出雲とベツレヘム―音楽のかけはし【2】

ベツレヘム市街の写真
ベツレヘム市街

Q4. 次に現地での活動についてお伺いしたいのですが、実際にテルアビブ、ベツレヘムに到着されたときの皆さんのお気持ちや印象は?またゾグビさんと再会されたときの様子やお気持ちはいかがでしたか?


木村:イスラエル領にあるテルアビブ空港にはパレスチナ自治区ベツレヘムに住むゾグビさんは迎えに来ることができない、とメールで事前に知らされていました。イスラエル軍による特別な許可証がとれないから、と。空港にタクシーをよこしますとは聞いていたものの、真夜中に知らない国に到着してどうやってタクシーを見極めることができるのかが、とても不安でした。入国のゲートを出たところには夜中にも関わらず大勢のひとが迎えに来ていて、その中に「IZUMU」と書いた白いカードを持った男性を見つけたときは本当にほっとしました。そして夜中にベツレヘムに移動するわけですが、Jerusalem(エルサレム)の看板を見たときには本当に感動しました。聖書の地名が、普通に標識に書いてあるのですから。

一夜明け、朝、ホテルのロビーで一同集合し、朝食をとる時にもっとも感じたのはその静けさでした。ヨーロッパでも同様のようですが、BGMやアナウンスなど、音のない世界が私たちの耳にとって新鮮でした。日本は音が多すぎると思います。その朝食中にゾグビさんがやってきて、1年半ぶりの再会を実現しました。ゾグビさんとは駆け寄り、ハグをし、お互いが目の前にいることを感じる時間でした。


ゾグビ氏と再会した時の写真
ゾグビさんと再会!(聖誕教会前にて)

Q5. 現地ではどのような活動をなさいましたか?また、ベツレヘム音楽アカデミーでの子どもたちとの交流では、どのようなこと感じられましたか?


木村: 正式なマスタークラスとしては、ヴァイオリンとピアノを子どもたちに教えました。また、現地では指揮の重要性があまり認識されていないということもあるようで、アカデミーの先生が進んで指揮のレッスンをしてほしいと希望されたので、それも行ないました。加えて、ピースセンターと聖誕教会において2回コンサートを行ないましたが、両方とも成功のうちに終了することができました。

また、これは音楽とは少し離れるのですが、「日本文化紹介の夕べ」というイベントも行ないました。出雲の紹介、出雲に住んでいる人々の生活についての紹介、ベツレヘム音楽アカデミーの子どもたちとの「さくら」の演奏などを、私たちは浴衣を着て行ないました。また終了後のパーティでは巻き寿司、天ぷら、お吸い物、白玉団子などの料理も提供しました。

アカデミーでのレッスンの写真
アカデミーでのレッスンの様子

いずれの場面でも、パレスチナのみなさんは知的好奇心を持ち、好意的に聴いてくださったように思いました。私たちの文化に興味を持ってもらえるのはうれしいことでしたし、また私たち自身が日本の文化について知る、あるいは客観的に見るいい機会でもありました。

印象深かったのは、今回会ったパレスチナのみなさんの、他国の文化に対して閉じない姿勢でした。パレスチナのおかれている立場がそうさせるのか、あるいは知識階級に属するような人が多かったからか理由はいろいろあるのでしょうが、私たちもそうありたい、と思う点でした。

また子どもたちとの交流については、世界のどこでも子どもは同じだなぁと思いました。レッスンや会ったときの反応については、日本のようにお行儀よくぴしっと!という雰囲気はなかったのですが、それはお国柄や文化の違いなのかなぁとも思います。決して敬意がないのではないと思います。


BAMの子どもたちとの写真
BAMの子どもたちと

Q6.コンサートでのベツレヘムの聴衆の方々は、日本からの音楽家の訪問をどのように受けとめたと感じますか?また「かけはし」の皆さんはどのようなことをお感じになりましたか?


木村:とてもあたたかく迎えてくださいました。クラシックももちろん演奏しましたし、日本の曲(ふるさと、赤とんぼ)や、ピースセンターホールではパレスチナでよく知られている曲も演奏しました。パレスチナの曲については、PDFで事前に楽譜をいただいていたものの、現地で現地の方に歌ってもらってニュアンスをあわせたりしたのもよかったのでしょう。日本からの演奏者が自分たちの音楽を理解してくれていると感じてくださったようです。

最後の曲が終わるとみなさん席から立って賞賛してくださり、とても感激しました。また、ベツレヘム市長がステージでひとりひとりに対し、写真と名前入りの楯を渡してくださりとても驚きました。ピースセンターでも、聖誕教会でも、終演後はたくさん声をかけていただきました。日本に行ったことがあるという方も数人おられて驚きました。


ピースセンターでのコンサート写真 聖誕教会でのコンサート写真
ピースセンターでのコンサート。
スタンディングオベーション!
聖誕教会でのコンサート



ページトップへ戻る