国際交流最前線 記事一覧 平成19(2007)年度

過去の記事

文化・社会・宗教において多様性を持つ 東アジアに共同体は成立するのか 2007年12月17日に開催された国際シンポジウム「東アジアの異なる文化・社会・宗教間対話」のもようをお伝えします。(2008年1月25日掲載)
私もJFSCメンバーです 麿 赤兒 (まろ あかじ) 氏 日本の舞踏界をリードし、世界を舞台に活躍する麿 赤兒氏にお話をうかがいました。(2007年11月19日掲載)
外交官日本語研修 ~駐日外交官54名 (現役大使も7名) が研修修了者 駐日モンゴル国特命全権大使レンツェンドー・ジグジッドさんと、キューバ大使館参事官エルミニオ・ロペス・ディアスさんにお話をうかがいました。(2007年10月31日掲載)
「アチェの子ども達と創る演劇ワークショップ」~きっかけから実現 そして未来へ~
 (1)ワークショップ企画に至る経緯と実現への強い思い
 (2)ワークショップ実施報告
 (3)将来の展望~「元紛争地の復興」という新しい視点

インドネシアのアチェで実施された、芸術による元紛争地の復興支援事業の報告です。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)秘書室 佐藤万帆(2007年8月掲載)
国際交流基金日本語国際センターの活動 海外日本語教師上級研修の内容と、研修参加中の日本語教師と交流する修学旅行生についてお伝えします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木真理(2007年8月掲載)
TOKKO-特攻- 日系アメリカ人リサ・モリモトが特攻隊の真実に迫るドキュメンタリー映画を紹介。現在渋谷シネ・ラ・セットにて公開中。 (ジャパンファウンデーション制作助成)
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木真理(2007年8月掲載)
日中高校生交流プログラム 日本の高校で学び、日本の家庭にホームステイした中国の高校生。彼らの感想や、彼らが日本の人々に与えた影響をレポートします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木真理(2007年8月掲載)
ホームレス・アート国際フェスティバル (情報センター発)(2007年7月掲載)
ケニアの政治風刺漫画家 日本を訪問 ケニアの政治風刺漫画家「ガドさん」が日本を訪問しました。アフリカにおける政治風刺漫画の状況を語るミニ・レクチャーの模様を報告します。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木真理(2007年7月掲載)
中学高校教員交流事業 第1部第2部 海外の先生たちに日本をよく知ってもらい、日本の生徒や先生方と交流していただくプログラム。今年も第一陣が日本を訪れました。参加者の声をお届けします。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木真理(2007年7月掲載)
喧騒の都市バンコクでの静かな演劇 前半後半 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)バンコク日本文化センター 内田 裕(2007年6月掲載)
ジャパンファウンデーション職員が執筆した本の紹介
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日米センター 事務局長 小川忠(2007年6月掲載)
出生率が映し出す各国のワーク・ファミリー・バランス
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)情報センター 鈴木 真理(2007年6月掲載)
サンバの国にJ-popカラオケが流れる ~カラオケ日本語学習キャラバン2007全国大会に参加して 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)日本語事業部企画調整課 今井真澄(2007年5月掲載)
中国における「文化」の考察と中国人学生とのふれあいの記録 -『現代中国文化考-江沢民から胡錦濤へ』 小熊 旭 著 (情報センター発)(2007年5月掲載)
タイの最新映画事情 Part1Part2Part3 ジャパンファウンデーション海外長期研修員として タイのチェラロンコーン大学大学院に在籍中の吉岡職員より、映画情報が届きました。 2007年新春の話題作を2本ご紹介します。(2007年4月掲載)
料理と漫画で本格的日韓食文化に親しむ -韓日文化交流の現場で 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)ソウル日本文化センター所長 小林直人(2007年4月掲載)

※プロフィールは2007年度現在のものです。

ページトップへ戻る