JFサポーターズクラブ イベント案内 切り紙と見た景色〜ロシア・キルギス・ウズベキスタン派遣報告会〜 展示&ワークショップ

こちらのイベントは終了しました。

JFサポーターズクラブ 7月のイベント
切り紙と見た景色~ロシア・キルギス・ウズベキスタン派遣報告会~
展示&ワークショップ

ワークショップの写真

折り重ねた紙をハサミで切り広げる切り紙の世界は日本に古くからあり、誰にも親しみのある日本文化です。

切り紙をアート表現として活躍する、切り紙作家矢口加奈子さんは、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の文化紹介派遣で2009年10月、ロシア・キルギス・ウズベキスタンの3カ国4都市を訪れ、切り紙を紹介しました。

切り紙を通じて出会った人々、初めての景色、伝わった日本の心。
矢口さんの体験を報告していただくと同時に、展示とワークショップでみなさまにも鮮やかな切り紙の世界を体験していただきます。

日時 7月24日(土)14:00~16:30
場所 国際交流基金JFICホール「さくら」 アクセス
東京都新宿区四谷4-4-1
入場料 報告会&ワークショップ
会員/無料
非会員/500円

【展示】
2010年7月12日(月)~8月5日(木)
ジャパンファウンデーション本部2F JFICラウンジ
月~金 10:00~19:00
第3土 10:00~17:00
土・日・祝日休館

※第三土曜日(7月17日)はオープン10:00~17:00、7月20日(火)は休館です。
また、7月24日(土)は報告会&ワークショップ前後にも展示をご覧になれます。

矢口加奈子氏の画像

矢口加奈子 Kanako Yaguchi
<プロフィール>
1976年生まれ 女子美術大学デザイン科卒業 切り紙作家
大学在学中に「歓 よろこびのかたち」と題して作品を発表し、「切り紙」をさまざまなかたちに展開する活動を開始。手を通して生み出される作品は、新しい発見とどこか懐かしい表現にあふれ、国内外で注目を集めている。現在は、個展を中心に作品を発表しながら、企業とのコラボレーション、店舗や雑誌のアートワーク、ロゴデザイン、ワークショップ、執筆活動など多方面で活躍、メディアにも多数紹介されている。 また近年、海外での活動を積極的に展開し、さらに表現の場を広げている。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る