持続可能な社会のためのNGO/NPOグループ招へい事業 【2】

 

やんばるの森をエコツアー。雨の中、地元の方の説明に熱心に耳をかたむける。の画像

やんばるの森をエコツアー。雨の中、地元の方の説明に熱心に耳をかたむける。

参加者は、東京に集合し、専門家のレクチャーを受け、東京海洋大学江戸前ESD事業、パナソニックセンター、東京都海の森プロジェクトなどを視察しました。その後、沖縄を訪れ、NPO法人国頭ツーリズム協会の訪問や同NPOが実施するネイチャーツアー体験、沖縄平和祈念資料館などの見学を終えて、東京に戻り、総括のワークショップを行いました。

視察先では、是非自国に持ち帰って実践してみたいと思うような先進的な取組みを目の当たりにしました。特に、東京都が推進する「海の森」事業はごみの埋立地に植林して森に変えようとするもので、是非帰国後に関係者とこの取組みを共有したいという声が相次ぎました。また、沖縄では、地元NPOの人たちが地域の自然を紹介するエコツアーに参加。身近な自然を題材にした環境教育や地域活性化の取り組みは、工夫すれば自国でも実施できそうだと、帰国後の活動に向け新たな社会ヒントを得たようでした。沖縄平和祈念資料館では、だれもが心を動かされ、持続可能な社会をつくるためには、まず平和でないといけないということを改めて認識し、平和への思いを新たにしました。

 

海の森の植林してある現場を視察。 国頭環境教育センターで説明を受ける。
海の森の植林してある現場を視察。
多くの参加者が国に戻って実践したいと話した。

国頭環境教育センターで説明を受ける。

 

Page 1 / 2 / 3

 

 

 

ページトップへ戻る