文化を生かしたまちづくり〜創造都市の可能性〜

視察の写真1

BankART1929を見学する参加者たち

2008年7月29日~8月7日まで、ジャパンファウンデーションは、「文化を生かしたまちづくり~創造都市の可能性~」と題した知的交流事業を実施しました。

アジア14カ国*からまちづくりに携わる若手専門家15名を招へいし、日本人若手専門家4名と共に、10日間寝食を共にしながら東京、横浜、大阪、京都、神戸、金沢における創造都市への取り組みについて視察し、今後アジアにおけるまちづくりのあり方について考察を深めました。

*中国、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジア、インド、オーストラリア、ニュージーランド

本プロジェクトのアドバイザーとして大阪市立大学の佐々木雅幸教授、講師として埼玉大学の後藤和子教授をそれぞれお迎えしました。参加者のバックグラウンドは、都市計画に携わる行政官、建築家、文化遺産保存・修復の専門家、写真家、詩人、NGO関係者、新聞記者、研究者等実に多彩でした。

視察の写真2

京都の町屋を見学しました

今回のテーマである「創造都市」とは、その地域にしかない街並みや、伝統産業、芸術・文化、市民自治のしくみなどを市民自らが育てている暮らしやすい都市のことです。今、世界の多くの都市が、環境破壊や産業空洞化などの都市問題を抱えていますが、これらの問題を解決してよりよい環境に生まれ変わろうとする際の、一つの理想的モデルが創造都市という考え方です。

その後、写真家で京都・町屋倶楽部代表の小針剛さんのご案内で町屋を見学しました。京都・西陣では町屋倶楽部の支えもあり、90年代半ば頃から、アーティスト達が職住一体の機能を求めて町屋に暮らし始め、それまで空き家になっていた町屋が有効利用されるようになりました。小針さんの「まちの活性化のために町屋に住むのではなく、住みたい人が住んで活用することにより、空き家が再生し、まちが活性化される」というお話が印象的でした。京都では、廃校となった小学校をリノベーションして芸術振興の拠点として蘇らせた京都芸術センターも見学しました。

歓送会の写真

歓送会にて

神戸では芸術を媒介に職業、年齢、性別、国境などの境界を越えてあらゆる人々が集まり、対話し、意見交換ができる場として設立され、芸術と社会をつなぐ様々な活動を行なっているNPO「芸術と計画会議(C.A.P.)」が運営する「STUDIO Q2」を訪問しました。STUDIO Q2では代表でアーティストの杉山知子さんからC.A.Pの活動についてのお話を伺い、その後、神戸市企画調整局デザイン都市推進室主幹の今井毅さんから神戸市における創造都市への取り組みについてお話を伺いました。

最後の訪問地、金沢では、兼六園、ひがし茶屋街、大樋美術館、金沢21世紀美術館、金沢市民芸術村、職人大学校、金沢市役所を訪問しました。プログラム全体を通じて参加者が最も関心を持った都市が金沢です。大樋美術館では陶芸家、大樋年雄さんより大樋焼や金沢の歴史、茶道の精神について英語で分かりやすく御説明頂き、参加者全員を美術館内に設えたお茶室にご案内下さいました。大樋美術館での体験は、日本人参加者にとっても日本の文化について改めて知る良い経験となったようです。

ページトップへ戻る