はじめてのバングラデシュ 『バングラデシュの民衆作家講演会』準備奮闘記

 

バングラデシュ街中の写真

バングラデシュ街中

多分、生きているうちに、行こうとも行くとも思っていなかったバングラデシュに、昨年の9月に講演会のコーディネーターの方と準備出張に行って来ました。

そもそも、タイより向こうには行ったことがない(職員としてはちょっと恥じ入るべきかもしれませんが)、南の方にはあまり行かない(これも・・・)私としては、『バングラデシュを知るための60章』なぞ図書館からお借りし、JICAの赴任情報やらをパラパラとめくりつつ、「こりゃあ(私的には)大変なところに行こうとしているかも知れん・・・」とビクビクしつつ、バンコクから飛行機に乗ったのでした。

空港に着いてみたら、長蛇の列の割には簡単な審査に拍子抜けし、空港出口の柵に群がる人達にちょっとびびり、でも大変ご親切にしていただいた大使館の方のお陰で、無事、元誰かの豪邸風のホテルに到着。期待?に反し、雨期が終わっていないにも関わらず、雨が全く振らず(ホテルで見た天気予報の衛星画像では、焼けたお餅がぷぅーと膨らんだ形を逆にしたように、ダッカ周辺だけが雲がないという不思議な絵でした)、順調に作家・詩人の方々5名のインタビューを終える(実はインタビューはベンガル語で進んだので、私は何を話しているのかさっぱりわからず、最初の方と最後の方でちょっと質問をしていた位なのですが。)ことができました。

お話を伺った作家や詩人の方々は皆さん親切で、「おもてなしの心」を持った人達なのだな、と強く感じました(決してその都度出される数々のお菓子やお茶がおいしかったから、という訳ではありません・・・)。

 

バングラデシュの女性たちの写真

女性たち

強い日差しの下での男女の鮮やかな色の服装や、逞しい村の若者達の姿等、貧しさ・洪水などという、バングラデシュに対して一般的に持つようなイメージとは相容れないものも多く、多面的に捉えることの大切さ、難しさを改めて知りました。

特にイスラム教国というと中東(それも具体的にどこのことか、と言われると危ういのですが)のモスクのイメージをすぐに思い浮かべるような私としては、ここでもまとまらないイメージの束に囲まれるような、でもちょっとうれしいような感じがしたのを覚えています。

 

村の風景の写真

村の風景

もちろん、バングラデシュでイスラムは大きなイシューであることが前掲のインタビューからもわかりますが、今回お招きしたイムダドゥル・ホク・ミロンさんの講演原稿からも、その苦悩が伺えます。

南アジアのイスラム国の現状を知ることは、いろいろなものの狭間に日々を生きる私たちにとって、訴える力が強くあると思います。

 

 

 

ページトップへ戻る