JFサポーターズクラブ 2009年11月のイベント案内 アフリカ、ザンビアでの音楽指導 報告会&ミニライブ

こちらのイベントは終了しました。

 

JFサポーターズクラブ 2009年11月のイベント案内 アフリカ、ザンビアでの音楽指導 報告会&ミニライブ

 

ザンビア共和国音楽指導の写真

フルート奏者の岡部マリー・ロレンツさん、クラリネット奏者の橋爪恵一さん、トロンボーン奏者の村上準一郎さんは、今年7月~8月、ジャパンファウンデーションの派遣により、アフリカのザンビア共和国を訪れ、音楽指導をしてきました。2005年、2006年に続く3度目の渡航でした。

首都ルサカにあるエブリフォン・カレッジにて、日本政府から寄贈された管楽器の演奏法や教授法を教え、今年はリビングストーン空軍音楽隊の指導もしてきました。 また、歌手の庄野真代さんが主宰する「国境なき楽団」の活動の一端を担って、孤児院「カシシ子どもの家」も訪れました。
貴重なザンビアでの体験を、音楽と映像を交えながらお話いただきます。ミニライブもあります。

 

日時 2009年11月28日(土) 14:00~16:30
場所 国際交流基金JFICホール「さくら」 アクセス
東京都新宿区四谷4-4-1
後援 ザンビア共和国大使館

 

岡部マリー・ロレンツ Marie Lorenz OKABE
岡部マリー・ロレンツ氏<プロフィール>
デンマーク、コペンハーゲンの音楽一家に生まれる。アフリカのローデシア(現ジンバブエ共和国)で幼少期を過ごし、デンマーク国立音楽院を卒業。1968年より日本に在住、東京芸術大学でフルートと尺八を学ぶ。1978年より独奏会、室内楽コンサート、オーケストラとのソロ共演、テレビやラジオの収録などで活躍。1992年にはデンマークと日本の文化交流への貢献により、フリスホルム賞を受賞。

橋爪 恵一 Keiichi HASHIZUME
橋爪 恵一氏<プロフィール>
東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。クラリネットを故千葉國夫、村井祐児、海峰正毅、W.テシュナーの各氏に師事。コンサートの他オペラシアターこんにゃく座や黒テント等劇団との共演を含めオーケストラ、録音、室内楽の分野で活躍。1992 年よりカーニバルカンパニーのコンサートを企画・開催。又、ユニークな活動で知られたカメレオンオーケストラの要として、100回を超える独自のコンサートを企画開催してきた。現在、静岡県常葉学園短期大学講師。カーニバルカンパニー主宰。

村上 準一郎 Junichiro MURAKAMI
村上 準一郎氏<プロフィール>
東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。1981年から1996年まで、原信夫とシャープス&フラッツに在団。同楽団退団後、トロンボーン四重奏団「ポザウネシュトラーセ」ブラスアンサンブル「ブラスミンストレルズ」を結成。本格的クラシック音楽を演奏。1997年と2001年に「100人のトロンボーンコンサート」を主催。
現在、ベテランミュージシャンを集めた「ビッグバンド・エクスプレス」での演奏活動の他、東京大学吹奏楽部金管トレーナー、St.Maur International School Yokohama 非常勤講師など教育活動も行なっている。日本トロンボーン協会副会長。

 

 

チラシは以下からダウンロードできます。
JFサポーターズクラブ 2009年11月イベントチラシ【PDF:510KB】

 

 

ページトップへ戻る