写真3

この話を聞いて、研修生はびっくり。85kgあったという面影はありませんし、何より小池さんはまったく76歳には見えません。「50代か60代にしか見えません!」と口々に言っていました。

あるグループでは、ダイエットの話題で盛り上がりました。日本の若い人は痩せすぎだという意見、ロシア人はヨーグルトを食べてダイエットをするなど、各国の健康法、ダイエット法などが披露されました。研修生は母国では運動していたけれど、今は勉強が忙しくて、なかなか運動できないという人が多いみたいです。

 

 

Page 1 / 2

 

 

ページトップへ戻る